オフショアマガジン
2015.11.1号

こなや丸・千葉県長浦
東京湾・観音崎沖ルアータチウオ!豪華“ゲスト”登場!

04_main.jpg
今シーズン、東京湾のタチウオが好調だ。初夏の大貫沖の浅場から始まって現在は“セカンドステージ”ともいえる神奈川県・観音崎沖に群れが集結している。そんなタチウオを狙い撃つべく10月19日、千葉県・長浦港『こなや丸』に乗船、ルアーでチャレンジしてきた。

東京湾のルアー船といえばここ!

国道16号線沿いの大きな『こなや丸』の看板が目印
『こなや丸』は、シーバス&タチウオをメインに時には“青物”、冬~春先にはソフトルアーでメバル、カサゴといったロックフィッシュまで、東京湾内でルアーで釣れる魚をほぼ網羅したいわばオフショアルアーのパイオニア的存在の船宿である。

『こなや丸』待合所
現在はライトアジとルアータチウオの二枚看板
釣具店も併設しています

ずらりと並んだ船宿オリカラーのジグ
勿論、『こなや丸』オリジナルジグもあります
『こなや丸』のレギュレーション。要確認!

アクアラインを潜り、いざ観音崎沖へ!

待合所から車で数分、船着場のある長浦港に到着すると、既に数人のルアーマンが準備万端、臨戦態勢で出船を待ちわびている。先発隊のLT(ライトタックル)アジ船を午前5時半に見送り、朝焼けの午前6時、いよいよルアータチウオ船の河岸払い。私を含め総勢8人を乗せた船は、長浦の工業地帯を抜けアクアラインを潜り、航程約1時間の観音崎沖へと向かった。

今回乗船した「第十七こなや丸」
お世話になります!親方こと新藤通孝船長
タチウオジギングはベイトタックルが基本

後半の“青物”狙いにスピニングタックルもあると万全
仕掛図

観音崎沖名物、タチウオ船団!

観音崎沖に到着すると先ずは遠目に見えるタチウオ船団から少し離れた場所でそれらしい反応を見つけてスタートした。
新藤通孝船長から、「水深68m!まずはジグ120gで始めて下さい」とアナウンス。投入されたジグの動きと潮流を見るや、すぐさま「右舷の方は150gに替えて下さい」と指示が飛んだ。道糸PE1号統一やジグのウェイト指定といったように、釣り人同士のオマツリ等のトラブルを、状況を見ながら事前に回避しようとする対策を取ってくれるのは非常に有り難い。

産卵を控えた良型タチウオが浮上!

魚探反応は海底付近に出ている。一斉にジグを落とし、着底後に巻き上げると、その反応も上がって来るものの中々タチウオは深追いしない状況だ。そんな中、まずは船中1匹目が上がった。その後もポツポツながら産卵を控えた良型のタチウオが船上に舞い上がった。

船中1匹目!卵を抱えた良型です
がっちり口にフッキング!
こちらも良い型ですね!

ジグはバリエーション豊かに各種用意
“当たりカラー”のジグを見つけるのもこの釣りの面白さ
船長おススメ!オリジナルアシストフック

船団に合流!餌釣りに勝てるか…!?

暫くして大船団に合流した。船団は主に餌釣り船だが、中に4、5隻ルアー専門船も見える。このところ餌釣りに有利な状況が続いていたが果たして…!?
ここで船長にルアータチウオについて聞いてみた。「ウチではオマツリ回避として皆さんにPE1号統一でやってもらっています。本当はそれより細くても良いんですけど、1号なら“青物”が掛かった時でも何とか対処できますしね(この言葉が後半納得できます)。ジグのカラーはピンク、赤金、パープルを基本にお好みでOKです。ジグのアクションはワンピッチショートジャーク(1シャクリにリール1回転)を基本に、ただ巻きも有効です。その場合はリーリングの速度を変化させて、その日の“アタリ”を探してください。また、ロングジャーク(大きなシャクリ)は、ラインに遊びが出来て、タチウオに切られるリスクが増えるのでお勧めしません」との事。
それにしても船長の的確なアナウンスには感心させられた。「水深83m。根掛かりのあるポイントなので着底させないで65~75mの範囲でやってください」。「今当たっている人は速いストロークです。当たってない人は速めに巻き上げてみて」等々。船中の釣り人を観察しながらアドバイスしてくれる。これならビギナーも安心してチャレンジ出来る。

観音崎沖に大船団集結中
“探見丸”には、幽霊も映ります?(笑)
この歯ですから…ラインも切れます

タチウオ釣りの必需品「フィッシュグリップ」
珍客・クロアナゴの仔?も釣れました

この状況なら餌釣りにも負けてないでしょう!?

