釣りビジョン
ON AIR
2016.10.15号

臼井丸・千葉県大原港
千葉県・外房、大原沖のヒラメ解禁!開幕早々イイ感じ♪

新鮮、新築、新米…とかく新しいことはイイことだ。そして釣りもまた、新釣法や新シーズン開幕のワクワクは、その愉しみの一つに数えられるだろう。今年も10月1日に解禁した千葉県・大原沖のヒラメ釣り。新手のLT(ライトタックル)を手に、新造船が就航したばかりの大原港『臼井丸』から出船した。

今期、早くも6kgの大物が!

この時期、『臼井丸』の集合は午前4時15分。船着場にワゴン車とテーブルの受付が設けられ、事前に予約した釣り人たちが支払いと釣り座の申告をする。出船を待つ釣り人の間で囁かれるのは、『臼井丸』で前回釣り上げられた大物の話題だ。写真を見せて貰ったが、実に6kgというサイズのヒラメは“モンスター”と呼ぶに相応しい迫力と貫禄がある。いやがうえにも期待高まる船内のイケスに餌の活きイワシが運び込まれ、定刻の4時30分、右舷4人、左舷6人の釣り人を乗せて臼井丸は太東沖へと出港した。

船着場に着いたら釣り座の確保
乗船は船長が灯火を点けてから
乗船前に船着場で船代を支払う

釣り開始、7分後には初ヒット!

航行1時間弱で太東沖・大根に到着。餌のイワシが配られ、水深50mのポイントからスタート。それから僅か7分後、船中初ヒットは右舷ミヨシ(船首)の熊谷章さん(越谷市)。今季、『臼井丸』には早くも2回目の乗船とのことで、この日は幸先の良いスタートを切った。その後もポツリポツリと誰かの竿が曲がったが、このエリアはマトウダイが多かった。ヒラメもマトウダイも釣れるタナは一緒で釣り分けは至って困難。マトウダイの合間にヒラメが交じるというリズムがしばし続いた。

日の出を沖で迎える気持ちよさ
船中1匹目は常連の熊谷さん
マトウダイの合間にヒラメが上がる

[動画]解禁早々好調!ヒラメ釣り

新旧調和の釣り模様

同乗の皆さんは、ヒラメ釣りとしては従来の“置き竿”と“手持ちヒラメ”が5人、新手の“LT”が5人の丁度半々。この日に攻めるポイントが水深45〜50mのため、LTは60号とちょっと重めのオモリが推奨された。
私も右舷・胴の間(中央)で、LTとノーマルタックルの釣りを一流しずつ試したが、オマツリはLTで“青物”を掛けた際の取り込み時のみ。底の取り直しなどで糸を出し過ぎない限り、LTと従来のタックルがオマツリするようなトラブルは見受けられなかった。
また、船上で購入できる仕掛けは、ノーマルタックル用(写真右)と、先糸のないLT用(写真左)がそれぞれ用意されている。ここで注目なのは、LT用の仕掛けに「ボケ専用6号」という主に関西でクロダイ釣りに用いられる“刺さり”と“餌持ちの良さ”に定評のある丈夫なハリが結ばれていることだ。慣れないうちは合わせが効きにくく、船縁でのバラしが多いLTに対する船宿の研究と気遣いがうかがわれる親切仕様だ。

高水温で弱りやすいので要注意
工夫が感じられる船宿仕掛け
『臼井丸』ヒラメ仕掛け

“ゲスト”のフィッシュイーターたち

活きイワシの泳がせ釣りでは、美味しい“ゲスト”もお楽しみの1つ。取材日に上がったのは、ムニエルが絶品のマトウダイ、イワシで釣れる魚は一味違うマダイ、サイズも味覚も文句なしのメバル等々グルメも唸る高級魚ばかり。この他にカンパチやイナダなどの“青物”や、何にしても美味なマハタも交じると言うから、嬉しいハプニングを祈りたい。

フレンチの定番食材、マトウダイ
この日はマダイも上がった
良型のメバルも!

竿頭7匹、ボウズなし!

風やウネリが強まった中盤、潮の“時合い”なのか魚の集まるスポットに入った“地合い”なのか、連続でバタバタと魚の上がるタイミングが幾度かあった。
この日の竿頭は、道具をLTに持ち替えて3シーズン目と言う恩田豊さん(江戸川区)。「昔は東京湾ばかりだったけど、こっち(外房)にはこっちの魅力がある」と『臼井丸』に通う常連さんだ。次第に強まった風やウネリにも負けず、仕掛けの入れ替えやタナの取り直しをマメに繰り返す努力で、2kgオーバーを頭に7匹という見事な釣果へと結びつけた。
左舷・胴の間の佐々木さん(川崎市)は、初めてのヒラメ釣りで3匹と大健闘。一緒に乗船した高校時代からの友人・奈良場さん(足立区)もヒラメ6匹に加え、マトウダイやメバルも交じって、その賑やかなクーラーは豊穣の秋を絵に描いたようだ。
船長曰く、ヒラメのコツは「その日のタナ」。いつも底に居ると思われがちなヒラメだが、底を切って高めのタナに大型が出るのは名人たちの秘策。なだらかな地形でも根周りでも、マメなタナ取りが肝心とのことだった。

竿頭はLTの恩田さん
竿頭のクーラー、良型揃い!
奈良場さん佐々木さんWヒット!

LTで型も数も大健闘、田中さん
波風が強まったが、活性は高い
釣れるのは概ね1〜2.5kg

新造船ですこぶる快適!

フットワーク良くオマツリ解きやタモ入れに奔走する若船長、乗下船の手伝いや声掛けも温かい女将さん方のアットホームな雰囲気に包まれた『臼井丸』。釣り座やデッキの広い新造船は、船尾の洋式トイレも足元広々で、重ね着するこれからの季節も快適そうだ。イワシが南下して来て、このエリアが最盛期を迎えるのは12月から2月。釣れるサイズも味覚も格段にアップするベストシーズンを前に、「新・臼井丸」の性能と行き届いた心地よさを見ると、寒さや海況が厳しくなる冬もまた、楽しみになって来た。

気持ちの良い新造船
臼井信喜船長と達彦若船長
下船後は昼食サービスのカレーが

[動画]臼井丸 祝!進水式

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣り船
千葉県大原港『臼井丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10272-3
TEL:0470-62-2185
定休日:第1・第3 月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
臼井丸ホームページ
出船データ
ヒラメ乗合(予約制)
乗船料金:1万2,000円(氷、餌付き)
集合:船着場へ4:15 出船:4:30(季節により変動あり、予約時に確認を)
ページトップ