Fisherman Dreams DI・兵庫県相生

2018.11.1号

兵庫県・相生沖!瀬戸内海のティップランエギング開幕!

05_main.jpg

秋は様々な釣りものがあり、釣り人もターゲットを絞るのに苦労するうれしい季節。アオリイカもそんなターゲットのひとつだ。秋の数釣りシーズン突入に合わせ、兵庫県・相生港に拠点を置く『Fisherman Dreams DI』へ出掛けた。

生憎の雨予報の中、出船

この日の集合時刻は午前6時。30分前に到着すると、岡田真太郎船長が手際よく準備をしていた。本来、開幕直後の10月はじめに取材予定だったが、台風で延期を余儀なくされてしまった。また、この日も直前に天気予報が変わってしまい生憎の雨予報。出船前から降る雨に「今年は天気に泣かされますね」と互いに苦笑する中、早々に釣り人5人が揃って出船した。

「DI.jr艇」。何気に明るいと思ったら足元に間接照明が装備!
乗船名簿
イカ墨で汚れた時はこのバケツで流そう

専用船『DI.jr艇』で出船!

今回は「DI.jr艇」で出船。Jr(ジュニア)と言っても侮れない。専用船というだけあって、釣りがしやすいように設計されている。注目はオートスパンカーだ。ブラックバス釣りのボートでよく聞く“エレキ”と言えば分かる人もいるかも知れない。そして釣り座となるデッキも広く、釣りがしやすそうだ。ピンポイントを攻められる「DI.jr艇」は、水潮を気にしながら数あるポイントの一つである家島周辺へ向かった。

今回は午前便だったが、ナイト便でも安心して釣りが出来るデッキ!
オートスパンカーでピンポイント攻略!
使いやすいロッドホルダー!

深いところで水深30m

ポイントに着き、船長のアナウンスでまずは第1投。水深は20mからカケ上がる。私は磯や堤防からのエギングしかやった事がない為、ティップランと聞けば縦の釣りというイメージが強かったが、ミヨシ(船首)の川田悟嗣さんは軽くキャスティングしていた。船長にキャスティングの優位性を聞いてみたところ、「エギングエリアに深い場所が少ない為、ポイントを知る川田さんはポイントを見てキャスティングしている」との事。更に掘り下げて聞けば、「基本的にはどのポイントでもキャスティングで広範囲を攻める方が有利。タイトに攻める場合は私からも指示を出しますので安心してください」と船長。また、使用するエギのサイズは3~3.5号、ウェイトは20~25gの軽めが理想的だという。

仕掛け図
カラフルなエギが並ぶ
こちらは船長のエギングタックル

軽い誘いでヒット!

川田悟嗣さん。スローなアクションに変更して釣った1杯!

暫くはアオリイカの反応が無く、止む気配のない雨がレインウェアを叩く音に、テンションも下がり気味。とはいえ秋の数釣りシーズン。そのうち誰かにヒットするだろうと思っていると、胴の間(真ん中)で竿を出す松尾栄さんが小型ながら船中1杯目のアオリイカを釣り上げた。すると立て続けに羽田和樹さん、田辺慎二さんがダブルヒット!船内のテンションも一気に上がった。ロッドアクションを注視すると、皆さん軽く小刻みなシャクリ。ジギングでいう、ハイピッチジャーク。ジャカジャカ巻く感じだ。川田さん以外は軽いキャスティングでエギを投げている感じだったので、実際のエギの動きを想定すると、小刻みに縦方向へ軽く動く感じだろう。ちなみに底付近を重点的に攻める為、リールを巻くのは5回程。シャクった後に暫くステイさせ、反応がなければまた落としての繰り返しである。

羽田和樹さんは終始良いペースで釣っていた!
金城弘幸さん。後半になるにつれてペース良く釣っていた!
好調な羽田和樹さん「予想以上の雨に苦労しました」

ランガン移動で拾い釣り

岡田真太郎船長「拘ったらこんな船になりました」

朝から雨が降り続いていた為か、アオリイカの活性は低く感じた。船長もランガンスタイルに入る。ポイントを移動しつつ、ポイントではオートスパンカーでピンポイントに攻めている。川田さんはエギを大きくダートさせる釣りを続けていたが、ヒットしたのは軽いシャクリの羽田さん。そして金城弘幸さんもアオリイカをゲット、オデコは川田さんだけになってしまった。しかし川田さん、さすがに「今日はコレじゃない」と判断したのか、ソフトな誘いに変えた途端にアオリイカをゲット。その後連発していた。そんな中、船中1杯目を釣ったものの後が続かなかった松尾さんは良型のケンサキイカを釣り上げた。また、田辺さんはお約束に近いコウイカを釣り上げたが、小型だったのでリリース。ケンサキイカもコウイカも美味しいイカである。天ぷらにするとサクサクとした歯応えがたまらない。以前イカ釣りをした際に聞いたのが、鮮度の高いイカは刺し身が定番、それを敢えて焼いて食べれば甘みがあって美味しいと言う。沢山釣れたら是非釣りたてを焼いて食べてみて欲しい。

良型のケンサキイカを釣った松尾栄さん!
コウイカと田辺慎二さん。ミニサイズにて撮影後にリリース!
誘いを変えて連続ヒットさせていた川田悟嗣さん!

これから一気に佳境を迎える!

「DI.jr艇」はアオリイカ以外に、メバルやシーバスゲームでも活躍している!

この日雨が止んだのは僅かに1時間程。そんな中、私も試しに竿を出したのだが、そこで感じた事は専用ロッドの重要性だ。私は普通のエギングロッドを持って行ったのだが、シャクる際に無理を感じた。やはりバットパワーがしっかりとした専用ロッドの方が安定してシャクる事が出来る。その上、幅の広いダートアクションもやりやすい。
正午に沖上がり。雨で釣りにくい中、それでも全員が複数釣果を上げ、アオリイカシーズンの開幕を感じる事が出来た。瀬戸内海はこれから徐々に海水温が下がり、一気に佳境を迎える。ひと潮(約半月)ごとに成長していくアオリイカ。是非、専用船でナイスサイズのアオリイカを仕留めてもらいたい。

ミヨシ(船首)でも釣りがしやすいように設計!
水洗トイレも完備!
乗船場はこんな感じです(カーナビで“マリンサクマ”で検索可能)
左側の堤防の切れ目から桟橋へ。荷物を降ろしたら“図書館”の看板を右折して駐車場へ
“図書館”の看板を右折し、緩い坂を登りカーブを曲がったらすぐ駐車場だ
駐車場入り口。桟橋まで徒歩1分!

(釣りビジョンAPC・小川泰史)

今回利用した釣船
兵庫県マリンサクマ『Fisherman Dreams DI』
〒678-0053兵庫県相生市那波南本町1-36マリンサクマ桟橋
TEL:090-6906-5781
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
Fisherman Dreams DIホームページ
出船データ
アオリイカ乗合船
料 金:7,000円~
住 所:兵庫県相生市那波南本町1-36(マリンサクマ桟橋より出船)
定休日:不定休
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。