オフショアマガジン

2019年5月1日号

千葉県・南房総、洲崎沖のイサキ、近くなった入れ食いエリア!!

01_main.jpg

美味い魚、これからの季節、脳裏に浮かぶ代表格がイサキ。食味に惹かれるのと同時にコマセワーク、タナ取りによって差が出るテクニカルな釣りの奥深さもこの魚の魅力。釣り場は房総の他にも神奈川県の三浦、湘南、静岡県の伊豆等だが、入れ食いの快感を味わえる可能性が高いのは何といっても房総半島の南端近辺。千葉県・南房総、洲崎港『佐衛美丸』を訪ねた。

近くなった館山洲崎!近いポイント!

「洲崎沖はイサキが良く釣れる」。それは分かっているれけど遠くて日帰りできないし…長らく遠いイメージの南房総だったが、館山自動車道が延びて都内から2時間程で行ける日帰りエリアになった。この日も都内から2時間もかからず午前5時に到着した。前日の寒さもあってか釣り人は2人。洲崎港の入り口にあるコンテナが『佐衛美丸』受付になる。コンテナ前の駐車場に車を停めて荷物を降ろし、受け付けを済ませた。ここにはレンタルタックル、ビシ、テンビンの用意もあり道具を持っていなくても大丈夫。販売のビシ、テンビンなどもあるので何かと安心。受付から約30mで船着き場なので道具の運搬も楽。「第十二佐衛美丸」に乗り込み出船。ポイントまで約10分、釣り場の水深も浅く約6時間の午前船でも実際釣りをしている時間は長く“一日船”に乗っている感じだ。高速道路、受け付け、釣り場でのロスタイムが少ないのはとても気持ちがいい。

コンテナが受付場所、その前が駐車場
洲崎港の一番手前にあります。洲崎港は台風情報で、テレビに映ることも多い
乗船はミヨシから。乗船台があるので潮位変化があっても安心

コマセは少しずつ、タナキープが重要!

5時半に出船、約10分で最初のポイントに到着。第1投はタナ20m。ビシを23mまで落とし20mまで小刻みにシャクリながら上げてゆき20mでアタリを待つ。このタナ取りとコマセの出方調整がキモ、と上乗りのウエノさんからのアドバイス。コマセのアミがビシを20回以上振っても残る程度の出し具合に調整するのと、タナを守ることが大切で、コマセの出すぎは食いが続かなくなるとのこと。初めての人はビシの調整をウエノさんに聞くのが良いかと思う。ちなみに仕掛けはビシ60号、テンビン40cm、クッション1mm×30cm、ハリス1.5号3本バリ、付け餌には船宿で配られたバイオベイトの短冊切を使用した。1投目からウエノさんは30cm級のイサキを釣り上げる。トモ(船尾)の席の2人の釣り人もほぼ同時に同サイズを釣り上げた。水深も浅く潮も適度な流れで手持ち手巻きのタックルでも楽に楽しめる状況。日にもよるとのことだが、早朝はイサキの食いが立つので1投目は皆気合が入っている。一流し約15分で1時間後には千葉から通う常連のキクチさんは25~33cmを10匹オーバー、決められている地元の制限匹数50匹に向けて確実なペースで釣り上げている。キクチさん曰く50匹は毎回釣れるとのこと。常連さん達の腕と、さすが魚影の濃さは、洲崎の海だと感心させられた。

朝マヅメこの時間帯がイサキ入れ食いタイムに
上乗りウエノさんのタックル、このコマセの量で3時間、パラパラと少量ずつコマセを出すビシの調整が微妙
付け餌バイオベイト。交換の必要なし。取れるまで使えます
船中でも購入可能、船宿特製仕掛400円

洲崎灯台を見る絶好のロケーション

7時過ぎ、港前から約5分の洲崎灯台を前に見るポイントに移動。当日は晴天で三浦半島その先には大きく富士山、沖には伊豆大島が見える。どこの海も美しいがここのロケーションはトップクラスだ。このポイントのタナは30m。33mまでビシを落とし30mまでシャクリながら上げてきて待つ。すぐに全員にアタリがありイサキが上がった。やや小ぶりの25cm前後が多くなったが、かなりの引きを見せる30cmを超えるメジナが掛かってくる。沖のメジナは臭みがなく刺し身に煮つけに嬉しい獲物だ。常連のキクチさんはメジナも数匹上げている。他に釣れた“ゲスト”は30cmオーバーのウマヅラハギ、スズメダイ、ベラ、今回は顔を見せなかったがこれからの季節は美味しいタカベも交じる。そして時折1.5号のハリスを一気に切ってゆくアタリもあった、早川船長の話ではたぶん大型のマダイで「うまくやれば3㎏級がとれるかも?」とのこと。洲崎灯台前を数か所探り、11時過ぎには常連のキクチさんが制限匹数の50匹、三郷からの釣り人も40匹、作業の合間に釣りをしていた上乗りのウエノさんも50匹のイサキ、メジナも其々3~10匹の釣果になっていた。風とウネリがある中のこの釣果に、「今日は渋い」と船長。12時に納竿し12時半には帰港。当日は午前船のみで終了したが、そのまま午後船もあるので心ゆくまで楽しむことも可能だ。

仕事の合間の釣りでイサキ50匹、困ったときの救世主
毎回50匹の制限に到達する常連さん、この日も50匹のイサキと8匹のメジナ4匹のウマヅラハギとクーラーが重くなる釣果
「以前は三郷市から3時間以上かかったが今は2時間で来れる、楽になった」
ウマヅラハギにメジナ、みな30cm以上あって嬉しい“ゲスト”、この釣りの魅力でもあります
30cmオーバーの引きは強烈、楽しめます。しかも食味も良好
ふっくらした魚体、これから味も一段と良くなってきます
上乗り仕事の合間でこの釣果、イサキ50匹他メジナ、ウマヅラ
仕掛け図

船長に訊く、イサキ釣りの“コツ”

第1にタナのキープ、指示ダナより3mまで1度落とし、指示ダナまで上げて待つ、アタリが無かったらその繰り返し。次にコマセの出し方、少しずつ出す調整が必要。ビシの形状とサイズも重要なのでわからなければレンタルのビシテンビンを使うのがいいと思う。イサキは、うまく寄せると入れ食いになるので、数を狙うには手返しが必要。船べりに磁石が設置してあるのでハリを並べて仕掛けが絡ませないようにすること。
イサキの本番は5月中旬から脂が乗って一段と美味しくなり、例年8月までできる。数も制限匹数の50匹まで出る日が多い。

イサキの味噌漬けやってみました、味噌の香ばしさとイサキの味わい深さで誰もがうまいと思う一品
メジナの煮つけ、沖のメジナはうまいとの言葉通り癖のない味わいでご飯にピッタリの一品

釣りビジョンAPC・大川雅治

今回利用した釣り船

千葉県 洲崎港 『佐衛美丸』
〒294-0316 千葉県館山市洲崎1-228
TEL:080-8095-1991
定休日:毎月第2・4水曜日(祭日の場合は翌日)
釣果・施設情報 佐衛美丸 ホームページ

出船データ

イサキ乗合
集合時間:午前4時20分(電話確認)
出船時間:午前5時(電話確認)
乗船料金:電話確認
※午後船は2人から出船なので電話確認が必要

その他の記事