米元釣船店・神奈川県金沢八景

2019.1.15号

初釣りに東京湾・八景沖のLTアジの数釣り!意外な“お年玉”も!

04_main.jpg

2019年がスタート。“初釣り”を何にしようか悩んでいる方々に、幸先良いスタート確実な東京湾のLT(ライトタックル)アジを勧めたい。通年狙える釣り物だが、この時期は特に数釣りの期待が持てる。しかも今年は連日うれしい?“お年玉”のヒラメが顔を出していると聞いた。5日(土)、神奈川県・金沢八景『米元釣船店』へ出掛けた。

「交通」、「買い物」とにかく便利

大きな漢字の『米元釣船店』が目印

午前6時30分過ぎ。多くの釣り人が、京浜急行・金沢八景駅からクーラーボックスとタックルボックスをキャリーで引いて歩く光景が一日のスタートを告げる。金沢八景は電車で釣りに行け、交通の便に優れる。その中でも『米元釣船店』は、最も駅から近い船宿だ。近くにはコンビニもあり非常に便利。車の場合は船宿すぐ裏に駐車場はあるが、台数が限定されるので午前6時頃を目標に早めに向かう事をお勧めしたい。もし埋まってしまった場合は別の場所を案内して貰える。

すぐ隣が駐車場入り口
店に入ってまず受け付け
キャリーを引いた釣り人は朝の光景

初心者でも安心の一連の流れ

長靴まで借りる事が出来る

船宿に到着してまずは受け付け。ここで必要な仕掛けの販売は勿論、タックルの貸し出し、そして長靴の貸し出しまである。受け付けを済ませて先に進むと貸し出し用のライフジャケット、手拭い、そして氷が準備されている。最後に船宿のすぐ裏に停泊した船で釣り座を確保。出船までの一連の流れが順番に用意されているので初めてでも安心だ。早く着き過ぎた場合は待合室で温かいお茶を飲みながら出船まで待つことも可能だ。

受け付けで仕掛けを購入可能
宿の裏手で氷と手拭いを受け取る
出船までは待合室で談笑

全てが準備万端

受け付けのすぐ裏が停泊所

船に乗り込んでも安心のサービスは続く。釣り座にはコマセ、付け餌、桶等のセットが既にきれいに配置されている。貸し竿の方にはタックル、ビシカゴもセットされているので準備に戸惑うことがない。これだけの心憎い演出の影響か?初心者や家族連れに人気が高く、この日も多くの初心者グループとファミリーで20人満船の人気ぶりだった。

本日の船は「第12米元丸」
大きく「LTアジ」と書かれた看板が目印
すでに準備された釣り座

ライトタックル(LT)で楽しめる

仕掛け図

『米元釣船店』のアジ船は、ライトタックルアジ(LTアジ)釣法。狙うポイントの水深が比較的浅いのと潮流がそこまで速くないので、使用するビシの重さを40号まで軽くする事が出来る。これにより女性や子供が終日シャクッても疲れないので、一気にアジ釣りのハードルが下がる。何よりアジの引きがダイレクトに伝わるので、初めての釣りでアタリが分かりにくいという心配も大きく軽減。元気なアジの力強さを堪能するにはもってこいの釣り方だ。

釣り座に準備されているセット
40号ビシにイワシミンチをコマセに
船でも購入可能な仕掛け

初心者には船長がレクチャー

付け餌のアオイソメと赤いイカタン

初めてのグループには、出船前に中村純一船長が丁寧に釣り方を教えてくれる。しっかりと頭に叩き込み、航程10分程の八景沖にいざ出船。この辺りは赤灯沖とも呼ばれ、アジの好ポイントの一つ。入念にアジの反応を探して水深20m程の場所で実釣開始。付け餌は赤く染色したイカタンとアオイソメ。どちらが当たるかはその日の状況次第なのでまずは両方を試す。コマセに使うイワシのミンチをビシに半分ほど入れて投入。

このぐらいの大きさにカット
船長からのレクチャーで安心
シーパラダイス横を抜けてポイントへ

船長の話をよく聞くことが好釣果の秘訣

初めてで釣れました!

釣り方は、着底を確認してまず糸フケを取る。そしてリールを2、3回巻いて竿先を上下させてイワシミンチをコマセる。少し待ってアタリがなければリールを1回巻いてまたコマセを撒く。指示ダナの底から2、3mの位置まで来たらその位置でアジが来るのを待つ。コマセに寄って来たアジが煙幕の中の付け餌に食いつくという算段。これが基本の釣り方だが、その日の状況次第で指示ダナやコマセの撒き方は微妙に変わる。コマセを撒かない方がいいなんて日もある。状況を見て船長が的確な指示を出してくれるのでアナウンスをしっかりと聞く事が好釣果に繋がる。

こちらも初アジ
櫂士君は連発!
ベテランの腕前

櫂士君(8歳)が好調なスタート

さてこの日の状況はどうか?序盤はアタリがポツリポツリ。船長の言葉を借りると「反応が出たり、消えたり」の状況。ベテランは「反応が出た」チャンスを逃さずに魚を掛ける。左舷船尾でお父さんと一緒に竿を出す中谷櫂士君(8歳)も幸先良いスタート。竿先をガツガツと叩く引きにも負けずにアジを上げる。周りが苦戦する中でコンスタントに釣るのだから立派!右舷船尾の黒沼陽一郎さんは、ベテランの腕前で早くもツ抜け(10匹)を達成した。

嬉しい外道のヒラメが4匹も

序盤は厳しい時間が続いたが、上げ潮に変わると魚の食いも上がって来た。魚群探知機の反応に比例するように船中でアジが同時ヒット。ここで左舷船首の菅澤哲一さんの竿先が明らかにアジとは異なる引き込み。細心の注意のドラグ調整で海面に顔を出したのは1kgオーバーのヒラメ。「今年は例年になくヒラメがコンスタントに顔を出す」と船長。この日も計4匹がアジの仕掛で取り込まれた。「ヒラメ40!とは言うけど、アジに食いつくヒラメは即食いだよ!」と船長。低くはない確率で期待出来る嬉しい“お年玉”だ。

菅澤さんに良型ヒラメ
嬉しい初ヒラメ
狙い通りにヒラメが上がった
アジの仕掛けでもヒラメが釣れた
美味な“外道”のイシモチも数上がった

トップ54匹の数釣りモード

親子の楽しい思い出プライスレス

皆の桶にお土産が出来たのを見届けた船長は、少し深いポイントへ船を移動させた。狙いはこの時期特有のたっぷり脂の乗った大アジだ。しかし、この日は残念ながら小型のアジが最後まで優勢で大アジは顔を見る程度で終了。だが、狙い通りの数釣りは存分に楽しめて黒沼さんが54匹でトップ。
今や東京湾のブランド魚の仲間入りをしたアジ。通年釣れ続くので今年も存分に楽しんで頂きたい。

岩田愛花ちゃん(10歳)はダブルで釣れました!
いいサイズのアジが美味しそう
とても優しくてリピーターも多い「純ちゃん」こと中村純一船長

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣船
神奈川県金沢八景『米元釣船店』
〒236-0027神奈川県横浜市金沢区瀬戸2-19
TEL:045-701-9539
定休日:毎週木曜日
詳細情報(釣りビジョン)
米元釣船店ホームページ
出船データ
ショートライトアジ乗合
料金:8,000円(餌、氷付き/女性・子供:6,000円/駐車場:500円)
出船:午前7時30分(駐車場利用者は6時30分までに集合)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。