オフショアマガジン

2019年9月15日号

千葉県・飯岡沖の“一つテンヤ・マダイ”、連日大型浮上!!

01_main.jpg

秋の彼岸も目前、海の中にも秋が訪れて来たようだ。お世辞にも好調とは言えない状況が続いていた千葉県・飯岡沖のマダイだが、9月初めから大型が顔を出し始め、一気に好転の様相を呈して来た。そこで11日、千葉県・飯岡港『幸丸』に出掛けてみた。

台風の後、底荒れは?

飯岡沖では、例年8月の末から漁礁周りで大型マダイが掛り出すが、今年は遅れていた。集合時間は午前4時。30分前に到着したが大勢のマダイファンが集まっていた。受け付け、釣り座決め、支払いを済ませ係留場所に向かった。午前便「第25号幸丸」は、私も含め12人の乗船。海上はベタナギ、ウネリもない。約50分でポイントに到着した。

待合所
自動乗船券販売機

どのタックルも頑丈に

事前情報で『幸丸』では、テンヤ、ジグ、タイラバを使用できるが、当日にどの釣り方が当たるかはわからない。航行中に常連の人に伺うと漁礁や沈船周りが大型のポイントなので、頑丈なタックルが必要。イシダイの7kgクラスも出る事があり、そのタックルを聞いてビックリ。PEラインは2号以上で問題なく、リーダーは8号を使う事もあり、根に潜り込もうとする大型を引きずり出すとの事。いささか自分のタックルに不安を感じながら5時20分過ぎにスタートとなった。

仕掛け図
付け餌1
付け餌2 生きエビ

三択問題?どれに来るか

「水深26m、下から10mに反応が有ります」。向後直樹船長のアナウンスでスタート。流れは緩く薄濁りか、投入即アタリは無し。船中を周るとテンヤの重さは8号から上の誘導式が多くみられた。漁礁に近づくと水深変化のアナウンス、底を引きずると根掛りだ。釣り方は3通り、「底周辺を狙い」、「反応の有るタナ狙い」、「キャスティングしてフォールで狙う」。どれにアタリが出るか、最初のアタリは底で来た。

静かにアタリを待つ
いつでも来い!

来たぞ!大型!連発だ!!

午前6時、左舷ミヨシ(船首)でヒット。強烈な引き込みと海面でのエラ洗いをしてイシダイが釣れた。3.5kgの良型、岩礁の上30cmでのじっと待っている釣り方だ。餌取りが殆どないので大きな誘いは要らない。イナダ、ガンゾウビラメなどの“ゲスト”が掛かり、潮が効いて来たようだ。私は底から10mの反応タナ狙い。水深26mで下から10mはいくら何でも浅いのでは?と思ったが、直ぐにコツ、コツと小さなアタリ。合わせを決めると強烈な引き込み!ラインが引き出されたり、巻きとったりの約5分のやり取りで6.3kgの大型マダイをゲット。時合が来たのか直ぐに右舷胴の間(中央)でも強烈なファイト。テンヤを丸呑みされたようで無念のリーダー切れ。20分後に左舷ミヨシ2番と同じくトモ(船尾)2番でダブルヒット。両者共常連の人で、数分のやり取りでミヨシ寄りは5kg、トモ寄りは4.7kg、続いて3.8kgを追加。約1時間で大型連発、釣り方は“底待ち2匹、上待ち1匹、フォール2匹”。飯岡マダイラッシュ恐るべし!!

もっと大物もいますよと、余裕
大きなオスです
5kgの綺麗なメス
4.7kg これは1匹目
3.8kg 2匹目 お見事です
【動画】狙い通りの大ダイ!ひとつテンヤゲーム

我慢比べ、期待十分の釣果

8時から水深45mの沖目に移動。この頃からピーカン、ベタナギとなり、暑さが厳しくなるが、餌取りがいないのでいつ“本命”が来るか-じっと我慢が続いた。8時50分にハナダイの40cmクラスが釣れて浅場に移動。最初のポイントで右舷トモにヒット、海面でも暴れまわる元気なマダイは2.8kgだった。
午前11時終了時刻となる。マダイは船中5匹。竿頭2匹、最大6.3kg、5kg、4.7kg、3.8kg、2.8kg。“ゲスト”のイシダイ3.5kg。他にもハナダイ、イナダ、ガンゾウビラメ。強烈な印象のマダイ釣りだった。

ゲストのイナダ君
グッドサイズのハナちゃん
フィナーレを飾る2.8kg

大物狙いの準備と工夫を

当日は台風後の底荒れも心配されたが、飯岡沖のポテンシャルを感じさせる1日だった。今回の岩礁周りの大型魚を底待ちで狙う時は、頑丈なタックルやラインを準備する必要が有りそうだ。付け餌は各自で用意するが冷凍エビは船中で購入できる。生きエビも買えるが入荷状況で変わるのでご注意を。生きエビは大きく12~13cmあるので餌付けや仕掛けに工夫が必要かもしれない。

これが浮いている反応
この口を見て下さい
僚船「第51号幸丸」こちらで6.1kgのマダイも出た

午後船では7kgオーバーも

「今日はシケ後の初出船だったので、心配しましたがアタリが出ましたね。薄濁りで水温26.6℃。例年この時期は大型が漁礁周り、沈船周りで当たります。ポイントは根がきついので、頑丈なタックルを用意して下さい。お早目に来てください」と船長。
どの釣りでもベストな時期は限られている。いつまで続くかは海次第。釣行計画が決まったら、連絡を入れて状況や餌の具合を確認して予約を入れる事。
当日の午後船では7kgオーバーも出ている。自己記録の更新チャンスは今かもしれない!

本日指南役 向後直樹船長

釣りビジョンAPC・野口壮一

今回利用した釣り船

千葉県 飯岡港 『幸丸』
〒289-2705 千葉県旭市飯岡3374
TEL:0479-57-2258
定休日:なし
釣果・施設情報 幸丸 ホームページ

出船データ

午前船:4時までに受け付け、11時沖上がり
     氷付き 餌別(船上購入可)
※午後便、料金等は現在特別期間に付き船宿HPで確認の事

その他の記事