オフショアマガジン
2016.8.15号

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港
興奮度MAX!! ただ今相模湾カツオ祭り開催中

04_main.jpg
8月1日、多くの釣り人が待ち焦がれていた相模湾のオキアミコマセ釣りのキハダマグロ&カツオが開幕した。解禁前は連日ルアーで好釣果が報告されていたが、コマセ釣りとなると状況はどうか? 解禁間もない8月5日、葉山あぶずり港『たいぞう丸』から出船した。

今年はカツオが絶好調!解禁初日から好釣果報告

たいぞう丸待合所、ここで受け付ける
今年は各地でカツオの模様が非常に良い。太平洋側では駿河湾で数年ぶりにカツオが爆釣し、千葉犬吠埼沖も本場高知のカツオ一本釣りの職漁船が操業し、波崎・飯岡の遊漁船がルアーで好釣果を上げている。では相模湾はどうか? 『たいぞう丸』では解禁初日の8月1日にトップ9匹。8日は7名で76匹、クーラー満タン早上がりと、昨年には見られなかった好スタートを切った。

氷は別売り。こちらの漁協で購入
一杯300円也。夏のカツオ釣りでは多めに用意しよう
第二十三たいぞう丸。この日も満員御礼

ナブラ・鳥山を求めていざ出船

この日の集合は午前5時で出船は6時。葉山あぶずり港は駐車場が隣接し、係の人が誘導してくれる。待合所にて受け付けを済まし、釣り座を確保したら各自で漁協で氷を購入する。夏場は多過ぎるかな? と思うほど氷は準備した方が良い。「捕らぬ狸の……」であってもカツオは鮮度が命なのだから。

カツオ・キハダマグロには大型電動リールが定番
この時期は水深が浅いのでレバードラグ式両軸リールもあり
パワーのある電動リールにはパワーのあるリチウムバッテリーを!

大型クーラーを用意しよう
ミヨシ(船首)はジギングorエビングのルアーマンに開放
仕掛け図

クルージングもカツオ釣りのアクティビティ

キハダ誘い出し用タックル
全員揃ったところで、遠漁場という事で定刻より少し早く河岸払い。約1時間半程は走っただろうか、伊豆大島の地形が目認できる程の所まで走り、鳥がぱらつくポイントでルアーマンに「投げてみてっ!」の指示が出るも、これは不発。山本船長も双眼鏡を駆使して鳥山を探すのだが……暫しのクルージングが続く。

シーズン初期はジギングも効果有り
エビングタックル。特にキハダに有効
カツオ基本仕掛け

強度のある固定式天秤が基本
特船ワームとオキアミの抱き合わせも効果的
指サックやグローブは必需品

第一ラウンド開始のゴングが鳴った!

僚船からカツオナブラの情報が入り現場に急行。7時過ぎ船団に合流する。騎馬戦の如く山本船長はいち早くナブラ&鳥山を見つけ、ソナーを駆使してカツオの進行方向に先回りして船を当てる。いよいよ船長の「どうぞ、タナは10m!」のアナウンスで戦闘開始。足の速いカツオ類には素早い仕掛け投入が命。少しでも投入が遅れようものなら船長から容赦ない檄が飛ぶ。
このナブラで船中あちこちで誰かしらの竿が曲がる! これがカツオ釣りの醍醐味! アドレナリン大放出のカツオ祭りの始まりだ~!! タナは10mと浅く、やり取りの時間は短いものの横走りするカツオならではのオマツリも頻発し、水面でのバラシも多発。これを見て山本船長はハリスを一ヒロ(1.5m)に詰めるよう指示。解禁直後だからかカツオも船を避けることなく、船上からはコバルトブルーとブラックのコントラストがはっきりとした群泳が見てとれる。船内に用意された複数の玉網でもタモ入れが追いつかないほどのお祭り騒ぎで、船上はさながら“戦場”の様相を呈してきた。ならば「魚の処理は後回しにしてドンドン仕掛け入れろ~~!!」と激しく檄を飛ばす山本船長は、さしずめ鬼軍曹と言ったところであろうか?(笑)

怒涛の入れ食い!!

