オフショアマガジン

2019年8月1日号

千葉県・大原沖のLTイサキ、数型ともに絶好調!!

01_main.jpg

関東地方にも夏の陽射しが注ぎ始めたが、千葉県・房総地区のイサキは今が盛期であることに変わりはない。丸々して体高があり、卵や白子がたっぷり入った美味しい良型が釣れ盛っている。千葉県・大原港『勇盛丸』から出船した。

圏央道・市原舞鶴ICから40、50分

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)を市原舞鶴ICで降り、一般道を40、50分走ると大原港に到着する。駐車場(記事末の「釣果・施設情報」内の「アクセス」参照)に車を停めた。船着き場は道路を挟んだ反対側で、集合は午前4時。永谷亘船長が到着すると、船にエンジンが掛かり明かりが点いた。乗船名簿を記入し、荷物をまとめて乗り込んで早速仕度に取りかかった。

停泊中の大原「勇盛丸」にエンジンが掛かり明かりが点いた

LT(ライトタックル)だから、誰もが楽々楽しめる

『勇盛丸』のイサキ釣りはLT(ライトタックル)だ。道具が軽いので、女性や子供でも楽々釣りを楽しめる(タックルの詳細は仕掛け図参照)。コマセはアミコマセ、ビシの下部のスリットはほぼ締め切り、上部の穴は全開から3分の2の間で調節する。“船宿仕掛け”にはカラーバリが使われていて、付け餌の必要がない。これなら初心者でもストレスがなく釣りに集中できる。準備が整った4時40分頃出船した。

仕掛け図
LT(ライトタックル)でイサキを狙う
『勇盛丸』のLTイサキ仕掛け
アミコマセとテンビン、FLビシ、クッションゴム
ハサミ、プライヤー、サカナバサミ
ビシの下は締めて上は開ける

朝一から“腹パン”の良型イサキが釣れ始めた!

この日の乗船者は、東京から来た釣り仲間4人グループと船長の息子さん、永谷盛高(せいこう)君の5人。全員が右舷に並んだ。盛高君は中学3年生、将来は船長を目指していて、この日イサキ釣り初挑戦とのこと。釣り場は航程30分程の大原沖。湖のようなベタナギだったが、海上は濃い霧に覆われ、雨が断続的に降り続いていた。「上から12mのタナを狙ってください」という船長の合図でスタート。朝一は潮が速く、釣り辛かったものの暫くすると右舷トモ(船尾)2番の船釣り3回目でイサキ初挑戦の八王子市の柴田さんにまず“腹パン”の25cm級の良型イサキが釣れ、他の人にも同型がポツリポツリ釣れ始め、時にはダブルも飛び出した。

船中1匹目のイサキは右舷トモ2番の柴田さんに来た!
右舷ミヨシ(船首)の高橋さん
右舷ミヨシ2番の山内さんはなかなかの手練れだ
右舷大ドモ(船尾)の木口さん
柴田さんのダブル!嬉しそう
木口さんサイズアップ!

潮の流れが落ち着くとイサキの活性が更に上昇!

だんだんと潮の流れが緩やかになり釣りやすくなって来た。それと共に釣れるイサキがサイズアップし活性も上がって来た。船長に魚探を見せてもらうと大きな塊のようないい反応が出ている。こんな時には、ダブルヒットも見られた。私も左舷側で竿を出してみた。船長の指示ダナの1m下でまずコマセを撒き、指示ダナまで巻き上げてもう1度コマセを撒き、そのまま静かにアタリを待った。いきなりギューンッと竿が曲げられ1匹目、そのまま待つとまた引き込まれて2匹目、更に待って3匹目。竿を立てて慎重にリールを巻いた。めちゃ重い。3本バリにトリプル達成!しかも30cm弱の型揃いだ。

バス釣りも好きだと言う山内さん、イサキもバス持ち
朝一よりイサキの型が良くなった
魚探でイサキの群れを探す永谷亘船長
大きく盛り上がったイサキの反応
私も型の良いイサキをトリプルで!
餌盗りが多いと思ったらウマヅラでした

最後にはほぼ入れ食い!早仕舞いの人も!

終盤、船は大きく移動した。船長の指示ダナのアナウンスは、「上から10m」と浅くなった。しかし、それは浅場狙いと言うことだけではなく、イサキの群れがコマセを追い掛けて上擦り、タナが浅くなったのだ。こうなると、イサキの活性はどんどん高くなる。釣り人も積極的にコマセを撒く。すると、相乗効果でますます釣れる。ダブルやトリプルでのゲット率が上がり、ラスト30分には右舷ミヨシ(船首)の稲城市の高橋さんと同2番の町田市の山内さんはほとんど入れ食い状態。右舷大ドモ(船尾)の府中市の木口さんは、満足して少し早めに仕舞い始めた。

永谷船長の息子さんの盛高君
盛高君は『勇盛丸』の船長を目指す好青年だ!
型の良いイサキがかなり釣れている
浅場で素晴らしい反応に遭遇
柴田さん、トリプル!下ろし立ての道具に入魂完了
終盤ほぼ入れ食いとなった山内さんのダブル!
【動画】腹パンの良型交じり!LTイサキ釣り

今が盛期!“旬”のLTイサキを釣りに行こう!

最終結果は、22~38cmを26~48匹。竿頭は山内さん、次頭は高橋さんでほぼ同数(大原のイサキは50匹が規定匹数)、平均37、38匹だった。全てが大きな卵か白子を持った丸々太ったイサキ。「大原沖のイサキは今が盛期です。ウチではLT(ライトタックル)で狙います。道具が軽いので、誰にでも楽々釣って頂けますし、今なら良型の数釣りも可能ですよ」と、亘船長。“旬”真っ直中の大原沖のLTイサキ、ぜひ挑戦して頂きたい。

クーラーは中と大のイサキで満杯!
ペットボトルより大きいイサキばかりだ
可愛いスタッフが帰港を迎えてくれた(前列は船長と息子さんの盛高君)

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県 大原港 『勇盛丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10207
TEL:0470-62-2086
定休日:第1・3月曜日(祝日の場合火曜日)
釣果・施設情報 勇盛丸 ホームページ

出船データ

LT(ライトタックル)イサキ予約乗合
料金:1万1,000円(コマセ・氷・軽食付き)
集合:午前4時
出船:準備が整い次第出船
沖上がり:午前11時
レンタル:貸し竿・ビシ 一式 無料(仕掛けは別)
     ※破損・紛失は実費いただきます
※詳細はお問い合わせください

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。