釣りビジョン
ON AIR
2016.3.15号

幸丸・千葉県飯岡港
千葉県・飯岡沖の“一つテンヤ・マダイ”、手軽に勝負!

今年も千葉県・外房地区の“一つテンヤ・マダイ”が好調だ。その中でも飯岡沖は潮の流れも緩く、海底もフラットなので、ビギナーにも優しい釣り場だ。5日、千葉県・飯岡港『幸丸』の午前船に乗った。

乗船までの流れ

集合時間午前4時30分を目指し飯岡に向かう。『幸丸』待合所で受け付け、釣り座決め、自販機で乗船チケットを購入。飯岡港の船着場に向かう。初めての人は、港までのルート、船着場、駐車場を受け付け時に聞くとよい。HPでも事前に確認出来る。駐車スペースが判らない時は現地にいる『幸丸』スタッフに聞く事。漁業者用の場所もあるので注意しよう。当日は満席に近い状態で、HPに事前連絡すると書いてあったことを思い出す。定刻の午前5時に出船した。

待合所
受付
乗船チケット購入

船長のアナウンスで底ダナからスタート!

付け餌
「航行時はキャビン内か後方に移動して下さい」。「第38幸丸」の向後恵一(こうご・けいいち)船長のアナウンスを聞いて船尾に移動。船上で日の出を眺めながら、航程40分程で釣り場に到着した。海上はベタナギで気分爽快。水深33mからスタートした。「底を狙うように」と船長から指示が出る。リフト(誘い上げ)&フォール(落とし込み)を繰り返す人、底で細かくテンヤを踊らせる人の2タイプがいる。テンヤは5、8、10号のタイプで8号を使用している人が多い。各自のロッド、ラインなどによるが「軽めの方が良い」と船長からのアドバイス。竿先に出る小さな変化や違和感もアタリと判断し、即合わせが大事だ。

テンヤと餌
使用テンヤ
仕掛け図

お花見開始!?ハナダイ・ラッシュ!

ラッシュ①
午前6時過ぎにシーアンカー投入、流しが始まり船中でアタリが連発し始めた。ハナダイの登場だ。サイズは30cm前後から35cmを超える良型も多い。ダブルヒットもあり、あちらこちらでスピニングリールを巻く音が聞こえ出した。チャンス到来!各自のバケツが桜色に染まって行く。型が良く、“本命”のマダイもボツボツ顔を出し始めた。私も堪らず竿を出した。
船で購入した船長推薦のタングステン5号テンヤでスタート。着底は判るが、最初はバラシばかり。周りが好調なだけに焦る。フォールの時の小さなアタリでの合わせが出来ず、タイミングが合うようになった1時間後位から釣りになった。アタリが遠くなったり、餌取りが多くなると、船長はポイントを移動。その都度「底狙い」とか「下から10mまで」の指示が出て、連発・休憩を繰り返し、定刻11時終了となった。移動の最中に付け餌を準備しておくと、手返しが早い事に気が付いたのは終了直前だった。

“本命”はマダイ。“ゲスト”はカウントせず!

[動画]手軽に勝負!ひとつテンヤ釣り
マダイの竿頭は5匹。“ゲスト”のハナダイは、10~20匹は釣れただろうか。テンヤビギナーの私はハナダイ8匹だったが、お土産には十分な釣果。その他の“ゲスト”はホウボウ、カサゴ、ショウサイフグ等。合わせが決まった時の感触、多彩な“ゲスト”が魅力で再度挑戦したくなる一日だった。

「潮が動けばマダイだけの日もある」と船長

「今日は潮が流れずハナダイがメインになってしまいました。潮が流れ出せばマダイばかりの事もありますよ。貸し道具やテンヤもありますから、手軽に“一つテンヤ”を楽しみに来てください」と船長。魚種も豊富でビギナーからベテランまで楽しめる飯岡の“一つテンヤ・マダイ”。潮が流れ出すのは明日かも知れない。

本日指南 向後恵一船長
「第38号幸丸」

(釣りビジョンAPC・野口 壮一)

今回利用した釣り船
千葉県飯岡港『幸丸』
〒289-2705 千葉県旭市飯岡3374
TEL:0479-57-2258
詳細情報(釣りビジョン)
幸丸ホームページ
出船データ
午前船:4時半までに受け付け、5時出船、11時半沖上がり
11,500円 氷・餌付き(餌は使い放題)
午後船:12時までに受け付け、12時半出船、日没沖上がり
1万円 氷・餌付き(餌は使い放題)
ページトップ