二三丸・千葉県片貝港

2018.9.1号

千葉県・片貝沖の“夏ビラメ”、船中95匹大爆釣!!!

01_main.jpg

8月1日の“部分解禁”で千葉県・片貝沖の“夏ビラメ”が開幕した。フィッシュイーター(魚を餌にする魚)の代表格として人気が高いヒラメ。これから外房各地で“解禁”を迎え、ヒラメフリークを虜にする。海水温が高い夏は、ヒラメの活性も高く、数が期待出来るだけに特に人気が高い。開幕後2週間目に出掛けた片貝港『二三丸』の釣果は、今シーズン最高の船中95匹の大爆釣!だった。

今年の“夏ビラメ”はサイズがいい!

夜でも見やすい『二三丸』看板

ヒラメ釣りに造詣が深い『二三丸』の小倉忠船長は、「開幕後3日程はあまり数が出ずやきもきしたけど、その後は“お祭り”モード。今年はサイズもよくてソゲクラス(1kg未満)はあまり交じらない。アベレージで1.5kg位じゃないかなー」と話す。数だけではなく、型も楽しみだ。

宿横のマグネットボードで釣り座確保
乗船名簿に記入して乗船
乗り降りも安心のはしご

オモリ40号のヒラメ釣り!

餌のイワシを積み込んで出船

船長の「遊漁船は遊びだから、徹底的に楽しくなければ」という思いから『二三丸』のヒラメ船はオモリ40号を使用したLT(ライトタックル)が基本だ。オモリを軽くする事で魚とのやり取りがダイレクトに伝わるのでより面白くなる。この仕掛けなら、投入後に海底でイワシがヒラメに怯えて暴れる様子まで伝わって来る。「もっと軽いオモリと細い糸でやりたい」という釣り人もいるそうだが、『二三丸』では40号以下のオモリとPE1.5号以下の道糸は推奨しない。何故ならこれより軽いと餌のイワシがオモリを引っぱってしまいオマツリの原因となる事と、片貝沖は根掛かりが多いので道糸が根ずれしやすくなるためだ。

船着き場の目の前が駐車場
『二三丸』船宿
沖で迎える日の出

枝スは短めでOK!

仕掛け図

もう一つ特徴的なのが船宿推奨仕掛け。捨て糸が30cm、枝スが55cmと短い。最近のヒラメ釣りは横流しで釣ることが多く、タナキープのために必然的に枝スが長くなる。しかし、横流しだと潮が速いとオモリを重くせざるをえない。オモリ40号に拘る『二三丸』では、エンジン流しが主流となり、横流しのように枝スを長くする必要がないのだ。

船でも購入可能な仕掛け
餌は活イワシ
LTタックルなら片手で楽々

船長が全員に釣らせるように船をコントロール

横流しのメリットは、ポイントに横から入っていくので釣り座に関係なく釣果を見込める事。船長が左右どちらから入るかを1日の中で案分して不公平感をなくすことが可能だ。「公平に釣らせるにはエンジン流しは不向きではないか?」と言うのは全くの間違いで、ポイントを知り尽くす船長が、ポイントに一番おいしく入る方法をコントロールしている。釣れる度に船長は数をカウントして、この釣り座が釣れていないなと思うと、そこが一番おいしいポイントを流せるようにコントロールしているのだ。実際、『二三丸』の釣果を見ると驚くほどバラつきが少ない。平均的に釣果が出るというのは実に嬉しい。

目を隠すとイワシが静かになります
親バリを鼻に。孫バリは腹掛け
根がきついエリアも攻めます
朝の第1投で芳賀さんに“本命”
朝一は小ぶり中心
息子も朝の1投で“本命”

第1投からトリプルスタート!!

この日は“お盆休み”後半と言うこともあり、多くのヒラメフリークで満船状態。私も夏休み中の息子を連れての乗船。まずは前日に数が出たポイントで午前5時半にスタート。いきなり第1投からだった。船中3カ所でほぼ同時にヒット!「ヒラメ40」は、どこ吹く風で着底と同時に竿が引き込まれた。右舷ミヨシ(船首)の芳賀和斗さんはゆっくりと竿を立ててしっかりフッキングさせた。ソゲサイズだったが嬉しいスタートだ。

息子は5連続キャッチ!

船中でアタリが続いた。圧巻は息子の大輝。コンスタントにヒラメのアタリを拾い、朝の1時間で5連続キャッチ。しかし、不思議な事にこの日は「今シーズンあまり交じらない」(船長)ソゲ級が多い。前日まで同じポイントで“型物”を釣り上げていたので船長も首をかしげる。数は出たので今度は型を狙って10分程移動。

無残にもヒラメの歯形が
ヒラメの魚体
【動画】開幕からラッシュ!LTヒラメ釣り

中盤からサイズが上がり2.7kgも顔を出す

サイズアップ

右舷トモ(船尾)で竿を出す藤崎彰人さんが首をかしげる。アタリはあるのだが掛からない。上げてくるとイワシの首の上だけかじられている。「スミイカでもいるのか?これじゃ釣れる気がしない」と言っていた藤崎さんだが、中盤から“爆釣”モード突入。立て続けに「乗ったー!」の声が聞こえてくる。しかもこの時間になり前評判通りの良型メイン。数こそ朝イチよりペースは落ちたが、船中の桶がヒラメで埋まっていく。午前8時半には左舷の金岡伸彦さんにこの日最大の2.7kg。このあたりから2kgクラスも何匹か顔を出した。

中盤以降は良型が頻繁に交じりました
2kgオーバーの良型
こちらも2kgクラス

船中95匹!!今シーズンレコード

船中で50匹程のヒラメが上がり、残りのイワシも少なくなってきた頃。「あと1時間位かな?」と船長が呟いた後は圧巻だった。実はここは朝に小型ばかりだったポイント。何人同時ヒットしたのか数える事ができないラッシュ。まさにヒラメのお祭り騒ぎだ。1時間で一気に40匹程上がった。終わってみれば船中95匹の今シーズン最多レコード。藤崎彰人さんと、息子の大輝がそれぞれ9匹釣り上げてトップ。サイズは金岡伸彦さんの2.7kgがトップだったが、2kg以上のサイズを上げた人も結構いた。

“ゲスト”でマハタも来た
温和な小倉忠船長が釣り方を教えてくれるから安心
「第1二三丸」
沖上り後は小倉船長が反省会でいろいろ教えてくれます
九十九里名物、イワシの胡麻漬けは絶品の味
併設の酒井水産で購入可能です

今年も片貝沖のヒラメは楽しめそうだ!

この状況を見るに船中で束(100匹)も近いうちに達成されるだろう。今年の片貝沖の“夏ビラメ”は数だけではない。サイズもコンスタントに良型が出ているので本当に楽しめる!!

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
千葉県片貝港『二三丸』
〒283-0102 千葉県山武郡九十九里町小関2347-12
TEL:0475-76-9957
定休日:第2・第4金曜
詳細情報(釣りビジョン)
二三丸ホームページ
出船データ
ライトタックルヒラメ乗合船
料金:1万2,000円(税込)(活餌・氷・軽食付き)
出船:午前4時00分集合 4時30分出船
貸し道具あり