茂吉丸・静岡県御前崎港

2019.3.1号

静岡県・御前崎沖のマダイ好調!5kgオーバー連日浮上!!

05_main.jpg

静岡県・駿河湾の御前崎沖で「70cm、5kgオーバーの“大ダイ”が連日のように釣れている!」という情報が飛び込んで来た。御前崎沖は乗っ込みのマダイ釣りで有名な釣り場。乗っ込みにはまだ早いこの時期だが、春のようにうららかで暖かいナギとなった2月22日(金曜日)、一足早い“大ダイ”狙いで御前崎港『茂吉丸』に出掛けた。

今は午前6時集合、乗っ込み期は5時半集合

「茂吉丸」は快適な大型船だ

御前崎港へは東名高速の吉田、牧之原、菊川の各ICが最寄りとなり、高速道路を降りて概ね30~40分で到着する。集合は直接港の岸壁。まだ乗っ込み前のこの時期の集合時間は6時(乗っ込みが始まると5時30分集合に変わる)。私は港の駐車場(記事末リンク「茂吉丸ホームページ」内の地図が分かりやすい)に5時30分頃到着。5時45分、「茂吉丸」が着岸、小野田茂樹船長に挨拶をし、クジを引いて釣り座を決めて乗り込んだ。氷は軽トラに積んである砕氷をもらう。オキアミは乗船料に含まれず有料となる。釣り座で乗船名簿を記入、釣り仕度を始める。出船は6時15分頃だった。

乗船名簿が回ってくるので記入する
海水でオキアミを解凍
釣り座には竿掛けが備え付けられている

朝イチはマダイとカンパチが交じりで釣れた

仕掛け図

出船すると船長から、「ハリスは10~12mを基本とします。下から1~1.5mにガン玉を1つ打っても良いです」と仕掛けに関するアドバイスがあった。6時50分頃、釣り場に到着。釣り開始は7時なので少しの間待機。コマセを詰めたり、餌をハリに刺して備える。「朝イチの流しは一番大事です。タナでガチャガチャ動かさないで、誘うときはゆっくりと。はい、始めてください。タナは上から35mです」というアナウンスで第1投。その2分後、右舷大ドモ(船尾)の荻田良雄さん(神奈川県藤沢市)の竿が絞り込まれた。最初のアタリは1kg前後のカンパチだった。荻田さんの第2投、ゆっくり誘い上げてゆっくりタナに戻す。すると再び竿が絞り込まれ、早くも1kg前後のマダイが釣れた。

船中1匹目のマダイは右舷大ドモの荻田さんがゲット!
右舷大ドモの荻田さんが朝イチに釣った1kg前後のカンパチ
右舷胴の間(船中程)の浜野博さん(神奈川県藤沢市)にも同型のカンパチが!
右舷側好調か!?ミヨシ(船首)の中尾直光さん(名古屋市)のマダイ!
左舷でもカンパチが!釣り人はトモ(船後方)の村田勝則さん(杉並区)
手元の魚探にも魚影が映っていた

右舷、左舷ともに釣れた!後はサイズアップだ!

右舷ミヨシの中尾さんの2匹目の1kg前後のマダイ

どうも右舷側に分があるように見えたが、左舷側でもアタリが出始め、胴の間(中央)の菊地照光さん(浜松市)が1kg前後を釣り上げた。が、再び右舷ミヨシ(船首)の中尾直光さん(名古屋市)が2匹目の1kg前後をゲット!船長の話では、「昨日までは釣れればもっと大きいサイズが中心でしたよ。今日はアベレージが小さい。マダイの反応は同じように出ているが、潮がほとんど流れていないのが原因なのか、大きいマダイは口を使ってくれないようだ」とのこと。しかし、そこは御前崎沖、その後徐々に調子を上げてくることになる。

右舷ミヨシの中尾さん、良いアタリだった!
左舷胴の間、菊地さんのマダイ!
朝イチの時間帯は1kg前後が中心だった
操船中の『茂吉丸』小野田茂樹船長
操舵室の魚探
ビシにコマセを詰める。よし、次は“大ダイ”だ

2kg前後の型の良いマダイが釣れ始めた!

菊地さんの竿が曲がった。先程より慎重なやり取りをされていることから型もよさそうだ。上がったのは2kg前後の良型とサイズアップ。その後、潮止まりとなり暫くアタリが途切れた。“餌盗り”も口を使わず仕掛けを回収すると餌が残ってきた。そんな時間帯が続いたが、再び餌が盗られるようになった9時45分頃、左舷トモの村田さんの竿が大きく曲がった!竿が細めなので手元から曲がっている。船長のタモ入れで無事取り込んだのは2kg前後の立派なマダイだ。

左舷トモの村田さんが釣った2kg前後の立派なマダイ!
左舷胴の間の菊地さん、2kg前後の良いマダイを追加!
だんだんと釣れるマダイの型が大きくなって来た

ついに出た!御前崎沖の真骨頂、5.5kgの“大ダイ”!

10時を回った頃だった。菊地さんの竿がこれまでにない程大きく曲がった。菊地さんの竿はかなりの強竿だ。これは“大ダイ”に違いない!腰を落とし、力を溜めては少しずつ浮かせる。見えた、デカい!見事75cm、5.5kgの“大ダイ”を仕留めた。後半はポツリ、ポツリだったが良型のマダイが食ってきた。サイズ的には2kg前後が中心になった。調子が良い日にはこのサイズがポンポン釣れ、しかも、トップは“ツ抜け(2桁)”する。沖上がりは13時頃。結果、1kg前後~5.5kg(38~75cm)のマダイが1~5匹と上々!竿頭は左舷胴の間で5.5kgを釣った菊地さん。全員がマダイの顔を見た。

菊地さんの強竿が大きく曲がった!
この日最大の75cm、5.5kgの大ダイ!見事、左舷胴の間の菊地さんがゲット
菊地さん、2kg前後を追加!
菊地さん、5匹ゲットでこの日の竿頭に!
左舷ミヨシの後藤繁さん(静岡市)の1kg前後のマダイ!
菊地さんはオキアミを抱き合わせにして付けていた

好調の御前崎沖、この春は夢の“大ダイ”期待大!

13時30分頃帰港。岸壁では女将さんが暖かいお茶とお菓子を用意して待ってくれていた。手を洗い、追加の氷をもらい、料金を支払って帰路に着く。船長は、「今年はそろそろ乗っ込みを意識しています。乗っ込みのポイントの模様が良くなり次第狙います!」と意気込みを見せた。今シーズンはそれだけ期待出来るということだ。好調が続く御前崎沖のマダイ釣り。今後もその動向から目が離せない。そして、乗っ込み本番が楽しみだ。この春は御前崎沖で夢の大ダイを狙ってみては如何だろう。

釣りの後は不思議と甘いお菓子が美味しい
お茶とお菓子が疲れた体を癒してくれる
『茂吉丸』の小野田茂樹船長と女将の比登美さん

(釣りビジョンAPC・岩見忠弘)

今回利用した釣船
静岡県御前崎港『茂吉丸』
〒437-1621 静岡県御前崎市御前崎4747-8
TEL:0548-63-3466
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
茂吉丸ホームページ
出船データ
マダイ予約乗合
料金=1万1,000円(氷付き) ※オキアミ別 3kg 1,000円
集合=6時(乗っ込み期 5時30分)
出船=集まり次第、沖上がり=13時頃
レンタル=貸竿 2,000円
※詳細はお問い合わせを