ここでも魚探反応は相変わらず底中心。密集した船団では、餌釣り船がコンスタントにタチウオを釣っているのが見て取れる。いやいや、こちらも負けていませんよ。最初のポイントよりも一回りサイズは小型が目立つものの活性が上がって来たのか、餌釣り船に負けず劣らず釣れ始めた。普段は餌釣り専門で、ルアータチウオは、この日が初挑戦と言う四街道市の長田譲次さんも始めはルアーアクションに戸惑っていたが、船長のアドバイスを聞き、何匹も釣り上げ、この釣りにすっかり嵌ってしまった様子。片や普段は外房のヒラマサや相模湾のキハダ、小笠原まで遠征するというジギングのエキスパート、船橋市の孟健偉さんも、この日の釣果にご満悦。ルアータチウオはビギナーからベテランまで満足させられる、シンプルでそれでいて奥が深い魅力がたっぷり詰まった釣りなのだ。

四街道市の長田譲次さん、この釣りにすっかり魅了された様子
お上手でした、船橋市の孟健偉さん。良型ゲット!
今晩の食卓が楽しみですね!

このサイズがアベレージでした
お見事!29匹で竿頭の印西市・都築喜美さん

後半、釣果急上昇!

船団もまばらになる中、昼過ぎ頃から潮もたるみ始めて、ルアーには好条件となった。魚探の反応も底から10mまで上ずって来た。じゃれつく様な感じなのかタチウオ特有の“スレ掛かり”頻発ながら船中あちこちで竿が曲がった。餌取りの上手なタチウオとの心理戦も楽しいが、リールを巻く手を止められるアドレナリン出まくりのガツン!!という衝撃はルアータチウオならでは。
結局、この日は9~29匹。餌釣りにも劣らない釣果だった。

サプライズ“ゲスト”、良型サワラ登場!!

最後の小1時間は、観音崎沖にほど近い“青物”のポイントを狙った。『こなや丸』では、潮具合にもよるが後半ワラサ、サワラといった嬉しい“ゲスト”の“青物”を狙わせてくれる。「水深は50m!底付近にベイトの反応が出ています。35mまでやって!」と船長。
スピニングタックルで狙っても良し、そのままタチウオタックルを流用してもいい。スタイルは各々で楽しめる。そんな中、“青物”タックルを持ち込んでいた都築さんにアタリ!落ち着いたやり取りで、すんなり上がってきたので「それ程でもないかな?」と思っていたが、船長の構えるネットに収まったのは3.3kgの良型サワラ。タチウオで竿頭、おまけに良型サワラまで。羨ましい…。しかし、ドラマはこれだけで終わらない。タチウオタックルで狙っていた美浦村の桜井忠男さんに一際大きなアタリ。無理せず慎重なやり取りの末、上がってきたのは5.2kgの大型のサワラ!なるほど、PE1号の理由がこれで分かりました。
船長曰く「ここのポイントは、“青物”の回遊ルートで条件にも左右されますが、冬場は鳥山が立ったりします。絶対数の多い魚では無いですが狙ってみる価値はありますよ」。この日は大当たり。それにしてもこれほど良型のサワラがここで釣れるとは…いやはや東京湾のポテンシャル恐るべし!

タチウオ竿頭にサワラまで…もう充分ですね(笑)
一発逆転!5.2kgの良型サワラ
クーラーは大型を用意しましょう

サワラの必需品「ボガグリップ」
こちらも鋭い歯です

まだまだ年内一杯有望!

納竿後、船長に気になる今後の展望を聞いてみた。「例年だとタチウオは、これから深場の下浦沖にポイントが移ってウチではシーバス狙いに変更していくけど、現状の餌釣り船の釣れっぷりからすると、観音崎沖でおそらく年内一杯は楽しめるんじゃないでしょうか。徐々にルアーへの反応も良くなってきたので今後も有望ですよ!」。何にせよタチウオ、シーバス、“青物”からメバルまで、東京湾のルアーフィッシングは釣り物豊富でこれからがまさに本番!『こなや丸』のルアー船から今後も目が離せそうにない。

             

(釣りビジョンAPC 牛島 誠)

今回利用した釣り船
千葉県 長浦「こなや丸」
TEL:0438-62-2707(定休日 毎週火曜日)
千葉県袖ケ浦市長浦1-11-111
詳細情報(釣りビジョン)
こなや丸ホームページ
出船データ
出船時間:ルアータチウオ船 6時出船 沖上がりは状況により変動
     完全予約乗り合い(要電話予約)
基本料金=ルアータチウオ 大人9,500円(氷付き)、女性7,500円・中学生以下4,700円
※料金は3人以上。3人以下の場合1人1万円、レンタルタックル有り
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー