オフショアマガジン
2016.9.1号

宝生丸・千葉県勝山港
内房・勝山の“夏カワハギ”は猛暑の中でも元気一杯!

02_main.jpg
リオデジャネイロ・オリンピック開催も相まって、記憶に残る“熱い”夏。この時期の楽しみの一つ“夏カワハギ”の2016年の状況はいかに? こちらも熱い夏になるのか?寝苦しい夜にも助けられ、思った以上にすっきりと深夜2時前に目覚め、千葉県・南房、勝山港の『宝生丸』へと車を走らせた。

身の美味しさは夏が一番!

受付は早朝から大混雑
カワハギ釣りと言うと肝がパンパンに膨れ上がった冬の釣り物という印象が強いと思う。しかし、実は“旬”は夏なのである。確かに夏の肝はさほど大きくはないが、肝に栄養を取られない分、身の美味しさは夏が一番なのだ。そして、夏のカワハギの最大の特徴は、そのサイズの大きさと引きの強さにある。 『宝生丸』の高橋賢一船長の話では、カワハギが海面まで横に向かって走る、いわゆる“横走り”を見せるのは夏の特徴だそうだ。食味も釣り味も楽しめるこの時期を、多くのカワハギフリークが待ちわびるのも納得。この日も集合時間の午前4時半を待てず、4時には18人が集まり、“満員札止め”となった。

カワハギフリークで満員札止め
乗船が待ちきれない
出船準備は万端!

様々なアピールツールが用意されている

当日の仕掛け図
カワハギ釣りは非常に玄人受けする釣りでもある。言い方を変えればそれだけ奥が深い。それは早くも道具選びの段階から始まる。カワハギにアピールするための様々なツールが用意されていて、道具箱はさながらジュエリーボックスのよう。さて、その日の当たりは何なのか?どの“ジュエリー”がカワハギに最もアピール出来るのか?カラフルな仕掛けを吟味しているアングラーを後ろから冷静に見ていると微笑ましい。基本的な仕掛けは以下に説明したが、カラフルな集魚板やビーズと組み合わせた中オモリなどを付けても、アピール効果になるはずである。

餌はアサリのむき身
塩があるとぬめりを取れて便利
カラフルな中オモリでアピール十分

勝山港のすぐ近くが好釣り場

さて、恋い焦がれるカワハギへのアピール方法を各々が決めて、大事な“ジュエリー”を抱えていざ出船。ポイントは勝山港を出てわずか数分。目の前には岩肌が見える浮島がそびえて、いかにも釣れる雰囲気満々である。第1投は水深16m。一斉に色鮮やかな仕掛けが海中へと吸い込まれていった。 最初にカワハギを振り向かせるのは誰か?小さいアタリこそあるものの中々振り向いてくれない時間を過ごすこと15分程、最初の“本命”からのアタリが右舷胴の間(中央)に訪れた。竿先を小刻みに引き込むカワハギ独特の引き。夏ならではの元気良い引きを楽しんで最初の1匹が無事に上がった。その1匹を皮切りに、朝一は右舷中心ながらポツポツと型を見ることが出来た。まずまずのスタートである。

この日使用した仕掛けです
交換用のハリもワンタッチで手返し重視
目の前の浮島。釣れる雰囲気満点

この日の本命・カワハギ
早々に船中1匹目
続けて船中2匹目

キレイなカワハギ
見事に“本命”ゲット!

[動画]夏も元気いっぱい!カワハギ釣り

幅広くポイントを探った方が吉

カワハギ釣りの奥の深さは前述のアピールの多様さと共に、その誘い方の豊富さにもある。一般的に言われるのが“叩き”、“弛ませ”、“宙釣り”等。船長の話では、どれが最も効果的かはその日のカワハギの気分次第。つまりポイント、潮の流れ、濁りなどによって日々刻々と変化するそうだ。では、この日のカワハギには何が最も良かったのか?見ていた限りでは、前方に少しキャストして底をトントンと叩きながら船下まで探ってくる方法に、コンスタントにアタリがあった。しかし、これはあくまで一例で、色々な場面を想定して、その日のアタリをいち早く見つけることが重要だ。

カワハギGO!ゲットだぜ
うれしい1匹
コンスタントに上げてツ抜けを達成

多彩な“外道”の中から“本命”に食わせる

魚からのアタリはひっきりなしに訪れる。“餌取り名人”の異名を持つカワハギをいかにハリ掛かりさせるか。そして、そのアタリの大半は、カワハギ釣りの定番“外道”のベラやトラギスからのアプローチでもあるので、いかに“本命”へアピールするか。特にこの日、ベラの猛攻は凄まじいものがあった。その猛攻をどうかわすかが数を伸ばす肝となった。 最終的にこの日のカワハギへの効果的なアプローチを見つけた3人の人が“ツ抜け(10匹超え)”を達成。夏らしく、小型のいわゆる“ワッペンサイズ”はほとんど交じらず、良型カワハギを中心としての釣果なので、非常に楽しむことが出来た。シーズン最初から夏カワハギは熱気が最高潮。サイズも十分に楽しめるこの時期から、今後は秋に向けて数も出るようになってくる。夏の暑さを吹き飛ばす熱いカワハギ!お勧めの釣り物です!

最後の流しで1匹追加
と思ったらまた1匹
高橋賢一船長、一日お世話になりました!

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣り船
千葉県勝山港『宝生丸』
〒279-2117
千葉県安房郡鋸南町勝山54
TEL:0470-55-2777
詳細情報(釣りビジョン)
宝生丸ホームページ
出船データ
カワハギ乗合(予約制)
料金:8,000円(氷付き)餌はアサリのむき身で一袋1,050円 HPにて1,000円割引クーポンあり
出船:午前4時30分集合 5時出船~沖上がり午後0時30分
プレミアムメンバー