たいぞう丸・葉山あぶずり港

2018.12.1号

相模湾・葉山あぶずり港発のアマダイ絶好調!!

04_main.jpg

いよいよ師走。この季節になると俄に盛り上がって来るのがアマダイ釣り。大型が狙えるシーズンに入った相模湾でも好成績が上がっている。釣れる“ゲスト”に高級魚も多く、何処のエリアも休日は満員の人気振り。今回は、神奈川県・葉山あぶずり港『たいぞう丸』から出船した。

平日でも多くのアングラーが乗船

『たいぞう丸』の受け付け場所

午前5時に港の駐車場に車を停めて『たいぞう丸』へ。午前6時集合という事で少し早目に船の前で待機していると、次々に釣り人が到着。「いつも見てますよ」と声を掛けてくれる釣り人が多く、更に友人までが偶然乗船。「お久し振りです」と声を掛けられた。「ここで働いてるんですよ」と河村丈志さん。6年前、東京湾で出会った少年がなんと『たいぞう丸』の船長になっていた。「今日はビックリする事ばっかりだ」と、盛り上がる事間違いなし。河村船長に状況を聞いてみると「ポイントも幾つかあって、大きいのが出ています。潮によってポイントを替えて行きます」との事。頼もしい。釣り人達は準備を開始。ベテランが多い感じで、配られた付け餌のオキアミの中から最適な物を選び、尻尾をハサミで落としたり、集魚剤で加工したりと準備に余念がない。時折見せる食い渋りや潮による影響が出てしまう場合、テンビンの形状や長さ、オモリの形状など、仕掛け以外にコンディションに合わせるアイテムも多い。皆さんの仕掛けを見せて頂くと、チヌバリ系と丸海津系のハリを使っていた。準備が終わり7時に出船。富士山を見ながら葉山沖へ向かった。

宿のすぐ裏が停泊場所
大人気のアマダイ釣り。平日にも拘らず多くのアングラーが集まった
雪を被った富士山が港から綺麗に見えると「年末」の実感が沸く
仕掛け図
状況に合わせて手軽にセッティングが変えられるのも楽しい部分
各アングラー餌の準備は非常に丁寧
オキアミの尻尾を切りハリに付ける
真っすぐに付ける事でハリが回転し辛く、ハリスのヨレが軽減できる
このジャンルにもリチウム電池の波が。とにかく軽いのは年配者にも嬉しい

最初の流しからアマダイがヒット!

航程30分程で葉山沖の水深90mからスタート。オモリが着底してから糸フケを取り、一旦仕掛けを浮かせるイメージで竿を立てて誘いをかける。最初にヒットさせたのは左舷ミヨシ(船首)の伊藤さん。30cm級だが“本命”のアマダイを釣り上げた。更に伊藤さんは、まずまずのサイズも連続ヒットさせて嬉しそうだ。続いて紅一点の小沢さんにもアマダイがヒット。誘いも上手く、掛かってからのロッドワーク、竿を持つ位置などを見て「アマダイ釣りは結構やられるんですか」と聞くと、「はいっ。でもこのエリアでは初めてなんです」との事。やはり女性アマダイアングラーがじわじわと増えて来てる様だ。一緒に来ていた龍福さんにも“本命”がヒット。いい場所に入るとパタパタと釣れて来る。暫くするとキダイの活性が上がりあちらこちらでダブルヒット。キダイも嬉しい“ゲスト”で、食材としても見栄えする魚。しかも数が揃うのも嬉しい。大ドモ(船尾)では佐藤さんが40cm級の見事な大型キダイを上げていた。

一流し目からアマダイを上げた伊藤さん
「このエリアでは初めてのアマダイ釣りです」と、小沢さん。お上手でした
小沢さんと一緒に来ていた龍福さんにもアマダイ
キダイの反応も良く、一時入れ食いモード
見事な大型キダイを上げた佐藤さん
食の部分で近年人気急上昇のアカボラこと「ヒメコダイ」

大型のポイント、深場を探る

少しポイントを移動して水深100m付近で再スタート。中野区で魚料理のお店を経営してると言う真崎さんにアマダイがヒット。他の常連さんからも「あの人は上手ですよ。先日は50cmクラスを何匹か釣ってました」との事。釣り座の周りがキチンとしていて手返しが良い様にセットしてあるのは流石。隣に居た斉藤さんもアマダイを釣り上げた。水深が少し深くなったのか、“ゲスト”にオニカサゴが登場。この時期、刺し身、鍋などにしても美味しい魚。良型が数匹キャッチされていた。また、近年相模湾で密かな人気魚になった通称アカボラ、標準和名ヒメコダイも上がり始める。相模湾某エリアでは名物にしようと言う動きも有り楽しみ。アマダイも数匹取り込まれたが、潮の状況が悪く、伊藤さんに聞くと二枚潮の感触が有るとの事。アタリが無くなり後半は大型ポイントに移動。水深は110m。「大型だけ狙っていきますからね」と船長。トラギスが掛かって来たが、「これが掛かると良い傾向ですよ」と真崎さん。すると右舷胴の間(中央)正林さんに大きなアタリ。水深100m以上となると上がって来るまでの緊張感もかなりなモノ。「良い型だ」とタモに入ったのは40cmオーバーのアマダイ。続いて釣友の東さんも良型アマダイを上げた。「大きいの掛かったみたいですよ」と釣り人から声が掛かると良型キダイを上げた佐藤さんにヒット。竿が大きく叩かれ、引きからすると間違いなく良型。海面を見ていると上がって来る魚体が大きく青白く映る。上がったのは42cm。更に先ほど良型を上げた正林さんが同型を上げた所で沖上がりの時間を迎えた。「型が今一つでした」と船長。釣果は1~5匹。
しかし、取材日以降の27日(火)には52cm、50.5cm、50.5cm、50cmと50cmオーバー4匹を含むトップ10匹、2番手8匹の好成績も記録され、その後も50cmオーバーのデカアマダイが連日上がっている。

中野区で魚料理のお店を経営・アマダイスペシャリストの真崎さん
潮が良くなり一気にアベレージアップ
シロギス釣りのスペシャリスト東さんも良型。キス釣りと共通する部分が多いアマダイ釣り
佐藤さんはこの日最大43cmアマダイを上げた
27日の釣果1(船長撮影)
27日の釣果2(船長撮影)
27日の釣果3(船長撮影)
28日の釣果1(船長撮影)
30日の釣果1(船長撮影)

五目釣りの楽しさを満喫。釣り収めにお勧め

そろそろ「今年の釣り収めは何にしようか」と迷っている方も多いのではないだろうか。「年末のお魚」を確保するのは釣り人の使命。家族に「高級魚」を振舞えば、翌年の釣行がスムーズに運ぶと言うお父さん達や、友人達との集まりに釣った魚で美味しい料理を提供出来るのも釣り人として箔が付く。しかし“本命”を外した時が心配という向きには、高級魚がゲストで上がる事も多い、この「アマダイ五目」がお勧めだ。

こんな立派なオニカサゴも数本上がった
五目釣りを満喫
河村丈志船長

(釣りビジョンAPC・山口充)

今回利用した釣船
神奈川県葉山あぶずり港『たいぞう丸』
〒240-0112神奈川県三浦郡葉山町堀内50
TEL:046-875-1932
定休日:第1・3・5木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
たいぞう丸ホームページ
出船データ
アマダイ五目
料金:9,500円(餌付き)
出船:午前7時00分
ご予約専用電話:090-6177-0039
釣り方等の詳しいお問い合わせは船長直電へ
山本船長直電:080-5450-7888
女性・子供割引きあります
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。