オフショアマガジン

2019年7月15日号

神奈川県・葉山沖の“アジ五目”。わらしべ長者で大物をゲット!!

04_main.jpg

連日雨模様の梅雨空でシケ続き。湿度と共にフラストレーションMAX。“アジ五目”で数を釣って気分爽快。神奈川県・葉山あぶずり港『愛正丸』では、大アジが連日50匹超えでクーラー満杯。しかも、それだけでは終わらない。釣れたアジの“泳がせ釣り”でワラサやヒラメなどの大物(“端物”と呼ぶ)が連日釣れている。まさに「わらしべ長者」。梅雨の晴れ間を狙って葉山に向かった。

事前座席予約を有効活用

『愛正丸』の“アジ五目”船は、予約時に希望の席を押さえる事が出来る。通常は席取りのために出船時間に相応の余裕を持って港に向かわないといけない。しかし、予約済ならゆっくりと向かう事が出来る嬉しいサービス。
“アジ五目”船で“泳がせ釣り”を希望の場合は4隅を前もって押さえる事がお勧め。この日は梅雨の合間で久しぶりの雨マークがついていなかった。待ちに待った釣り人10人が平日にも拘らず集まった。

あぶずり港入り口の交差点を右折
赤いレンガの建物手前を右折すると駐車場
広大な駐車場。スタッフが案内してくれる
『愛正丸』受け付け所

130号のカゴビシ。泳がせは150~200号

“アジ五目”のポイントは港から30分程の近場。水深は60~90mで使用するビシは130号。釣れたアジを泳がせて大物を狙う場合は泳がせ用タックルを別に用意したい。オモリは150~200号。捨て糸は使わず、ダブルスナップサルカンでオモリを直接つける。根掛かり回避に優れるのと、餌のアジが弱りにくいメリットがある。胴突き仕掛けでハリスは8~10号で2m程。大きめのヒラマサバリを1本バリでもいいし、孫バリを付けてもいい。

港で忘れずに氷を購入して船に乗り込む
「アジ」の看板を目印に
この日お世話になった「愛正丸」
コマセはイワシのミンチを使用
付け餌は赤いイカタン
130号のビシセット

城ヶ島周りのアジのタナは高めにセット

定刻の午前7時。若干強めの北風を背に受けて南に向かう。飯田孝弘船長の話では、最近このエリアにワラサが回ってきており、連日顔を見ているそうだ。前日は実釣開始30分で立て続けに2匹のワラサが釣れたそうなので、この日も同様の狙い。まずは全員が“本命”のアジ仕掛けでスタート。水深は60m程で、船長の指示するタナは海底から5~7m。城ヶ島沖でも5mと他よりは高い印象を受ける。この辺りの海底が起伏に富んでいるので通常の2~3mだとすぐに根掛かりになる。それに加え、この日は潮が速かったので、操船でピンポイントに根の下から上に近づけていって狙う作戦を船長が取ったために高めのタナとなった。

カウンターとハリ外しは手返し重視の数釣りに必須
泳がせ用のダブルスナップサルカン
船宿推奨のアジ仕掛け。泳がせ用は船長に作ってもらう
仕掛け図
仕掛け図

40cmに迫るビッグサイズがコンスタントに交じる

開始早々からアジは元気だった。右舷ミヨシ(船首)の小林夫妻。毎週通うほどの釣り好きで二人とも圧巻の竿さばき。奥さんは開始早々に良型アジ3点掛けのスタート。ご主人はアジ竿2本と泳がせ用1本と計3本の竿を手際よく一人で操る。このポイントで釣れるアジは良型がメイン。40cmに迫るビッグサイズもコンスタントに交じる。中々泳がせに使える小さめのアジが釣れない。早くも桶が良型アジで埋まる人も出始めた。

朝一はサバの猛攻
小林さんはハイペースにアジを上げていく
狙い通り“本命”ゲット
40cm丁度の大型アジ

“端物”はマトウダイからスタート

良型アジがメインながら、時折交じる小型のアジは別の桶で泳がせ用にキープ。早速両舷ミヨシの小林さんと佐藤さんが泳がせを開始。他の釣り人はアジ釣りに集中。サイズも大きいので力強い引きを存分に楽しんでいる。前日のようなロケットスタートとはいかなかったが、開始30分程で小林さんの竿先に違和感発生。餌のアジを突いているような動きを竿先がするのだが、“青物”のように一気に引き込まれるという感じではない。十分な時間を取って食い込ませたのはマトウダイだった。

佐藤さんも一荷(2匹)達成
このサイズはいい引きをします
入れ食いモード突入
中々の良型です
最初の“端物”はマトウダイ
アジを一飲み
【動画】ハモノ狙いもアリ!アジ五目釣り

移動直前に“裏本命”のワラサをゲット!

アジはポイントにさえ入ればコンスタントに釣れる。1回の流しで仕掛けを落とせるのは1、2回が限度と言うほどの速い潮流でオマツリも頻繁になって来た。ここで船長は決断。「この流しで城ヶ島沖に動きますからね」。このアナウンスの直後だった。ミヨシの小林さんの置き竿が力強く海面に突き刺さった。「ワラサだ!」。ベテランの小林さんだが、最初の1匹と言う事で慎重なドラグ調整。無事に取り込んだのは4kgオーバーのワラサだった。

“端物”作戦大成功、ワラサ!
しっかりとフッキング

アジは入れ食いモード突入

移動先の城ヶ島沖は、水深が90m程と深め。潮は相変わらず速めなので、ここでの泳がせは断念。全員がアジを一生懸命狙う。コマセが効き出すと全員が入れ食いモード突入。ビシカゴ着底後にすぐさま糸フケを取ってコマセワークスタート。海底5mの位置で待っていると5秒と間を空けずにアジが竿先を叩く。しかも2点掛けが頻繁だ。仕掛けがタナにあれば空振りなしで釣れていく。いよいよアジの食いが本格化したようだ。

一荷(2匹)達成
初のアジ釣りを楽しめました
クジラ??いえいえ、潜水艦です

ラストはワラサフィーバー

正午を過ぎると大型クーラーがアジで埋まった。十分以上にお土産を確保して最後はまた朝一の“端物”ポイントで30分一本勝負。この30分は圧巻だった。立て続けにワラサが食う。泳がせで竿を出していたのは4人。まず私に4.5kgオーバー。そして小林さんはこの日2匹目、何と最大の6.3kgのブリ級。最後は佐藤さん。初の“青物”と言う事で喜びもひとしお。“本命”アジも小林夫妻は共に50匹越え。“裏本命”のワラサも船中4匹と皆満面の笑みでの帰港となった。

私もワラサゲット!
小林さんにビッグワン!
6.3kgでした
佐藤さんも1匹ゲット
クーラーに入りきらない大釣り
飯田孝弘船長は優しく指導してくれます

釣りビジョンAPC・丸岡直樹

今回利用した釣り船

神奈川県 葉山あぶずり港 『愛正丸』
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内50 鐙摺港内
TEL:090-3683-0914
定休日:第1・3・5木曜日
釣果・施設情報 愛正丸 ホームページ

出船データ

アジ五目乗合船
乗合料金:9,500円(コマセ、付けエサ付き)各種割引あり
集合:午前6時 出船:午前7時~午後3時頃帰港
駐車場:無料
貸し道具:あり(1,000円)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。