オフショアマガジン
2016.4.15号

こなや丸・千葉県長浦
春本番!大型続出!“東京湾ジギング・シーバス”

03_main.jpg
東京ではサクラが満開となり、まさに春本番!この時期の東京湾の釣り物と言えば「シーバス!」と答える人も多いだろう。そのシーバスが、3月からずっと好釣果が続いている。ここに来て70cmオーバーの大型も交じり出し、まさにシーズン本番突入!千葉県・長浦港『こなや丸』に2日(土)に出掛けた。

受け付け場所は『こなや釣具店』

集合時間は午前5時、受け付け場所は長浦港ではなく国道16号線沿いにある『こなや釣具店』。入口の横にある乗船プレート(乗船もこのプレート番号順となる)を取り、店舗内で受け付けを行なう。
4時45分、『こなや釣具店』に到着した時には、既に10台程度駐車できる駐車場は満車状態。丁度受け付けを済ませ、港に移動する車があったのでそこに停車。プレート番号は既に11番、皆さん釣る気満々である。『こなや釣具店』から長浦港までは車で4、5分、受け付けを済ませ、いざ長浦港へ。
5時40分、小沢一滋船長の指示で乗船開始。この日は右舷7人、左舷8人の総勢15人。左舷ミヨシ(船首)に陣取り、明るくなった5時50分、「第十五こなや丸」で出船した。

『こなや釣具店』
乗船プレート
釣具店内の受付

港までの行き方
船上では船長が出船準備中
「第十五こなや丸」

強風吹き付ける厳しい状況

走ること40分、最初のポイントのアクアライン下部へ到着。天候は予報通り曇りで風が強く、4月とは思えないほど寒い。朝、アクアラインを通ったが、その時表示されていた風速が12m。釣りには厳しい状況である。
6時30分、「水深20m、反応が上ま出ているから、10m位巻いて!」と言う船長のアナウンスでスタート。しかし、全員船長の指示通り上まで速巻き、フォールを繰り返すがバイトすらない。僅か5分、船長の素早い判断で次のポイントへ移動した。
6時50分、沖に停泊している大型船の周辺に移動。これがこの日の好釣果への足掛かりとなった。船長から「下のほうには居ませんので上まで巻くように!」とアナウンス。1投目で大型船側に位置した左舷2人に同時ヒット。船中第1号は左舷胴の間(中央)の堀川俊彦さん(東京都武蔵野市)、最初から60cmオーバーがヒット!間髪入れず室囲清人さん(千葉県八千代市)も続いた。その後、両舷で交互に大型船側に入りポツポツ釣れたが、思ったように釣果が伸びず、小移動となった。

船中1号!堀川さん
同時ヒット!室囲さん

ここからが本番!良型連発、連続ヒット!!

7時45分、別の大型船の脇に入り、ここから“爆釣”タイムに突入した。特に大型船側に入った右舷はもうお祭り騒ぎ。大型も多く、引き抜きも出来ずみんなで協力してタモ取りしていく。船長から「いい反応出てるから、魚は外したら足元においてドンドン入れて!」。その言葉通り、この日が初シーバスと言う右舷胴の間の高橋秀樹さん(東京都葛飾区)も連続でキャッチ、一緒に来た大和田義行さん(東京都葛飾区)も良型を釣り上げた。
更に右舷ミヨシの市原義信さん(千葉県長生郡)、同じく西周雅二さん(千葉県茂原市)も続いた。特に西周さんはベイト、スピニングリールを使い分け、広範囲に誘って釣果を伸ばしていた。右舷大ドモ(船尾)では、最終的に25匹を釣って、この日竿頭になった金子貴徳さん(千葉県山武市)が連続ヒット、その隣で佐藤直(千葉県柏市)さんが船中最大の79cmを釣り上げた。更に隣の鈴木守(千葉県船橋市)さんも良型を上げた。サクラ祭りならぬ“シーバス祭り”状態である。バイトの出方は巻き上げよりフォールが多く、潮がやや濁ってあまり流れていないため、ルアーは派手目な暖色系(特にピンク)で重さ80gが良く釣れていた。

初シーバス 高橋さん
良型ゲット 大和田さん
こちらも良型 市原さん

竿頭の金子さん
この日最大の79cmを釣った佐藤さん
これも良型 鈴木さん

まだまだ続く好反応

魚群探知機を覗くと魚の群れが写っていた。「このベイトをめがけて大型船の下からシーバスが出てくる」と船長。これは引き続き釣れそうだ。右舷だけではなく左舷も釣果を伸ばす。
釣り同好会で来ていた左舷トモの女性陣、島塚美由起さん(埼玉県さいたま市)、伊丹由里子さん(埼玉県さいたま市)も50cmオーバーのシーバスを釣り上げる。
お祭り騒ぎも一息ついた10時に私も竿を出した。フォールでのアタリが多いという情報を得ていたので、水深10m付近からフォールスピードを遅くして誘うと、直ぐにフォールでバイトがありヒット! 上がってきたのは65cmオーバーのシーバス。 まさに春本番! 東京湾・シーバスシーズン突入である。

魚探にはベイトの群れ
島塚さん
伊丹さん

これもまた良型
仕掛け図
多彩なメタルジグ

最後まで絶好調

両舷を入れ替えながら、沖上がりの11時まで“爆釣”は続き、終日強風の中、船中多くの人が15匹以上を釣り上げ、20匹以上も4人が達成。型も79cmを頭に70cmオーバーも数匹上がる好釣果だった。
船長に釣果を伸ばすポイントを聞いた。「ラインは潮切れのよい1号、リーダーは型がいいので最低でも5号は欲しい。ルアーは最近潮が濁り傾向の為、暖色系(ピンク)が良く、重さは80gを中心でセンターバランスタイプ、フォールでのバイトが多いので、ロッドはあまり硬過ぎないのがお勧め」との事。受け付けが釣具店なので、アタっているルアーを聞いて購入することも可能だ。
『こなや丸』では、シーバス船は毎年シロギスの始まる5月のゴールデンウィーク前まで出船している。予約制の為、釣行日が決まったら事前に必ず予約を入れることをお忘れなく。数・型とも“満開”なこの時期に、大型シーバスを狙ってみては如何だろう。

強風の中ずっと操舵を続ける小沢船長
吐き出されたベイトのイワシ
金子さんの足元にはクーラーに入り切らないシーバスが…

(釣りビジョンAPC・森住 貴義)

今回利用した釣り船
千葉県長浦『こなや丸』
〒299-0265
千葉県袖ケ浦市長浦1-1-111
TEL:0438-62-2707
詳細情報(釣りビジョン)
こなや丸ホームページ
出船データ
ルアーシーバス乗り合い(午前船)
料金:7,200円(男性)、5,200円(女性)、子供3,600円(氷付き)
集合:5時00分
出船:6時00分、沖上がり:11時00分
定休日:毎週火曜日
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー