梅花丸・千葉県飯岡港「千葉県・飯岡沖の一つテンヤマダイ、数釣りシーズン突入!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
スカパー!加入ガイド:釣りビジョン

梅花丸・千葉県飯岡港

2018.05.01号

千葉県・飯岡沖の一つテンヤマダイ、数釣りシーズン突入!

千葉県・飯岡沖と言えばマダイの好釣り場として知られた所。しかし、昨年からその飯岡沖ですら芳しくない釣果が続いていた。2年程前までは「マダイが、クーラーに入り切らない!」などという贅沢な状況だっただけに昨年の不調にヤキモキしていた。ところが、4月に入った頃からマダイは“完全復活”。飯岡港『梅花丸』の梅花亮佑船長は、「魚群探知機にマダイの反応がビッシリ。やっと胃の痛みが取れそうです」と話す。4月21日に飯岡港に向かった。

一つテンヤは、高いゲーム性が魅力!

大きな看板が目印の『梅花丸』

マダイ釣りは、日本人に最も馴染み深く、歴史の永い釣りの一つ。地域に根付いた数多くの釣り方が確立されているが、その中でも最も新しく人気が高いのが「一つテンヤ」。糸の先に付ける仕掛けはオモリとハリが一体となったテンヤのみというシンプルな仕掛け。余計なものを一切省いているので、マダイが掛かるとそのやり取りはダイレクト。ルアー釣りの高いゲーム性と餌釣りの釣果を合わせ持った釣りなので人気が出るのも頷ける。

午前船、午後船ともにホワイトボードで釣り座を確保
屏風ヶ浦上から見た飯岡港
この坂を下りたところが港

午前船は3日前に満船の大人気!

駐車場に車を停めて出船まで準備

『梅花丸』は、一つテンヤマダイに最も精通した船宿の1軒で、周年乗合船を出している。最近の「飯岡沖、好調!」の報せを待ちに待っていたマダイフリークが多いのは間違いない。釣行日が土曜だったこともあり、3日前に午前船は既に満船。午後船も残り僅と言った人気ぶり。午前、午後通しで楽しもうと目論みは崩れ、午後船のみとなった。集合は午前11時。都内からだと2時間程なので、渋滞を見込んで8時に東京・多摩地区の自宅を出発しても十分間に合う。土曜日に釣り船に乗ろうと思うと金曜夜の飲み会を諦めざるをえないケースも多いが、この時間なら金曜日は心配無用でいい。

午前船の帰りを待ちます
午前、午後入れ替わりで港は混雑
港前にそびえ立つ屏風ヶ浦の絶景

魚群探知機には、マダイの色濃い反応が

「第11」と「第15」の2隻の梅花丸

10時半過ぎに船宿に着くと既にほぼ全員が受け付けを済ませていた。船宿から車で数分の港に移動して、タックルの準備をしながら暫く待機。午前船の帰港を待つ。午後船のメリットは午前に出た船長が反応を確かめた後のポイントにすぐに入れる事。この日の午前船は最近には珍しく、釣果にあまり恵まれなかったようだが、魚群探知機には色濃い反応がいくつもあったそうだ。潮の流れ次第でいつ好転してもおかしくないとの事で、迷わずに港から40分程のポイントを目指す。

安全に桟橋から乗り降り
認定ライフジャケットがない場合は必ず船宿で借りよう
餌のサルエビ

着底が分かるオモリを選択

仕掛け図

最初のポイントは水深30m程。スピニングリールを利用するこの釣りは、電動リールのようなカウンターはない。6~10号のオモリの着底を船長からの水深の情報と、PEラインの10m毎の色の変化を使って全神経集中で確認する。着底が分からないと釣りにならない。オモリの重さはあくまで目安なので、最初に選択したオモリでは着底が分からないようならば迷わず重くした方がいい。着底を確認出来れば後は底近辺で集中的に上げ下げの誘いを入れるだけ。

綺麗に整理されたテンヤ。状況に応じて重さ、カラーを選ぶ
魚群探知機には色濃いマダイの反応
活きエビを持参するこだわりの方も(注:飯岡地域は活きエビはやっていないので船宿に準備はない)

