番組表
番組一覧

北山丸・千葉県洲崎港「千葉・洲崎沖の「カサゴ、アカハタ五目」がいよいよ開幕!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

北山丸・千葉県洲崎港

2017.05.15号

千葉・洲崎沖の「カサゴ、アカハタ五目」がいよいよ開幕!

“洲崎・カサゴ”と聞くと根魚フリークはピンとくると思う!?一般的に30㎝前後が最大とされるカサゴだが、それを大幅に上回るサイズが高確率で釣れる。しかも良型アカハタも交じって来る。私も洲崎沖の「カサゴ、アカハタ五目」を楽しみにしている一人だ。例年GW期に開幕するが、「今シーズンはいかに?」とGW真っ只中の5月2日に洲崎港『北山丸』に出掛けた。

今年は海水温がまだ低い

港の目の前に船宿があります(日中撮影)

予約の電話がてら『北山丸』の北山茂樹船長に今シーズンの様子を確認した。すると「例年になく海水温が低く、まだ食いが悪くて見込みが低い。特にアカハタは南方から流れてくる魚なので海水温が上がらないと厳しい」との事。まだ早いか? 丁度1年前にここで非常に“良い思い”をしている事もあり、不安よりも忘れられない思い出からくる期待が勝った。予定通り午前4時半前に洲崎港に到着した。

薄暗いうちから駐車場は車でいっぱい
待合室で乗船名簿を記入
船宿で餌と氷を受け取っていざ船へ

3隻出しの活況!

船宿正面から見える港の景色

私と同じように“洲崎カサゴ”を楽しみにしている人が多いのだろう。集合よりも30分以上前にも関らず既に駐車場には多くの車が停まっていた。この日は『北山丸』の2隻に加えてチャーター船含めて合計3隻出しの賑わい。私が乗船したのは北山茂樹船長が舵を握る「北山丸」。計8人満船での出船。左右4人ずつならオマツリもなく一番釣りやすい大きさの船。もう少し乗せようと思えば乗せられるのだろうが、釣りやすさを考えての8人満船は嬉しい心遣いだ。

『北山丸』
乗下船には足場を使えるので安心
皆で助け合って船に乗り込みます

ポイントは港からほんの数分

洲崎沖は、非常に多種の魚影が濃いエリア。今回のカサゴと同時期にほぼ同じエリアでイサキ、マダイ、マハタ、ヒラメなども釣れる。ほんの少し沖に出ればカイワリ、アマダイや深場の魚のオニカサゴ、アカムツなども釣れる魅惑のエリア。カサゴは港を出てほんの数分で釣り場なので船に弱い人にもお勧め出来る。定刻の5時丁度に出船、5時15分には釣りを開始できるので実釣時間が長いのも嬉しい。

洲崎港は洲崎灯台のお膝下
船に乗り込みしっかり準備
視界が良くて大島がはっきりと見えた
ポイントは港の目の前
すぐ隣の船はイサキ狙い。多様な魚影の濃さが伺える
朝もやに映える景色

水深36、37mの深めからスタート

今年は4月29日からスタートした「カサゴ、アカハタ五目」。釣行日は3日目とまだまだスタート直後。海水温がまだ低い関係か例年よりも少し深めの水深36、37mで実釣開始。根周り一帯を攻めるので着底と同時に少しオモリを上げて、頻繁に底立ちを取り直さないと根掛かり必至。またその底立ちの取り直しがいい誘いにもなるのだ。

イワシとサバの身餌が配られる
船宿推奨の仕掛け
底は激しい岩礁帯なので丸いオモリが重宝
上バリにイワシで下バリにサバの身餌
仕掛け図

潮が下げに変わった時がチャンス!

船中第1号はなかなかのサイズ

開始10分ほど。最初の1匹が左舷ミヨシ(船首)で釣れた。ガツガツっというあたりはカサゴ特有のもの。釣れて来たのは“洲崎サイズ”まではいかないがなかなかの良型。その後もポツリポツリとは釣れるものの、その数は本来のものではない。海水温を確認すると15度ほど。やはり例年よりも2度ほど低い。船長の話では前2日間は朝の内は厳しく、正午頃に東京湾内からの下げ潮に変わった時に食いが上向いたとの事。

続けざまに右舷でも
朝一番から本命ゲット
良型カサゴ

深場で“洲崎サイズ”のカサゴがお目見え

厳しい時間を過ごすこと2時間ほど。少し沖を攻めている別船からアタリが出るポイントがあると無線が入った。水深は50m超との事。この時期のカサゴ釣り場としてはかなり深めだ。海水温が低くてカサゴがまだ深い場所にとどまっているのだろう。移動して行くと情報通り。食いが本格化はしていないので“拾い釣り”という感じだが、アタリの数は格段に増えた。そしてこの場所では30.5cmを最大に30cm近い“洲崎カサゴ”も何匹か顔を見せた。船長の判断で、少しアヤメカサゴも狙ってみようとの事でほんの2、3分の移動で“お土産”作り。船中で3匹が釣れたが、確かにどちらもアヤメカサゴ。ポイントを知り尽くした船長には脱帽である。

なかなかのサイズ
嬉しい本命に自然と笑顔
初のカサゴ釣りで本命ゲット
片舷4人ずつで
堂々の30.5cm
狙い通りのアヤメカサゴ
大型狙いで!カサゴ・ハタ五目釣り

一方のアカハタは…

ここで気づいたことがある。もう一方の“本命”アカハタがまだ上がっていない。昨年は小さ目はリリースするほどに数が上がったアカハタが上がっていない事がこの日の海水温を象徴していた。まだ南方から暖かい潮に乗って数多くのアカハタが到達していないと言う事なのだろう。
沖上がりの定刻11時半頃、潮が緩み、若干ではあるが潮の流れが変わった気がした。それに応えるかのようにカサゴが最後の食いを見せた。船長の厚意で1時間の“残業”。そして幸運にもサイズこそ小さいもののアカハタも顔を見せた。やはりこの日も時合は下げにあったようだ。本来のそれには程遠いものの“ツ抜け”(10匹以上)出来た人も出て、この日は終了となった。

立派なカサゴ
こちらも満足なサイズのカサゴ
あと少しで尺(30cm)・・・
深場で狙い通りのカサゴ
やっとアカハタの型も見れた
洲崎のカサゴはサイズも大きいですが色もきれい

スタートが遅れた分ロングランに期待!梅雨時が最盛期!

カサゴは梅雨時に産卵期を迎えて食いが最高潮となる。海水温が例年よりもかなり低い今、スタートとしては例年よりも遅れているが、その分7月末の終盤戦までロングランで楽しめそうだ。海水温が上がればジャンボカサゴだけでなく40cmを超えるアカハタも交じり出す。昨年の良い思いが忘れられない私も6月に再訪して強烈な根魚の引きを堪能したいと思っている。

底はガツガツの岩礁帯
話好きな北山茂樹船長が親切に教えてくれる
併設の『喜多山旅館』で素泊まり可能

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
千葉県洲崎港『北山丸』
〒294-0316 館山市洲崎1378
TEL:0470-29-0805
定休日:毎月、第2・4水曜日(祭日の場合は翌日)
詳細情報(釣りビジョン)
北山丸ホームページ
出船データ
カサゴ・ハタ乗合
料金: 午前船1万500円 / 午後船 9,500円(税込)(餌・氷付き)
出船: 午前船:4時30分集合 5時00分出船 11時30分沖上がり
     午後船:12時30分集合 13時00分出船 17時30分沖上がり
定休日: 第2・第4水曜日
ページトップ