つちそう丸・静岡県網代港「静岡・熱海沖の半夜ムツ釣り!海上花火も!?」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

つちそう丸・静岡県網代港

2017.08.15号

静岡・熱海沖の半夜ムツ釣り!海上花火も!?

東日本でも有数の温泉・観光地として知られる静岡県・熱海。夏から秋にかけて何回も開催される「熱海海上花火大会」、開催日を選んで出掛ければ、その花火を眺めながら楽しめるのが、静岡県・網代港『つちそう丸』が出している半夜釣りのムツ船だ。8月5日、花火大会の日に出掛けた。

暑さをしのげる!半夜ムツ釣り

船中第1号は大アジ!

夏の喧騒に沸く熱海海岸、多くの海水浴客を眺めながら午後5時、『つちそう丸』に到着した。この日は、御蔵島へ本ガツオ釣りの遠征にも出船しており、一人数十匹の大好漁だったそうだ。駐車場は船の目の前。釣りの支度をしていると、隣から少し眠そうな2人組が車から降りて来た。御蔵島遠征から連チャンで半夜ムツ釣りに乗船するとの事。遠征釣行の行き帰り、いくらベッドで仮眠出来るとは言っても凄い体力だ。
午後5時30分、10人を乗せて出船。まずは網代周辺のポイントを攻める。右舷ミヨシ(船首)の平野健司さんは、胴突き仕掛けに船宿で配られるサンマの切り身、持参したバイオベイトの短冊、ホタルイカの3種類の餌をセットして投入した。すると、1投目からアタリ。バイオベイトに40cm近い大アジが掛かっていた。右隣の釣り人も同サイズのアジを釣り上げた。

船中第一号の大アジ
おとなりさんも同サイズ!
アジがヒットしたバイオベイトの短冊
御蔵島で釣れたカツオ
これだけカツオが釣れれば大満足
仕掛け図

南沖へ約20分、日没後に濃い反応が魚探に映る!

数回船を流し直して大アジやトゴットメバルが上がった後に移動の合図が出た。右舷胴の間(中央)に座る新井大輔さんは、この仕掛け回収のタイミングで25cm級の“本命”をゲットした。南沖へ20分程移動して完全に日が暮れた。ポイントに着くと舵を握る土屋旬船長から、「はい、どうぞ~!水深80m。良い反応が出てるからね~!サバが来る前に手返し良くやって下さいね」とアナウンス。魚群探知機を覗き込むと海底付近の数mに赤い反応がバッチリと出ていた。すると、着底するや否や船中あちらこちらでヒット!気が付けばたった2流しの間に10人全員がオデコ脱出。左舷ミヨシではダブルの人も出て、中には3匹釣り上げる人もいた。状況を船長に聞くと「今はゴールデンタイムですね。群れがいったん固まるのでみんなにアタリが出ています。このアタリが出ている時にいかに手返し良く釣るかが釣果を左右します」。

船中第一号のムツ
ゲストのトゴットメバル
ゲストのユメカサゴ
底付近に出た大きな群れ
左舷ミヨシにもヒット!
2匹同時ヒット!
船で続々ヒットが…
右舷大ドモの常連さん仲良く本命ゲット!
黙々と数を伸ばします

サバ対策は1本バリ!欲張らないで確実に1匹を取ろう

午後8時過ぎ、サバが掛かり始めた。表層から中層にかけてサバの群れが寄っているようで3、4本バリの仕掛けを使っている人は一番下バリにはムツが掛かってきても巻き上げてくる途中でサバが掛かり、掛かったムツが振り落とされてしまう。「下バリにはムツが掛かり、上げてくる最中にサバが食う。そのサバは上バリに掛かってくる。そんな状況は良くあります。そんな時には、下バリの1本だけを残して、他のハリを全て切って外しましょう」と船長。
結局、ムツが掛かってもサバに振り落とされてしまう可能性が高くなるのであれば、下バリ1本だけにすればサバが掛かる心配もなくなると言う訳。逆にサバも少なくムツの活性が高くなり、ムツのいるタナが底から5m、10mと上がってくる時には2、3匹ずつムツが釣れる可能性もある。そんな時は状況を見極めてハリ数を増やす事も大事となる。

餌のサバの切り身
クロシビカマスも美味しいゲスト
左舷大ドモでもクロシビがヒット!
クロシビとムツの一荷
30cm超えの良型ムツ!
堂々たる太さ!

「熱海海上花火大会」開催!キントキなど美味しい“ゲスト”が登場

午後8時20分、「花火大会が始まりますからね。良かったら釣りをしながら見て下さいね」と船長からアナウンス。「第7つちそう丸」は、船長の計らいで初島沖の花火が見える場所へと移動した。熱海の花火が見られるのは約30分間。真っ黒な海面の向うにぼんやりと大きな花火が見える。その手前には自分の竿先が視界に入ってくる。なんとも贅沢な光景だ。すると、平野さんの竿が曲がった。良型のムツがダブルで上がって来た。「初島沖は小ぶりかと思ってましたが、30cmを越える型もいるんですね」とニンマリ。左舷ミヨシや大ドモ(船尾)では、30cm級のキントキが釣れ、船上も少しずつ賑やかになって来た。
午後10時過ぎ、私も竿を出した。胴突き4本バリにサンマの切り身をセット。オモリは120号。着底させて、1m底を切って大きく誘い上げると、クンッとアタリが出たが乗らない。今度は竿先を頭上から50cmずつフワッと下げてみる。するとガガッ!とアタリがありオモリの重さが無くなった。「食い上げ?」と思い、すかさず巻き上げを開始。5mくらい巻き上げるとズンッと手応えが増し、引きが雑になった。どうやらムツ以外にサバも付いてしまったようだ。海面まで巻き上げてくると、下バリには30cm級のムツ、上バリには丸々太ったサバが付いていた。1投目でのヒットににんまり。

クロシビカマスがヒット!
サバは切り身にして餌にしても良い
身は薄く切ろう
正面に花火を見ながら竿先を見つめる
そしてダブルヒット!
「良く引きました~!」

クロシビカマスはスプーンで身を取り、ネギトロ風で!

その後、大型のクロシビカマスも釣れ、納竿30分前にはもう一度時合が訪れ、午後11時半に竿納となった。
この日の竿頭は右舷胴の間の新井さんの12匹。食いの良かった前半に2.25mのアカムツ竿を置き竿にして船の揺れでナチュラルな誘いをかけて数を伸ばしたのが勝因か。10人の平均釣果は6匹とまずまず。ムツ釣りはこれからが本番!(10月まで楽しめる)“ゲスト”で釣れたクロシビカマスは三枚に卸し、皮についた身をスプーンで集めてネギを載せて卵を落として食べたら絶品。あっさりとしたネギトロのような感覚で食べられるので是非お試しを!

クロシビカマスも良型が出た!
ムツもヒット!
良型のムツもラストでヒット!
良型のキントキも浮上した
美味!クロシビカマス丼

(吉田洋一郎)

今回利用した釣船
静岡県網代『つちそう丸』
〒413-0103 静岡県熱海市網代435
TEL:0557-68-2469
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
つちそう丸ホームページ
出船データ
※「平成29年度 熱海海上花火大会」は、8月18日、20日、24日に開催。HPで検索すればその後の日程も確認出来る。
半夜ムツ船:午後5時集合 午後11時半沖上がり
(1万3,000円(税込)餌1パック・氷付き)
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