幸丸・千葉県飯岡港「千葉県・飯岡沖の一つテンヤマダイ、大ダイのチャンス!!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

幸丸・千葉県飯岡港

2018.10.01号

千葉県・飯岡沖の一つテンヤマダイ、大ダイのチャンス!!

軽いテンヤに細いライン。ダイレクトな引きを楽しめる一つテンヤマダイ。千葉県・飯岡沖で「秋の大ダイ」が出始めた。兎に角、大ダイのパワーは凄まじく、ライトなシステムを最大限に引き出してファイトするのがこの釣りの醍醐味。ヒラメも好調で数も出ていて悩んだが、取材前日に7kgオーバーが出たと聞いては、「ここは一発勝負!」とマダイに決定。飯岡港『幸丸』で大ダイを狙った。

前日に大ダイ4匹!!

自宅の横浜から飯岡港へは幾つかのルートが有るが、リーズナブルコースでよく利用するルートは、首都高速から東関東自動車道に乗り継ぎ、大栄ICから一般道で飯岡入りするルート。約2時間、午前3時半に到着した。向後嗣一大船長が迎えてくれた。「山口さん、どっちにしますか?」との問いに「凄く迷ったのですがマダイにします」と答えると、「実は昨日、大ダイが4匹上がったんですよ。「頑張ってください。」と笑顔で送り出してくれた。港に移動して舵を握る恵一船長に状況を聞くと、「ラインブレイクも多く、かなり大きいのも居る感じです。大型だけを狙っていきますので捕れるといいですね」と、ポイント的にも自信が有りそうだ。ただ、この日は予報が悪く、雨でウネリも入る予報。天候が崩れる前にビッグワンを仕留めたい。そんな思いを込めて7人のアングラーは、入念に準備を開始した。

『幸丸』に到着
券売機で乗船券を購入する
準備に余念がないアングラー

大ダイの雰囲気が伝わる飯岡沖!

午前5時に出船、最初のポイントまで船はゆっくり進み航程約30分。同乗しているアングラーに話を聞いてみる。右舷大ドモ(船尾)の馬場茂雄さんは偶然、多摩川などのイベントで『公財・日本釣振興会』のお手伝いをされている方で、船釣りでルアーがメインながら、一つテンヤも大好きとの事。「山口さん、ハリス何号にしましたか?昨日大型がかなりヒットした様ですね」とラインシステムを改めて見直している。他のアングラーもノット、結び等のチェックに余念がない。この「大型が…」と言う言葉に各アングラーが同じ思いで集中する姿は何度見ても良い光景だ。

ポイントに到着、一発大物勝負!スタート

薄暗い飯岡沖、漁礁周りのポイントに到着。船長の合図で一斉にスタート。水深は20m。両舷で潮先、潮下と状況が異なる為、テンヤの重さも、5~8号と各自のセッティングが異なっている。キャストしてゆっくりとテンヤを沈め、底を確認する。このセッテイングが「カギ」で、テンヤの重さを細かく調整しながら、その日のコンデションに合わせる。暫くすると右舷の胴の間(中央)で、先輩に誘われ、今回船釣り初挑戦と言う木村勇樹さんが「あれっあれっ」と竿に違和感を感じた様子。「合わせて!」と船長の声が響く。合わせが決まりビッグファイト。ラインも出され竿を叩く引きは間違いなくマダイ。しかし、タモが用意された瞬間、「あっ!」。残念ながらラインブレイクしてしまった。「引きが凄いね」と馬場さん。明るくなってくると竹川さんにヒット。これもかなり強い引き。見事なやり取りで上がったのは良型のイシダイ。これはこれで最高な“ゲスト”だ。「ヒットしたよ」と振り返ると左舷の大ドモで3kgクラスのマダイが取り込まれた。見事“本命”を上げた加藤さん。「底を確認しながら誘い続けていたらヒットしました」と嬉しそう。ミヨシ(船首)の奥さんにもヒット。上がってくると「赤い!マダイか?」と思ったが、タモに入ったのは良型のコブダイ。この後小型マダイが数匹上がった所で大きく移動した。

仕掛け図
テンヤのレパートリーは多めに用意
大型の雰囲気が漂う飯岡沖・キャストして探る
フォールの微妙な感触を掴む
竹川さんに良型イシダイ
加藤さんが見事3kgクラスのマダイを上げる
奥さんにコブダイ
竹川さんがヒラメをゲット

ドラマが待っていた後半戦

水深30mのポイントへ移動。朝、大型を逃してしまった木村さんにキダイがヒット。「色が違いますけど引きました」と嬉しそう。この時、馬場さんにもヒット。大型の引きだったがブレイク。更にミヨシで船長の弟、直樹さんも大型をバラしてしまった。タックルも限界に近い状態でのファイトに持ち込まれてしまう。見所としては最高なのだが…。その後、コブダイやヒラメ、ハナダイ、珍しいクマサカフグなど多彩な“ゲスト”が顔を出す。「ここメタルジグが良いんですよ」と“鯛メタル”を用意し、操船を直樹さんと変わって恵一船長がキャスト。なんと1投でヒットした。どう見ても良型の引き。メタルジグ対応のロッドシステムで見事に4kg級の良型マダイを上げた。お見事!!

色々釣れて楽しいと、木村さんがキビレを上げる
馬場さんにも大型がヒットしたが…
村越さんは珍しいクマサカフグを上げた
私もハナダイ
向後恵一船長が、“鯛メタル”で4kg級のマダイをヒットさせた
【動画】一発大物狙い!ひとつテンヤゲーム

この日一番の引きだったが…

最後に朝の漁礁回りに戻った。ウマヅラ等がヒットして楽しんで居た所、加藤さんの奥さんにこの日一番の引き。「これは来たんじゃない?」と前日7kgが上がったポイントだけに期待が掛かる。しかし、あと少しの所でテンヤの孫バリが粉砕してしまい姿を見ることは出来なかった。ここで沖上がりの時間となった。釣果は残念だったが、ビッグワンの可能性が高い飯岡沖のマダイ。釣果はマダイの大型狙いだったので0~3匹だったが、多彩な“ゲスト”も交じって楽しめた。シンプルなタックルで大型一発勝負!これから暫く大型狙いとの事。この面白さ、是非楽しんで頂きたい。

細かいセッテイングで幅が広がる

テンヤは号数や形状の違いで沈降速度が変わるので、様々なタイプが有ると有利。軽めが有利な場合が多いが、3号から10号位までマージンをもって用意したい。また軽めのテンヤを使う場合は、餌になるエビの大きさでも沈むスピードを調整が出来る。例えば3号のテンヤに小型のエビを使い、抵抗を減らして沈むスピードを若干速くしたり、4号に大きめのエビで抵抗を掛けてゆっくり沈める等々細かいセットが効いて来る釣りである。

餌のエビでテンヤとのバランスを変えられる
下船後の昼食サービスはありがたい

(釣りビジョンAPC・山口充)

今回利用した釣船
千葉県飯岡港『 幸丸』
〒 289-2705千葉県旭市飯岡3374
TEL: 0479-57-2258
定休日: なし
詳細情報(釣りビジョン)
幸丸ホームページ
出船データ
一つテンヤマダイ
午前:男性1万1,500円 女性・中学生以下6,500円 ※エサ付き
午後:男性1万円 女性・中学生以下6,000円 ※エサ付き
出船時間:午前4時集合 午前5時出船
レンタルタックル 有料 500円~
氷1ブロック無料
素泊まり3,000円
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