まずはホウボウでスタート

満船の人気

実釣開始30分。魚群探知機の反応とは裏腹にアタリが遠い。この反応ならばすぐにでも食いそうなものだが…。水温計は16.7度とマダイにとってはいい塩梅。とすると後は潮の流れだけ。何かがマダイの気に入るものではないのだろう。色々な言い訳に気をまわしていた矢先に右舷で本日最初のアタリ。力強い引きだが上がって来たのは残念ながら嬉しい“外道”のホウボウ。その後もアタリあるものの上がってくるのはどれもホウボウ。しかも40cmを超える良型が多い。

最初の獲物は良型ホウボウ
こちらのホウボウも良い型です
“外道”と呼ぶにはもったいない釣れっぷり

続いて訪れたのはハナダイラッシュ!

続いてハナダイのラッシュ

“本命”が口を使わないために場所を移動。その場所でやっと出た「三段引き」。しかし、残念ながらタイはタイでもハナダイ。しかもおでこが出た良型の“デコダイ”が多いのだが、“外道”は“外道”だ。何とももどかしい時間を過ごすが釣行開始2時間強。ここでやっと来た“本命”。右舷トモ(船尾)の野澤健太郎さんのロッドを弓なりに撓らせたマダイは800g級。これを皮切りに船中でポツリポツリと“本命”が顔を出すようになった。

おでこの出た“デコダイ”は大きなハナダイのしるし
立派なハナダイです
尻尾の先に黒い淵がなく、エラに赤い血の様な色が入るのがマダイとの見分け方

夕マヅメでマダイのアタリ集中

この日は、マダイよりも“外道”が優勢。ホウボウ、ハナダイ、マハタ、ヒラメ、カサゴと“外道”のオンパレード。その中に交じって“本命”が顔を出すと言った具合。どうも最近の中ではかなり“本命”の元気がない。陽も段々と傾いてきた午後4時前。私も竿を出して参戦すると、着底と同時にアタリ。上がって来たのは何とマダイ。船中でアタリが増えて夕マヅメ時合を楽しむ。結局、この日の盛り上がりはこれで終了。“ツ抜け(10匹以上)”が多かった最近の釣果にしては寂しく、トップの野澤さんが4匹だった。

嬉しい“本命”のマダイ
初のマダイ釣りで“本命”をゲットです
マダイが釣れました
一日コンスタントにハナダイは交じった
こちらもおでこが出たジャンボハナダイ
夕方はマダイの時間
【動画】色々釣って楽しみタイ!ひとつテンヤゲーム

釣行2日後にトップ31匹の大爆発!!

繰り返しになるが、マダイの反応は色濃く出ている。釣れない理由は何だったのか?考え出すとキリのない疑問ではあるが、いつ爆釣に転じてもおかしくないという思いを持ちながら帰宅した。するとその2日後、梅花武幸船長から届いた報せがなんとトップ31匹の報。「やはり…。あの反応を見ればこうなるのは分かっていたんですよ。それほどの濃い反応だったから…」。
だが、当日帰宅して釣果のマダイを捌くと、この時期なのに真子も白子も入っていない。東京湾では既に“乗っ込み”フィーバ―に沸いているのに…。飯岡沖は遅れている様だ。逆に言えば、その乗っ込み前でもうこの釣果。「今シーズンの飯岡沖は期待できる!」と確信した。

マハタは嬉しい“外道”です
美味しそうなマダイです
さすがはマダイ。綺麗な色です
“お土産”には十分な釣果
亮佑船長の弟の政輝船長が上乗りで乗ってくれて助かりました
フットワークが軽く、非常に優しい梅花亮佑船長。初心者も安心

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
千葉県飯岡港『梅花丸』
〒289-2705 千葉県旭市飯岡2563-5
TEL:090-2155-0500
定休日:毎月第2火曜日
詳細情報(釣りビジョン)
梅花丸ホームページ
出船データ
一つテンヤ・マダイ乗合
料  金:予約時確認の事
集合時間:午前船…午前4時、午後船…午前11時
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