釣りビジョン

千葉・内房、勝山港のマルイカ、今シーズンは期待大!?

2017年06月15日公開

01_main.jpg

ゲーム性が高く、船釣りのテクニカルなターゲットと言えば、まず挙げられるのがマルイカだろう。昨年は期待されたような好成績には恵まれず肩すかしでマルイカフリークをガッカリさせたが、今季は開幕当初から各地で好釣果が相次ぎ、千葉県・内房、勝山港『新盛丸』でも5月末にはムギイカ(小型スルメイカ)交じりトップ92杯の好釣果が報告された。

【この記事を書いたライター】牛島 誠

イカとマダイの二枚看板!兄弟船の『新盛丸』

近年、“イカ釣りの基地”的港になった感のある勝山港の『新盛丸』は、兄の艫居正悟船長が主にイカ、弟の艫居克芳船長がマダイやワラサ等の魚を担当する兄弟船だが、この日はここ数日の好釣果もあってか“満員御礼”のマルイカ2隻出しの盛況ぶり。私は兄の正悟船長が操船する「第一新盛丸」に乗船した。

まずは近場から探索開始

マルイカ釣りは初めてというビギナーから超ベテランを含め、総勢14人を乗せ「第一新盛丸」は定刻通り午前5時に河岸払い。「まずは航程15分程の富浦沖から見てみましょう。近いので準備しておいてくださいね~」とアナウンス。船宿指定のオモリは40号。狙うポイントの水深は主に40~60mなので、小型の電動リールでも手巻きリールでも対応可能だ。この日も手巻き派、電動派の割合は半々だった。

船中1杯目に良型現る
風光明媚な富浦沖に到着し、船長は探索を開始。程無くして「どうぞ!水深は43m!底中心に反応が出てます」とアナウンスがあった。通常、反応が底の場合はマルイカ、上ずっている場合はムギイカの事が多い。その例に漏れず、直ブラ仕掛けで狙っていた釣り人に上がって来た船中1杯目は良型のマルイカだった。

 

富浦~館山沖のマルイカ“大捜査線”

しかしながら前半は空振りも目立つ。その後、館山沖に移動したが群れの反応が小さく、しかも“端物=青物”に追われているのか移動が早くなかなか捉え切れず“単発拾い釣り”の様相を呈してきた。反応が消えたと思ったらまた映ったりとまとまり切らないのだ。これには船長も渋い表情。沖目を探索していた僚船からの情報も芳しくないようだ。こんなタフな条件下でもムギイカをポツポツながら掛けている人は、上5本は11cmプラヅノ、下5本にスッテを配置した直結10本仕掛けを使用していた。マルイカとムギイカの群れが混成している状況では、この様な幅広く探れる仕掛けも有効なのだ。

この日の“主役”はムギイカでした

イカ釣りは勿論、タチウオやマグロ釣り等で反応がまとまり船団が密集して形成されると釣り人のボルテージは上昇、ワクワクするものだ。この日もそんな流しが後半に訪れた。富浦沖に戻り「どうぞ!水深55m。底から5m上を探って下さい!」とのアナウンス。先にこのポイントを流していた僚船では、ムギイカが取り込まれている。ここでムギイカ中心の群れに遭遇、良い時には5点掛けもあり、“水鉄砲”が上がっていく。
ここで乗りのいいスッテを見ると、流行りの小型スッテよりは、シルエットのやや大きめなタイプに分があるように感じた。より攻撃性の強いスルメイカの仔であるムギイカには、アピール性の高いスッテが有効なのかもしれない。また船長は8cmのプラヅノはムギイカのみならず大型のマルイカにも有効との事。

テクニカル、だからマルイカは奥深くて面白い

マルイカに比べアタリが明確に出るムギイカだが、やはりアタリは繊細である。穂先が敏感な専用調子のロッドが望ましい。この日は着底(又はタナに合わせる)→「間」(アタリを取る)→タタキ→「間」(ここでもロッドを動かさずアタリを取る)というパターンで攻めていた人が功を奏していたようだ。重要なのはイカに抱きつかせる「間」という訳だ。また繰り返し投入できるような長い流しでは、1度仕掛けを巻き上げてイカの視界からスッテを外し、再度落下させてイカに見せる事も大事なテクニックだという。しかし、何より面白いのは、「前日竿頭を取った人が、次の日同じパターンで攻めてもハマらず渋い顔をしている・・・その日その日でパターンが違うんですよ」と船長。スッテのサイズや配色然り、パターンが釣果に影響するからゲーム性が高くて面白い。

神出鬼没!だからマルイカは難しくて面白い
後半盛り上がりを見せてきたところで無念のタイムアップ。結果、ムギイカ主体に1~25杯の成績。最近の釣果からするとやや物足りないがそこは神出鬼没なマルイカ。こういう日もある。
「今日は、最近でもかなり厳しい日になっちゃいましたね。それでも反応自体は沢山あるのでまだまだ有望です。反応もその日によってマルだったり、ムギだったり、混成だったりしてますが、これから海水温が上がってくれば近場の島周りでも期待したいところですね!」と船長。
そう、これからは至近の浅場で“束”越えの“バリ乗り”も期待できるのが勝山なのだ。その“Xデー”が来るのももう間近かも知れない。

今回利用した釣り船

千葉県勝山港『新盛丸』
〒299-2117 千葉県安房郡鋸南町勝山273-1
TEL:0470-55-1687
定休日:なし 釣果・施設情報 新盛丸 ホームページ

出船データ

出船時間:午前マルイカ船4時30分集合 午前5時出船 12時沖上がり
午後マルイカ船12時半集合 13時出船 17時沖上がり
※状況により時間は前後しますので電話にてご確認ください
基本料金=午前1万円(氷付き)、午後6,500円(餌・氷付き)
割引サービスあり
     
※記事の掲載内容は公開日時点のものになります。時間経過に伴い、変更が生じる可能性があることをご了承ください。

その他オススメ記事