愛正丸・神奈川県葉山あぶずり港

2018.11.15号

冬の相模湾を熱くする人気ターゲット・アマダイが開幕!

04_main.jpg

秋の深まりの中で開幕を迎える相模湾の人気ターゲット・アマダイ。夏の相模湾を盛り上げたキハダマグロと本ガツオからバトンを受け継ぎ、寒い冬を熱くする主役がアマダイだ。開幕直後は50cmを超える大型が頻繁に顔を出すことから、晩秋から初冬にかけては特に人気が高い。4日に今シーズンの開幕を迎えた葉山あぶずり港『愛正丸』に出掛けた。

横浜横須賀道路・逗子ICから10分程

多くの船宿が軒を並べる葉山あぶずり港

葉山あぶずり港は、すぐ傍には『葉山ヨットマリーナ』や葉山御用邸などがあり、街並みは高級感あふれるリゾート地と言った趣。横浜横須賀道路・逗子ICを降りてほんの10分程。道中にはコンビニも多く、買い物にも困ることはない。11月以降の出船時間は午前7時。駐車場が混み合うので余裕を見て6時前には現地に着いておきたい。

手前を奥に進むと駐車場がある
HAYAMA MARKET 日曜早朝開催
『愛正丸』受け付けはこちら

12人のアマダイフリークが集まった

駐車したらまずは受け付け

渚橋の交差点を左折すると鐙摺(あぶすり)港入り口がある。右折して進み、右前に多くの船宿が軒を並べているのが見えたら手前を右に入ると駐車場。まず駐車場に車を停めてから受け付けに向かう。船は船宿裏に並べられており駐車場のすぐ隣。人気ターゲットのアマダイ初日と言う事もあって12人の釣り人が集まった。午前7時丁度に今シーズンのアマダイ開幕へ向けての出船となった。

乗船前に忘れず氷を購入
青いカラーが目印の「第11愛正丸」
餌のオキアミの尻尾をカットして準備万端

アマダイタックルは汎用性が高い

仕掛け図

『愛正丸』では、水深や潮流に応じて60~80号のオモリを使い分ける。このオモリを背負えるロッドならば対応可能なので汎用性が高い。とは言っても水深が100m前後の釣りなので、柔らか過ぎる竿は魚を掛けにくい。7:3から8:2調子の竿が好ましい。あとは天ビンの先に2本バリと、いたってシンプルな仕掛け。好みにもよるが、50cmに迫るジャンボサイズが高確率で釣れる時期ならば、太さ1.5㎜のクッションゴムを付けてもいい。この日は、私以外全員がクッションゴムを付けていた。

天ビンにオモリをセット
船でも購入できるアマダイ仕掛け
オキアミを真っ直ぐ針に刺す

今シーズン初アマダイをゲット!

まずは鎌倉沖。江の島が近くに見えます

今シーズン開幕日と言う事もあり、ポイントを転々と試してみる。相模湾一帯がアマダイの好釣り場だが、まずは港のそばの鎌倉沖。本来ならば数釣りが期待できるポイントだが、この日は潮が悪く、まさかの撃沈。“外道”の小魚さえ口を使わずに30分程で移動を決断。次に選んだのは少し南下して秋谷沖。既に何隻かが先着していたがいい報せがない。魚影は間違いなく濃いのだから「潮さえ変われば釣れるはず」と不安を抱えた中で午前8時過ぎに再スタート。不安をよそに、やっと今シーズン初アマダイを右舷の渡部美花さんが釣り上げた。サイズは30cm級。厳しい中での“本命”だけに一安心。

12人のアマダイフリークが集まった
今シーズン第1号の“本命”
とても優しい米山信一郎船長

同じ流しでバタバタッと釣れるはずが…

嬉しい“外道”のオニカサゴ

アマダイは海底の巣穴に身を潜めている。巣穴は近くに多数あるようで、1匹掛かるとバタバタッと釣れることが多い。しかし、渡部さんが最初のアマダイを上げた後、なかなか続かない。依然として潮の流れがアマダイの気に召さないようだ。ここで、米山信一郎船長が城ヶ島へと大きな移動を決断。このエリアは今シーズン既にアマダイ船をスタートさせた船が、連日のように50cm超えを釣っている期待出来るポイントだ。

こちらでもオニカサゴ。漁礁があるので交じります
非常においしい“外道”のソコイトヨリ
アヤメカサゴも交じりました

良型サイズの実績の高い城ヶ島沖だが…

期待の城ヶ島沖に到着。水深はここも同じく100m程。アマダイは巣穴で暮らしているという事以外にも、縄張り意識が強いという特徴がある。敵の侵入などがあると巣穴から出てきて威嚇するようだ。この性質を利用して、着底後に2、3回大きくオモリで底を叩くように誘いをかけると巣穴から様子を見に出て来る。ここで目の前のオキアミを見つけてパクッと食いつくなんてことが多々ある。最初のアマダイを上げた渡部さんも着底を確認すると、メリハリの利いた竿の上下動を2、3回やって誘いを入れている。これが見事にはまり2匹目をゲット。しかし、残念ながら通称「ポニョ」と呼ばれる小型サイズ。

何とも言えず愛嬌のある顔
開きにすると美味しいキダイ。こんな良型も交じりました
アジも定番の“外道”

親子釣り師が連発!

まずはお父さんが“本命”ゲット

上げ潮に変わるとアタリの数が圧倒的に増え始めた。しかし、残念ながらヒメ、キダイなどの“外道”がメインでアマダイは小型のみ。この沈んだ空気を破ったのが親子で釣りに来ていた公手高志さんと誉敏君(10歳)。まずはお父さんの高志さんが“本命”をゲット。力強い竿の叩きから“本命”を確信。続いて息子の誉敏君。同じく掛けた瞬間から「これはアマダイっぽい」と上級者の発言。まさにアマダイが群れで生活しているのを確かめる様な連発で気分爽快。

続いて息子さんの誉敏君も“本命”
2匹仲良く並んで
こちらでも“本命”をゲットしました!
【動画】相模湾をアツくする!アマダイ釣り

この日最大は40cmジャスト!

最後に顔を出した良型サイズ

とどめも同じく公手さん。本来なら大型が頻繁に顔を出すポイントのはずの場所で、なかなか思うようなサイズを獲れずにいたが、その中でひときわ力強い引き。上がったのは40cmジャストの良型。この日はこれが最大となり、数もなかなか厳しい一日となってしまったが、今後秋の深まりとともにアマダイの食いも本格化していくはず。実際、翌日には早速51cmの大型が顔を出した。年内一杯は50cmサイズが高確率で釣れる時期なので期待も大きい。寒い冬を熱く掻き立てるアマダイ釣りがいよいよスタートした。

堂々の40cmジャスト!
嬉しい“本命”アマダイ
終盤のチャンスをしっかりものにしました

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
神奈川県葉山あぶずり港『 愛正丸』
〒 240-0112神奈川県三浦郡葉山町堀内50 鐙摺港内
TEL: 090-3683-0914
定休日: 第1・3・5木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
愛正丸ホームページ
出船データ
アマダイ乗合船
乗合料金:9,500円(餌付き)各種割引あり
集合:午前6時 出船:午前7時~沖上がり:午後2時
駐車場:無料
貸し道具:有(1,000円)