深川吉野屋・東京都深川

2018.9.15号

目指すはドラゴン級!“好釣”続く、東京湾のルアー・タチウオ

04_main.jpg

タチウオのサイズを表す言葉で、体高を“指何本”と表現する事が多い。その中で特に“指5本”を超える大型タチウオはその容姿から「ドラゴン」と呼ばれる。今年の東京湾で釣れているタチウオは型が良く、連日ドラゴン級が上がっている。東京都・深川の船宿『深川 吉野屋』に出掛けた。

下町らしい建屋

出船時間は午前7時、平日の早い時間と言う事も有って首都高は渋滞もなく順調に9号深川線・木場出口まで到着。木場から『深川 吉野屋』までは僅か5分というアクセスの良さ。ナビに従って行くと道路沿いに看板が見えてくる。5時45分に到着すると既に多くの釣り人が道具を下ろし受け付けが開くのを待っていた。6時前に電気が灯り受け付けが開始された。建屋は一見船宿には思えない作りで、入口には暖簾、中に入ると和風の設えと実に下町らしい。駐車場は直ぐ近くにあり、スタッフが居るので指示に従い駐車を行う。事務所脇の通路にはライフジャケット、トイレ、氷置き場、レンタルタックル、洗い場と分かり易く並んでおり、通路を抜けると船着き場、突き当りのフェンスには看板があり乗る船が一目で分かるようになっている。とてもよく考えられてる動線だ。

『深川 吉野屋』の看板
入口には暖簾
受け付けも和風で綺麗
駐車場にはスタッフが案内してくれる
タチウオ用ジグも買い足せる
船宿お勧めアシストフック
受付脇の通路奥に船が係留
レンタルタックルも充実
船着き場には釣物ごとの看板

運河を下り、遊覧気分を味わいながら釣り場へ

船に乗り込むと既に殆どの人が乗船済みで、自分を含め19人と平日とは思えないほど賑わっている。右舷10人、左舷9人の乗船だが大型船の為、左右スペースには余裕がある。準備をしていると大森健吾船長から「潮が速いのでジグは120gで。準備出来ていれば出発します」とアナウンス。予定より早い6時35分「第二十三 吉野丸」は“ドラゴン”を仕留めるべく出船した。船は高層ビル群を見ながら豊洲運河を下り東京湾へ、運河内はゆっくり進むのでちょっとしたクルージング気分、海へ出てから釣り場までは1時間程、キャビンも前後に2箇所あり、広く綺麗なので長時間の移動でも快適だ。

「第二十三 吉野丸」
ジグを選ぶのも楽しい
後方キャビン、広く綺麗

予報通り、強風の中スタート

8時15分、猿島沖に到着。天気は曇りで、海上の風は15mを超える予報通りの強風が吹いていた。「じゃあ、始めましょう68m、底から15m探って下さい」と言う船長のアナウンスでスタート。すると開始早々左舷大ドモ(船尾)の坂戸哲さん(東京都江東区)がヒット、豪快に引き抜いて船中1号が上がった。しかし、その後はアタリがなく直ぐさま小移動。少し浅瀬への移動が大正解でここから船中が賑やかになった。
右舷トモでは山田正和さん(東京都江東区)、小松新太郎さん(東京都江東区)に同時ヒット、すぐさま高山季史さん(埼玉県越谷市)にもヒット、群れでいるタチウオらしい釣れ方だ。ポイントを流し変えるたびにヒットは続き、左右ミヨシ(船首)側では常連の青山光伸さん(東京都品川区)、今年からタチウオ釣りを始めたという横澤誠史さん(東京都東村山市)が数を伸ばし良型も釣り上げ、更に普段はマグロ釣りを楽しんでいると言う宮内直樹さん(東京都三鷹市)も釣り上げた。
曇り空、2日前に台風21号が通過、濁った潮が入っているのか、ジグはピンク、赤金の明るいカラーに良い反応が出ている。誘い方はワンピッチジャークが基本でスピードは速めの方が釣れていた。

