会員サイト
番組表
番組一覧

福田丸・千葉県外川港「千葉県・銚子沖、真夏の熱いヒラメシーズンが開幕!!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

福田丸・千葉県外川港

2017.08.01号

千葉県・銚子沖、真夏の熱いヒラメシーズンが開幕!!

千葉県・銚子沖の“夏ビラメ”は、例年通り6月1日に“開幕”した。例年このシーズンのヒラメは浅場で数が出ることから気温の上昇と共に人気沸騰。最近の釣果を見ても連日トップで5、6匹と好調が伝えられている。“海の日”3連休の7月16日(日)、大きな期待を胸に銚子外川港『福田丸』へ出掛けた。

銚子は涼しい、蒸し暑い都内を回避

クーラーを置いた順に釣り座が決まる

前日に電話をすると、3連休の中日という事もあり既に満船近い予約との事。早くも銚子沖の“夏ビラメ”の人気の高さを実感した。集合は午前3時半。連日の熱帯夜を抜け出し午前1時前に都内を発ち銚子へ向かった。車に乗り込むと外気温計は30.5℃。都心の深夜としては俄かに信じがたい暑さ。ところが銚子に着くと気温は22.5℃。銚子は海の傍で暑いイメージがあるが、実は都内よりもずっと涼しいのだ。

午前3時過ぎで既に多くの車で港は賑わう
乗船前に女将さんの軽ワゴンで受け付け
餌の活イワシを積み込む

定刻の4時半に出船

乗下船は上乗りさんのサポートで安全に

予定よりも早く3時過ぎに到着したが、駐車場は既に多くの車で埋まっていた。
『福田丸』では船の前にクーラーボックスを置いた順番に好きな釣り座を取れるシステムだが、既に15個を超える数が並んでいた。最後から2番目だった私は、空いていた右舷胴の間(中央)に座った。定刻の4時半に18人を乗せて出船した。

釣り座には桶と餌のイワシをすくうネットが準備
出船時は辺り一面の濃霧
夏の釣りに日焼け止めは必携。飲み物も大げさなくらい持ち込もう

“朝一”にいきなりの3連続!!

いきなり神谷伸幸さんに最初の1匹。計4匹を上げてこの日の竿頭

この日の最初のポイントまでは30分程の航程。辺りはうっすら白んで来たが、朝霧が凄くてゆっくりと周りを確かめながら船は進んだ。水深は20m程。福田稔船長が鳴らすブザーの音が“戦闘開始”のゴングだ。
開始早々、イヤ、正確には着底と同時に右舷に座った神谷伸幸さんの竿にガツガツッというアタリ。「ヒラメ40」とはよく言ったもので、最初のアタリで一噛み。その後に数回に分けて餌を飲み込むのがヒラメの特徴。この待っている間が心臓バクバク。しかし、この日最初のヒラメは最初のアタリですぐにハリ掛かり、アッという間に取り込まれたのは800g級のヒラメ。夏の時期は海水温も上がり、ヒラメの活性も高くなり、すぐに食い込むことも多い。まさに“夏ビラメ”全開!! これを裏付けるかの如く、続けて船中で2匹が上がり、否が応にも期待が高まった。

続けざまに船中2匹目
船中3匹目はなかなかサイズ
常連さんの竿にも来ました!

全体的に海が2か月程遅れている

この日使った船宿推奨仕掛け

しかし、これはたんなるモーニングサービスだったのか?その後はアタリがピタリと止まってしまった。実は今年は海水温の上昇が全体的に遅れている。この日も沖目には黒潮に伴う暖かい潮が回っていたが、浅場のこの辺りはまだ24℃。しかも前日に“濁り潮”が入った影響で状況はお世辞にも良いとは言えない。深場釣りを得意とする『福田丸』、例年では既に終わっているメヌケも7月一杯は楽しめそうとの事。全体的に海が2ヵ月程遅れているようだ。百戦錬磨でこの辺りの海を知り尽くす船長は早々に最初のポイントを諦めて、更に15分程沖へと向かった。

ヒラメの餌は活きイワシ
手元には2、3匹あれば十分。なくなる前に上乗りさんが持ってきてくれる
仕掛け図

ワカシはコンスタントに釣れるのだが!?

