山正丸・茨城県大洗港

2019.1.1号

茨城県・大洗沖のヒラメ絶好調!活き餌の釣りの楽しさを満喫!

01_main.jpg

まずは絶好調の茨城県・大洗沖のヒラメからスタート。活きイワシを餌にしての釣り味は独特で「アタリ」から「食わせる」、「合わせる」までのドキドキ感は格別だ。今期は数が出ており、アタリが多ければ上達も早いので、ヒラメ釣りを覚えるには最高のシーズンとなっている。大型の季節に入る後半戦が大いに楽しみだ。

大勢の“ヒラメハンター”が乗船

大洗港『山正丸』は、様々な四季の釣りを提供してくれる船宿、久し振りにお会いする小沼資平船長との釣りも楽しみにしながら大洗港に向かった。午前5時集合との事だったが早めに港に到着。次々に釣り人が到着して準備を始めた。車のナンバーを見ると埼玉、千葉、群馬、東京方面からと関東各地から来訪。この日は14人のヒラメハンターが乗船。好調を裏付ける人気振りだ。仕掛けを観察すると、孫バリにトレブル、シングルフックが半分ずつ。因みに船宿仕掛けの孫バリはシングルフック。午前5時10分に出船。航程1時間程の大洗沖に向かった。

明るく準備もしやすい山正丸
水平線が明るくなる。この時期ならではの光景。ゆっくりとポイントへ
仕掛け図

綺麗な朝日を浴びながらのスタート

ポイントに到着すると船長が餌になる活きイワシを配り始めた。種類はマイワシで20cm前後のサイズ。親バリを上アゴ、孫バリを尻ビレ近くに付けて合図を待った。オモリは60号。「あれ、山口さん竿持ってこなかったの?貸し竿あるから撮影終わったら、“おかず”少し取って行きなね」と船長。釣況も細かくインプレッションと思ったがほぼ満員に近い状態で、さらに楽しく話してくれる常連さんが沢山居たので取材は完璧と思い、車の中に置いて来てしまった。後半時間が有れば試す事にした。午前6時スタート。水深は20m前後。水平線が昇る朝日で幻想的な雰囲気だ。「海底に一旦オモリが着いたら少し上げて待っててください」と船長。暫くすると左舷ミヨシ(船首)にいた杉本さんにヒラメがヒット。更に右舷胴の間(中央)の蝶名林さんにも2kg級がヒットした。一緒に来ていた友人の藤野さんにもヒラメがヒット。ポイントに入るとポツリポツリと上がる展開。色々なお話を聞かせてくれた群馬から来ていたUさんは連続ヒット。「今日は内緒だったのですいません」と写真は撮れなかったが、このマガジンも見ていてくれているとの事で、少し話を聞いてみると、「仕掛けは自分で作って来るんですが、最近“ケイムラ”の効果もあるみたいです」とハリに独自でコーティングして来ているとの事。孫バリはトレブルフックで番手は恐らく♯4番。気が付くと右舷側にアタリが集中しているが、毎回船長は平均して潮周り毎に左舷、右舷に潮先を変えて流している。当然トモ(船尾)、ミヨシと流れる方向は左右で違うのだが、何故か左舷で食い込みが今一つの様子。左舷のミヨシに座った下山さんに聞いてみると「アタリが少ないですね」と不思議そう。少し陽が上がると右舷側でヒラメラッシュ。ポイントに入るとダブルヒット。時折トリプルヒットと絶好調。タモが間に合わない程だった。

夜明けの大洗沖ヒラメ釣りスタート
スタート直後は左舷側は陽を受けるが右舷はまだ暗いと言う状況
船中1匹目は右ミヨシ、杉本さん
蝶名林さんは良型を上げた
藤野さんも立て続けにヒット。右舷側にヒットが集中
タモ入れは頭から入れる事が肝心
良型アイナメも登場
少し生かして置きタイミングを見て血抜きしてクーラーへ

中盤からはアベレージがアップ

午前8時を回ると、風も穏やかで気温も上がって正に釣り日和になった。ヒラメのアタリは止まらず内山さんが3.6kg級をキャッチ。この頃から左舷側でもヒットし始めた。左舷トモで小川さんがヒットさせたのを皮切りに、ミヨシの下山さんにも良型が掛かり、潮周り毎に誰かにヒットし、2匹、3匹と取り込まれた。しかし、アタリの無い流しは全く餌も触らない。ピンポイントでヒラメが固まって居る様で、アタリが無ければ直ぐに船長がポイントを変更。見切りが非常に早くこの辺も『山正丸』の人気なのだろう。しかし、絶好調と言う言葉がピッタリで、5人同時にヒット記録。アベレージも上がり2kg前後のサイズが中心となった。オデコの人が消えた所で少しアタリが遠のいた。ここから貸し竿で私も参戦。餌をどの様に泳がせて食わせるタイミングを掴むかであるが、周りを見ていると完璧に潮が止まっており、オモリを着底させても糸が横に行かない状況。そこで捨て糸の部分を80cmから40cmに変更。餌を咥えた瞬間に違和感なく竿を下げてオモリを着底させる。その為、リールのクラッチは常に切った状態で親指でスプールを抑えて待つ様にした。ハリスを長くした時に似ている状況を作り、食い込みを良くする狙い。これが上手くいき1投目からヒット。更に直ぐ2匹目もヒット。アタリ自体は抑え込むフィーリングで非常に鈍い。潮が動くと再びアタリが出始めて船中でヒット連続。正午の沖上がりまでアタリが続いた。トップは11匹、10匹、9匹が2人と続き2~11匹。船中50匹以上の好釣果。これからはサイズが上がる季節。今後が大いに楽しみだ。

杉本さんはコンスタントにヒラメをヒットさせ11枚で本日の竿頭
左舷側での1匹目は埼玉県上尾から来ていた小川さん。これを皮切りに左舷側でも連続でヒラメがヒット
本日の大型一番、内山さんが3.6kg
右舷側ではトリプルヒット
左舷側ではダブルヒット。タモが間に合わない高活性
私にもヒット。同船者の皆様がタモ入れ、撮影してくれて感謝です
高級“ゲスト”のマハタもヒットしてきた。
アベレージが上がった後半戦。この型が多かった。
絶好調大洗沖のヒラメ。これから大型のシーズン到来だ

(釣りビジョンAPC・山口 充)

今回利用した釣船
茨城県大洗港『山正丸』
〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町1053-2
TEL:029-267-2341
定休日:毎週月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
山正丸ホームページ
出船データ
ヒラメ予約乗合
船長:小沼資平
料金:ヒラメ1万2,000円、活イワシ・氷付き
出船:集合午前5時 集まり次第出船