釣りビジョン
ON AIR
2016.2.1号

小倉丸・千葉県千田港
千葉県・南房総のイサキ釣り。厳冬でも絶好調!

“大寒”も過ぎ、最も寒い季節になり、関東地方でも雪の降る時期になったが、千葉県・南房総は暖かい。釣り物が少ないこの時期、千葉県・千倉でイサキが釣れているとの情報。「春まで待てない!」と、1月22日、千田港『小倉丸』の乗合船で“寒イサキ”釣りに挑戦した。

集合時間は午前6時

集合時間の午前6時を目指し、東京湾アクアラインを走ると北風7mの表示。千田港は北風に強く期待が持てる。館山自動車道の終点、富浦ICを降りて約19kmで千田港に到着。『小倉丸』待合所で小倉眞船長、同乗の小高英夫さん(館山市)、高木三喜男さん(千倉町)に挨拶、釣り談義が始まる。この時の話の中に参考になる事が数多く含まれていた。

『小倉丸』看板
係留中。船長が来るまで乗船できません
座席は有り難い

寒さを忘れるスタートダッシュ!

付け餌オキアミとイカタン
釣り人3人で準備が出来次第出船となった。6時30分には夜が明け、快晴、ベタナギの絶好のコンディション。15分程走って指示ダナ20~22mでスタートした。付け餌、コマセ共にオキアミを使用。釣り場が近いので解凍が間に合わないと苦笑いするが、常連の方は流石に即投入、そして即アタリ、第1投目からイサキが釣れた。それも型が良く20cm超級が次々と釣れてくる。この地区はイサキの魚影が濃い事は知っていたが、冬場でも好調な出足に驚いた。

オキアミコマセと60号ビシ
船宿常備仕掛け
仕掛け図

待合所談義「その1」

仕掛けは3本バリでビシは60号を使用。詳しくは仕掛図を参照して頂きたいが、ハリの大きさに悩む。チヌバリ3号やタイバリ7号位のサイズは食い込みは良いが、飲み込まれるとハリスに傷がつく。細ハリス2号を使うので仕掛けの交換が頻繁で、“外道”のウマヅラ等に切られることも多い。3本バリが全部無くなっていることもあった。ハリを大きくするとハリ穴が大きくなるのか、巻き上げ途中や抜き上げる時に外れる事もある。アジバリが良いのかと考えたが、マダイやマハタの高級“ゲスト”が良く掛かると聞いたので、細身のハリは不安だ。予備仕掛けを沢山用意するか、ハリス交換の出来る仕掛けを自作して、それでも仕掛けが無くなったら船宿常備仕掛けを購入する事だ。当日スタート時は細ハリスの3本バリ仕掛けを使い、納得できる釣果が確保されたら太目ハリス3号の2本バリ仕掛けを使用したが、それでも仕掛けを4セット使い、船上で5回ハリス巻き替えを行なった。ここで船長からのアドバイス。「潮の流れが速い時はハリスの長さを20cm位にして餌が踊るようにした方が良い。流れが緩い時は短めにしないと幹糸に絡む」との事。とにかく仕掛けの予備は十分に準備する事が必要だ。

   

まずは一荷釣り(ダブル)でスタート
このサイズが平均とは
途中経過

待合所談義「その2」

ビシを投入して、指示ダナの下からコマセを振ってタナに合わせる釣り方が一般的だが、ここでは何m下からコマセを出すかがポイントだ。結論から先に言うと2m下から出す。ハリス長6mなので指示ダナより5m位下からコマセを振りたくなるが、ここでそれをすると直ぐに“餌取り”が集り、釣りにならない。ビシを短くシャープに振りコマセを集中させ、常に竿を動かし、短く誘いを掛け、餌を動かし続ける事が大事だ。ウマヅラハギ等が掛かったらポイント移動となる。枝バリを固定するマグネット板があると便利だ。

これは便利
移動中、一休み
[動画]春まで待てない!寒イサキ釣り

根付きの大型も釣れ出した!

私には順調に釣れているように思われたが、船長は「海水温15℃で潮が流れでない」と小移動を繰り返した。移動の間は付け餌の準備に忙しい。移動して再投入、イサキが釣れ、ウマヅラハギが釣れ、移動。このパターンで午前8時になり海水温が16℃に上昇、9時過ぎからは35~40cmの良型の連発や一荷釣り(2点掛け)も出て、アッと言う間に終了時刻となった。トップは小高さんの50匹(この地区の規定匹数)、高木さん40匹位、スソ(最低)は私の31匹。“外道”は小型マダイ、マハタ、ウマヅラハギ多数。冬場の釣り物が限定される中、“寒イサキ”の魅力に魅了された1日だった。

高木さん、大型
一荷釣り
小高さん、大型

こちらも一荷
私も参加
マハタも掛ります

船長に聞く!

「今日は潮が流れず不調だった。海水温が上昇したり、ナギが続いて海況が安定したら根周りの大型の数釣りが期待出来ます」と小倉眞船長。『小倉丸』は予約乗合制で、釣り座も予約順となる。希望する釣り座があれば予約時に確認してほしい。不調と言われても竿頭は“リミット”50匹。「春まで待てない!寒イサキ」、刺し身はご機嫌な味でした。

シャープな魚体
30匹でこの位です
本日指南役 小倉眞船長

(釣りビジョンAPC・野口 壮一)

今回利用した釣り船
千葉県千田港『小倉丸』
〒295-0025
千葉県南房市千倉町千田991-3
TEL:0470-43-8355
詳細情報(釣りビジョン)
小倉丸ホームページ
出船データ
乗合料金
午前船:1万1,000円 午後船:1万円(付け餌・コマセ・氷付き)
出船時間
午前船:6時集合 6時30分頃出船 沖上り:11時30分
午後船:13時 沖上がり:17時頃
定休日:第2・4水曜日
貸道具:無料
ページトップ