釣りビジョン

相模湾・小田原沖、初夏の風物詩“ムギイカ”をつかまえて!

2019年06月01日公開

04_main.jpg

関東周辺では、初夏に釣れ出す体長20cm以下のスルメイカの幼体は、麦の穂が出る時期と重なることから“ムギイカ”と呼ばれる。身が柔らかく美味しいムギイカを食べられるのは釣り人の特権。今シーズンも釣れ出したと聞き、小田原早川港『坂口丸』へ出掛けた。

片舷4人、両舷8人で出船!

午前5時半過ぎ、受け付けに行くと他の釣り人は全て受け付けが済んでいるとのこと。急いで港内へ移動し荷物を卸ろす。駐車場は港を含め3か所あるため、当日の駐車場所は受け付け時に確認すること。釣り座の確保は先着順だが、船長が来る前の時間帯では、乗船する際の階段(乗り台)にクーラーボックス等を置いて順番を確保する。準備が整い、定刻6時少し前に片舷4人ずつの8人での出船となった。

1投目は全員空振り

航程20分程で真鶴半島北側の岩沖のポイントへ到着。ポイントが近いのが有難い。しばらく探索のあと船長から「どうぞ、水深が58m。底の方中心に5~7m位を探ってみて」とのアナウンスでスタート。期待した1投目だったが空振り。その後、魚探反応が無くなり移動となった。

 

真鶴半島先端南側へ移動

暫しのクルージングで真鶴半島先端南側のポイントへ到着。7時40分過ぎ、最初の獲物を手にしたのは右舷の山口さん。駆けつけると山口さんは次の投入中。着底後フワフワとツノ揺らすように竿を動かすと一瞬穂先がもたれた。「よし、来たっ!」と電動リールをON。グーン、グーンとムギイカの元気な引きを楽しんで2杯目のムギイカを取り込んだ。他の釣り人は直結仕掛けが多かったが山口さんはブランコ仕掛けで狙っていた。この時合ではブランコが良かったようだ。

潮変わりで乗り出す

潮変わりの後、10時半過ぎになると魚探反応が多少上向き、ポツリポツリと乗り出した。2点掛けもあり、なんとか全員が型を見られた。厳しい中でも常連の皆さんは、和気あいあいと釣果を競って楽しそうだったのが印象的だった。

船長に聞いたムギイカ釣りのコツ

「イカが小さくて水深があるので、タナを探るのが大変だけど、今のタックルならアタリが強く出るからね。どれだけアタリを見逃さずに掛けられるかがポイントですね。今日は、かなり厳しかったけど、時期的にはまだまだこれから。徐々にスルメイカサイズ(30㎝以上)も多くなって来るので、今後は数、型共に楽しめるようになります。是非遊びに来てください」と船長は、明るい見通しを立てていた。

今回利用した釣り船

神奈川県 小田原早川港 『坂口丸』
〒250-0021 神奈川県小田原市早川1-3-7
TEL:0465-22-8266
定休日:第2・3・4木曜日 釣果・施設情報 坂口丸 ホームページ

出船データ

ムギイカ船
料金=9,000円(氷付き)
出船時間:午前6時30分、納竿時間:午後2時
貸道具:有り(300~1,000円)
     
※記事の掲載内容は公開日時点のものになります。時間経過に伴い、変更が生じる可能性があることをご了承ください。

この記事を書いたライター

金井 直行
釣りビジョンAPC。『海がないから海が好き。』関東の海なし県から沖釣りに通う週末釣り人。
マルイカ、ティップラン、ワカサギなどを中心に海水淡水を問わず釣りの帰りに温泉に立ち寄り、「釣り&温泉」をテーマに釣り歩く。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事