イワシは目を隠すと静かになってハリを掛けやすい

例年ならヒラメは夏に一定のポイントに集まり、1カ所で数多く取り込まれる事が多いのだが…今年はまだのようだ。船長もヒラメの好みそうなポイントを転々と攻めてポツリポツリと拾い釣りが続いた。
この日ヒラメ以上でコンスタントに口を使ったのがワカシ(ブリの幼魚)。着底と同時にガツッと仕掛けを持っていくのはほぼワカシ。引きは楽しいのだが…。少しでも潮のいい場所を探して移動するものの気温の上昇と共にアタリの数が減って来た。

この日よく上がっていたワカシ
こちらが“本命”のヒラメです
鋭い歯でイワシを一噛み。くれぐれも釣った後には口に手をやらないように注意

2.6kgの良型ヒラメ!

ポイントごとに拾い釣り

船長がポイントに応じて細かい指示をアナウンス。ヒラメに怖がりイワシが暴れるさまや前アタリへの集中の仕方を細かくマイクで説明。前アタリが来たら息を止めて集中だそうです。でも40秒“本食い”まで待つんですよね?? 苦しいじゃない…臨場感溢れて非常に面白く、アタリが少ない中でも船中が和む。
そして沈黙を打ち破ったのが左舷に座った木間智和さん。午前9時30分、ワカシとは明らかに違う引き込み。首を振らないその引き込みはヒラメだ。船中の期待を一身に背負って上がって来たのは2.6kgの良型ヒラメ。本間さんは勿論だが、船長も、そして今日は上乗りとして乗船していた女将の福田るみ子さんも安堵の表情。

うれしい“本命”です
出ました堂々の2.6kg
がっちりフッキング。この口で一飲みです
アツい開幕!ヒラメ釣り

ラストチャンスにもう1匹の良型!

最後にもう1匹を追加

その後も正午の沖上がりまでポツポツと上がったがどれもソゲ級(小型ヒラメ)。そんな中、最後に“ドラマ”を見せたのが又々木間さん。「あと2、3分で終わりですよ」のアナウンスと同時にドラグを鳴らす小気味良い音。走るその糸の先は青物か?でも首を振らないぞ?女将はヒラメを確信してタモを準備。その引きは2.6kgのそれよりも更に力強い感じだ。期待の中で上がったのは2.6kgには及ばなかったものの良型と呼ぶに十分なサイズだった。

楽しいトークで盛り上げてくれる福田稔船長。一日お世話になりました。白いシャツでビシッと決めてます
この日お世話になった「第二十一福田丸」
きれいな船室に船長の性格が伺い知れる。お湯やレンジ完備も嬉しい

いよいよこれから数釣りシーズン突入!

まだまだこれからが本番の“夏ビラメ”。この日は最初の1匹を上げた神谷さんが4匹を上げてトップ。本間さんは2.6kgを頭に良型2匹を含め計3匹。
夏本番はこれからだ。海水温も上がっていよいよ“夏ビラメ”も数釣りの本格シーズンを迎える。前哨戦としては好調な出だし。次への宿題を胸にしっかりと刻み込んで帰路へと就いた。

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
千葉県外川港『福田丸』
〒288-0014 千葉県銚子市外川町1-10829
TEL:0479-22-5741
定休日:4月~11月の毎月第4木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
福田丸ホームページ
出船データ
ヒラメ予約乗合
料金:1万2,000円(餌・氷1個付き)、女性・子供(小学生以下)、スタンプカード割引あり
集合:午前3時30分(要電話確認)
出船:午前4時30分 沖上がり:正午
宿泊:素泊まり2,000円
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