[動画]船上はお祭り騒ぎっ!カツオ・キハダ釣り

第二ラウンドも怒涛の入れ食い!!

またもや入れ食いが続く
船中の興奮も冷めやらぬまま、徐々に食いが落ち着いてきたところで船長は移動を決断し、船団を離れて単独でナブラ探索を開始。この第1ラウンドのラッシュに乗り遅れた(アタリの遠かった)人の仕掛けを見ると、キハダ用の太ハリスでネムリバリにハリスを保護するパイプを装着していた。これが影響したのか?? 船長も「カツオの水面でのバラシを防ぐにはアワセ(フッキング)が肝心」と言うように、カツオの口の形状に向こうアワセのネムリバリは合わないようである。また細ハリスは食い渋りのセオリーではあるが、かと言ってハリス12号を使用していた人は、アタリは多いもののハリス切れを頻発したり、またキメジか? と思わせる強いアタリでヒラマサバリ14号が伸ばされた人もいたり……シンプルな1本バリだからこそ仕掛け選びは本当に難しい。あれこれ色々と考える中、11時過ぎに再び激熱ナブラに遭遇し、怒涛の入れ食いタイムの始まりである。

船中オデコ無し5~12匹!

「良い反応出てるぞ! おらぁー、これ食わせろよー!!」と船長の檄が飛ぶ中、第2ラウンド開始のゴングが鳴った。ここでも船中あちこちで竿が曲がり、ミヨシでジグとエビングで狙っていたルアーマンにもヒットする。キハダ仕掛けで狙っていた前述の人も、カツオ仕掛けに変更した途端にアタリが頻発。というよりも解禁当初で初心なのか船にカツオが付いたようで、仕掛けを入れてコマセを振ればアタるといった夢のような状況。私もここで短時間仕掛けを入れ、サクッと2匹釣らせていただいた(笑)。

お見事!エビングで1本!
ジギングで4本!

キハダのXデーも間近!?

ポイントが遠いことから定刻より少し早い時間に沖上がりとなったが、15名で船中オデコ無し5~12匹の大釣り。大満足の釣果となった。水面でのバラシも多数あったが、この釣りの特性上、致し方ないであろう。サイズも2~4kg 級で申し分無しだった。
ところで皆さんが最も気になるキハダマグロの動向はというと、同日に同じナブラで操業していた生きイワシのフカセ船では10kg超えが顔を見せていたし、9日には『たいぞう丸』でキハダと思しきハリス切れが6回と、いよいよXデーも間近と思われる。好釣果が続くカツオと合わせて今後も目が離せそうにない。
さぁ皆さん、タックルを万全にして挑みましょう! ちなみに釣れたカツオ君、今年は旨いとの前評判でしたが、噂にたがわぬ脂の乗りっぷりで“戻り”を思わせるようなトロカツオでしたよ!

お世話になりました! 山本真一郎船長
釣り人の特権♪ 新鮮だからできるカツオのへそ(心臓)の刺身
新鮮だと血合いも美味い!竜田揚げ

脂乗ってます♪トロカツオの刺身
CMでお馴染み、「のっけ盛り」も美味
刺身に飽きたら漬けもお薦め♪

(釣りビジョンAPC・牛島誠)

今回利用した釣り船
神奈川県葉山あぶずり港『たいぞう丸』
〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内50
TEL:046-875-1932
定休日:第1、3、5木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
たいぞう丸ホームページ
出船データ
カツオ・キメジ船
乗合料金:コマセ釣り1万2,500円(コマセ付き)便乗ルアー1万1,000円
出船:午前6時~沖上がり午後1時30分
駐車場:無料
プレミアムメンバー