北山丸・千葉県洲崎港

2018.2.15号

千葉県・南房、洲崎沖の“マハタ五目”!今からが面白い!

04_main.jpg

活イワシの“泳がせ釣り”で狙う千葉県・南房、洲崎沖の“マハタ五目”の釣果が右肩上がりになって来た。洲崎港『北山丸』の北山茂樹船長は、「過去の統計から、2月頃からが大型のマハタが釣れる可能性が高い」と言う。期待に胸を膨らませて出掛けた。

房総半島最南端・洲崎沖へプチ遠征

停泊中の「北山丸」。さあ、乗船だ

東京方面からは、富津館山自動車道路を富浦ICで降りるのが便利だ。早朝なら館山の街並みを抜けて、県道257号線(房総フラワーライン)を通り30~40分で洲崎港に到着する。船長は、「出船時間は日の出時間によって変わりますが、今は6時15分です。30分前には集合してください」とのこと。港の真ん前まで進み、『北山丸』に併設の素泊まりもできる『喜多山旅館』看板前の駐車場に車を停めた。ここが集合場所。受け付けを済ませて氷を貰い、台車を借りて荷物を船まで運んで乗船。定刻より少し遅めにナギの洲崎沖へと出船した。

集合場所。この奥に受け付けがある
『北山丸』の受け付けの入口
暖かい室内で乗船名簿を記入

開始早々、早速“本命”マハタが浮上!

朝一、茨城県龍ヶ崎市の菊池さんに“本命”マハタが釣れた!

まずは航程15分程の近場から開始。投入時の水深は50m前後。刻々と変化する水深を船長は丁寧にアナウンスしてくれる。「53~54mまでストンッと下がります」(船長)。その後もどんどん深くなり、60m以上になるとのことだ。右舷大ドモ(船尾)の茨城県龍ヶ崎市の菊地さんにアタリ!駆けつけると1kg前後のマハタが釣れていた。まさに船長が「ストンッと下がります」とアナウンスした辺りで食ったらしく、タナは「底から3mくらいでしたよ」。船長は、「マハタは餌を獲るとき、巣穴に隠れて待ち伏せるのではなく、巣から出て上を見ていて、上にある餌を補食する」と言う。なのでタナが低いと食いが悪い。マハタ釣りではタナ取りがとても大事なのだ。

リールは中型、親子サルカンを用いた胴突き仕掛けで釣る
ポイントに向けて走る
菊地さんが釣ったマハタ
【動画】大物狙いで!マハタ五目釣り

マハタ!?ヒラメ!?アタリの見極めが難しい

左舷ミヨシ(船首)の千葉県白井市の太田さんに良いアタリがあった。ゴツゴツッという前アタリからギューンッと絞り込まれ、竿を立てて合わせたが、痛恨のすっぽ抜け。「ヒラメだったかもね」と、船長がアナウンス。後から太田さんに伺うと、「マハタとヒラメとでは合わせのタイミングが違うんですよ。ヒラメはじっくり待つが、マハタは待ち過ぎると根に持って行かれてしまう。今のはヒラメでしたね」。どちらが食いついたかの見極めはベテランでも中々難しいと言う。だからこそアタリを見極め、合わせが決まり、強い引きに絶え、根から引き離すことに成功したときの喜びは大きいのだ。

太陽が昇り始めた
ヒラメだったのか!?合わせのタイミングが早かったようだ
千葉県白井市の太田さんが釣ったアヤメカサゴ

船長直伝“マハタ釣りのコツ!”

洲崎港『北山丸』の北山茂樹船長

船長から教わったコツをいくつかご紹介。「潮が速い等でタナがよくわからない時は、1度5m前後巻き上げてゆっくり下ろし直してみてください」。こうすると、糸フケが直ってタナが取れるようになるだけでなく、下ろし直す途中にズドンッと食いついてくることもあると言う。また、「誘いとしては、少しずつタナを上げていく」。すると、マハタもそれに釣られて浮いてきて、ある水深以上になると急に飛びついてくることがある。「5m程度上でも食って来ますよ。マハタはそれほど速く泳ぐ魚ではありません。だから、動かし方はマハタのスピードに合わせて“ゆっくり”とか“少しずつ”がいいんです」。

仕掛け図
活きイワシにハリを刺す
魚探に良い反応が出て来た

ラストスパート!“時合”が来たぞ!

2.3kgのヒラメ!足立区の山田さん、お見事です

終盤、“時合”が来たのか魚の活性が急に上がった。左舷大ドモ(船尾)の足立区の山田さんには2.3kgのヒラメ!右舷ミヨシの横浜市の福永さんらには良型のアヤメカサゴが。私にも1kg前後のマハタとイナダがビギナーズラックで来てくれた。船長の話では、過去の実績からマハタは2~4月がいいと言う。サイズ的には3kg前後から6kgオーバーが期待できる。過去には4人同時ヒットで、うち3人が“本命”をゲットということもあったと言う。更にイワシの群れが南下してくれば“鳥山”ができ、その下には活性の高いマハタや渡りのヒラメだけでなく、様々な魚が付いていて思わぬ大釣りになることもあるそうだ。洲崎沖の活イワシの“泳がせ釣り”の“マハタ五目”は、今最も面白いシーズンに入った。

右舷ミヨシの横浜市の福永さんにはアヤメカサゴが!
「ジギングしてみたらホウボウが来た」と山田さん
初心者の私にも1kg前後のマハタが釣れた!
良型のイナダまで来てお土産十分
朝一の菊地さんのマハタ、見るからに美味しそう!
山田さんのクーラー、良い“寒ビラメ”だ!

(釣りビジョンAPC・岩見忠弘)

今回利用した釣船
千葉県洲崎港『北山丸』
〒294-0316 千葉県館山市洲崎1378
TEL:090-4543-3873
定休日:毎月第2・4水曜日(祭日の場合は翌日)
詳細情報(釣りビジョン)
北山丸ホームページ
出船データ
マハタ五目乗合(完全予約制)
料金=1万2,000円(餌・氷付き)
レンタル=貸し竿 1,000円
集合=5時45分(出船の30分前)
出船=6時15分(11時30分頃沖上がり)
※出船は日の出時刻によって変わるので、詳細はお問い合わせを