船中1号 坂戸さん
まずは1匹目 山田さん
見事口にヒット 高山さん
良型! 青山さん
こちらも良型 横澤さん
まだまだ釣るぞ 宮内さん

風は更に強く、活性も更にアップ

風は強さを増す中、干潮から上げ潮になり魚の活性は更にアップ!船中同時に釣れ出し、1人では撮影が追い付かない状態に。左舷胴の間(中央)では花井卓一さん(埼玉県戸田市)、武田学さん(千葉県柏市)、小野寺伸定さん(東京都板橋区)にヒット。小野寺さんは“指5本”サイズのドラゴン級を釣り上げた。右舷トモでは山田さんの釣り仲間、この日がタチウオのジギングに初挑戦の山本元也さん(東京都練馬区)、更に右舷胴の間では船宿まで自転車で来ていた地元の平谷文明さん(東京都江東区)、あちらこちらの釣り座で釣果が伸びていった。ただし、潮の流れが速い為、オマツリも頻発。上乗りさんが乗船してくれたので、オマツリした際は素早く対応してくれる。更にレンタルタックル使用の人には予備のタックルを持って来てくれて、ラインブレイクした際は予備を渡し、ラインを組直しをする事無く釣りを楽しめた。

食べ頃サイズ 花井さん
こちらも良型 武田さん
指5本サイズ!小野寺さん
ジギングで初タチ 山本さん
笑顔がこぼれる 平谷さん
上乗りさん、頼りになります

数、型とも好調、しかし強風が…

好調の波に乗るべく私も竿を出した。しかし、タチウオからの活発なアタックで、いきなりのラインブレイク。タチウオの鋭い歯は50lbのリーダーをいとも簡単に切ってしまう。それでも波に乗り遅れる事無く良型を釣り上げる事が出来た。周囲も確実に釣果を伸ばし好調が続く、ドラゴン級も交ざり良い感じだが、風は強くなる一方。通常なら後半に“青物”を狙いに行くそうだが、この日は強風の為、このままタチウオを狙う事となった。その後、更に活性が上がり釣果も伸びて、この日の釣行は終了となった。

船中最大級 小松さん
この歯は危険!取り込み時は注意を
皆さん豪快に引き抜き
ヒットカラーはどれかな?
探見丸スマートにはしっかりタチウオの反応が
青山さんのクーラーにはタチウオがビッシリ

釣果を伸ばすポイントは?

台風通過後、しかも白波が立つ強風の中だったが、終日“好釣”そのもの。“指5本”のドラゴンも数匹交じって7~30匹の成績。「その日その日でパターンが変わるからね。釣れている人を真似るのが一番だね」と船長。それならばと“竿頭”となった横澤さん、小松さんにこの日のポイントを伺った。「カラーをローテーションした時にアタリが良く出ましたね」と横澤さん。「パターンを見つける為、基本カラーとなるジグから、その日の釣れるカラーを見つけます」と言うのは小松さん。やはりジグのヒットカラーを早く見つけるのがポイントのようだ。東京湾では初夏から初冬まで楽しめるタチウオ釣り。鱗も無く捌くのも簡単、そのフワフワの脂の乗った身はとても美味しい。特に天ぷらお勧めですよ!

人当たりの良い大森健吾船長
使用タックル
仕掛け図

(釣りビジョンAPC・森住貴義)

今回利用した釣船
東京都深川『深川 吉野屋』
〒135-0042東京都江東区木場6-15-11
TEL:03-3644-3562
定休日:毎週火曜日(祝日の場合営業)
詳細情報(釣りビジョン)
深川 吉野屋ホームページ
出船データ
ルアー・タチウオ乗合
乗船料金:男性9,800円、女性・高校生:7,500円、中学生以下:5,000円
出船時間:7時/帰港時間:16時00分頃
※レンタルタックル(1セット500円)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。