釣りビジョン
ON AIR
2016.7.15号

梅花丸・千葉県飯岡港
今年は浅場で型も良い!飯岡沖“夏ビラメ”開幕!!

冬のヒラメ釣りのイメージと言えば「寒い・海が悪い・食い込まない」……この理由で足が遠のく釣り人は少なくない。しかしこれが“夏”となればハナシは別だ。浅場で80cmオーバーの5.5kg、竿頭が9匹などの釣果報告を聞き付け、居ても立ってもいられず、千葉県・外房飯岡港の『梅花丸』へ出かけた。

梅雨の晴れ間の釣り日和

『梅花丸』の受付は、飯岡港の1kmほど手前にある船宿で行なう。漁港に向かうと乗船場で船長が待っていて、車を停めてクーラーに氷を詰め込んで乗船する。夜明け前に行なわれるこの段取りがとてもスムーズなのが印象的だ。定刻の午前4時30分。晴天微風の太平洋に出ると、ものの10分で釣り場に到着。飯岡沖・エビ根の水深わずか8mのポイントから、この日の釣りはスタートした。

県道30号線沿いにある船宿
着いたら磁石を取って釣座確保
明るい船宿で名簿の記入と支払い

駐車スペースは船着場の目の前
親切丁寧な対応で乗船がスムーズ
前日と打って変わって穏やかな海

出たっ75cm!!

竿先が海面に映るほど穏やかで、サイドスラスターが立てる泡の弾ける音まで聞こえるほど海は静かだが、ヒラメからの反応はない。船長も流れない潮にエンジン流しで応戦しながら「マズい、アタリがない」と苦笑いで探索するものの、竿先に出るのは餌のイワシのご機嫌なスキップのみ。
そんな膠着状態を破ったのは釣り開始から1時間後。左舷胴の間(中央)で釣っていた柳原修司さん(市原市)。前アタリから一気に引き込む明確なアタリを合わせてファイトすること10数秒、バットまで竿を引き絞って浮上したのは75cmアップ。親バリまでがっちり食った良型に、船長にも安堵の笑みがこぼれた。

手際よく出船20分後に釣り開始
船中1匹目は柳原さん
筋肉質な75cmアップ!

[動画]浅場で型もいい!ヒラメ釣り

アタリはポツポツだが魚はアグレッシブ!

次のアタリは水深14mの岩礁帯で訪れた。職場の先輩、後輩らと来た右舷胴の間の中村哲さん(川崎市)。アタリの後、潮上へと一気に走る様子に「サメかと思った」と額に汗して恵比寿顔。ちなみにこの後1匹を追加し、この日の竿頭。それから間もなく、山崎篤史さん(越谷市)にも待望のアタリが。ハッキリしたアタリでがっぷり食い込んだこの魚は、山崎さんの記念すべき初めてのヒラメ。埼玉県からのアクセスが良く、お気に入りで度々来ると言う飯岡に、またひとつ思い出を刻んだ。

船中2匹目は中村さん
初めてのヒラメ記念日
夏は弱りやすいので大切に

トルクフルなファイトの正体は…

ここで船長は船を大きく移動して水深40~50mの丸山漁礁へ。投入後間もなく、左舷トモ(船尾)のオ・テギョンさん(墨田区)にヒットしたのはイシナギ。「先週は(ヒラメが)7枚釣れたのに…」と言うオさんは、ヒラメも2匹釣ってこの日の竿頭(タイ)になったのだが、イシナギについて聞くと「ヒラメより美味しい、スープが最高」と太鼓判。 この日、結構な数が上がったイシナギ。老成魚は2m、100kgを超えて成長するが、これはその幼魚で、そのサイズには似合わない猛烈なファイトに圧倒される。実はビタミンAの過剰摂取になるため肝臓は食品衛生法により、食用禁止措置がとられているので注意が必要だが、身は実に美味なのでぜひお試し頂きたい。釣って帰ったらおろしてサクの状態にしてから2~3日間、冷蔵庫で熟成させるのが美味しく食べる秘訣。刺身、フライ、ムニエル、あら汁などがお勧めだ。

「スープが最高」と呉(オ)さん
この釣り味には誰もがご満悦
食べたら笑顔になりますよ

クライマックスはこれからだ!

「昨日まで釣れてたのに」と苦笑いの梅花繁船長曰く、例年になく浅場で釣れているという今年の“夏ビラメ”。その浅場が、前日午後の風とウネリで荒れてしまったことと、流れない潮に苦戦した取材日だったが、海が落ち着けば良くなる筈だ。数釣りが魅力の夏ビラメが、今シーズンは浅場で型が良いときたら見送る理由はないだろう。「釣れないときは、魚が考える時間を与えてくれたと思えば良い」…アーネスト・ヘミングウェイの言うとおり、リベンジする日の釣り方をあれこれ考える近視眼の筆者であった。

親切で知識豊富な梅花繁船長
この日はオモリ60号(LT40号)
仕掛け図

ヒラメ釣りの半分を損してませんか?

「猫またぎ?」んなこたぁない
誰が言ったか「夏のヒラメは猫またぎ」。食べた者から言わせて貰うと、そんなことは決してないと思う。アタリが明確で食い込みが良く、装備も身軽で海上も快適な夏にヒラメ釣りをやり込んでから、秋冬の旬のシーズンに臨めば、ヒラメ釣りの幅と奥行きが倍増することは至極当然。『梅花丸』では従来の道具立てはもちろん、手持ちヒラメでもLT(ライトタックル)でも挑戦できるので、未体験の方にもぜひ夏のヒラメ釣りをご堪能頂きたい。

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣り船
千葉県飯岡港『梅花丸』
〒289-2705 千葉県旭市飯岡2563番地5
(カーナビには千葉県旭市飯岡2220と入力して まずは船宿へ、船着場は飯岡漁港)
TEL:090-2155-0500
定休日:火曜日
詳細情報(釣りビジョン)
梅花丸ホームページ
出船データ
ヒラメ乗合(予約制)
乗船料金:1万2,000円(餌、氷付き)
集合:船宿へ午前3時30分~4時 出船:4時30分~11時30分沖上がり
※女性・中学生以下半額 ※HPに1,000円割引券あり(男性大人のみ)
ページトップ