オフショアマガジン

2019年12月15日号

東京湾口のカワハギ好調!今が最盛期!!

05_main.jpg

誰もが一喜一憂、“底なし”に奥が深~いカワハギ釣り。今年は台風や大雨、中々下がらない海水温などから、秋になっても数が伸びて来なかった。しかし、ここに来てグーンッと釣果は上向き。今が最盛期、神奈川県・久比里港『巳之助丸』に出掛けた。

餌なし、殻付き、剥き身付きの3種類の料金体系

『巳之助丸』は、通年カワハギの乗合船を出している。京浜急行・久里浜駅、JR横須賀線・久里浜駅からも近く、7時30分の出船には、電車釣行でも十分間に合う。勿論、駐車場も完備しており、スタッフの誘導で車を停める。まずは事務所で午前7時までに受け付け、乗船代を支払い、餌のアサリと氷を購入する。アサリは殻付きと剥き身があり料金が異なる(詳細は記事末「出船データ」参照)。乗船する船を聞き、荷物を持って移動する。そして「第二十三巳之助丸」に乗り込んだ。先着の釣り人は2人。千葉県佐倉市の引田さん親子。早めに来て殻付きアサリの殻を剥いていた。

大型船の「第二十三巳之助丸」(左)
『巳之助丸』事務所
奥のカウンターが受け付け
デッキが広々している
早朝からアサリの殻剥き
アサリの剥き身もある

道具の組み合わせを工夫するのも楽しい

カワハギ釣りは、道具、特にどんな竿を使うかが釣果に響く。たとえば、潮が速い時や水深が深い時は硬調、逆に潮が緩い時や水深が浅い時はそれより軟らかめでいい。何本かの竿を状況に合わせて使い分けるエキスパートもいる。また、和竿で楽しむファンも多い。さらに、カワハギにアピールするために、オモリには色々な色や形の物があり、“集器”と呼ばれる独特の道具も使われる。ハリにも様々な形がある。これらの組み合わせを工夫してカワハギにアプローチ。これもカワハギ釣りの楽しさの一つだ。

和竿で楽しむファンも多い
調子の違う竿を使い分ける
色々なオモリや“集器”
竿掛け+餌箱+マグネット
仕掛け図
7時30分出船

食い渋りの中1匹目は女性アングラーがゲット!

この日は、晴れのち曇り時々弱い雨に北寄りの微風。最初の釣り場は航程10分の鴨居沖、水深は15~30mだった。海上はナギ。臼井功一船長の合図で第1投。前日までトップ20匹前後ということもあり、片舷14人の満船状態。当然朝から撮影は大忙しになるだろうと予想していたが…、シーン?潮が超速く、中々1匹目が上がらない。「いや、まあ、カワハギ釣りではよくあること。時合いが来れば嫌でも忙しくなるはず」と、一旦落ち着いた。船中1匹目は右舷胴の間(中央)、カワハギ釣り2年振りという女性アングラー、所沢市の釣釜さん。20cmオーバーの良型だった。これを皮切りにポツリポツリと釣れ始めた。

船中1匹目は女性アングラー
ポツポツと釣れ始めた
笑顔がこぼれる
デカい!と思ったらウマヅラハギだった
左舷胴の間でも釣れた
カワハギ初挑戦!

アタリがないのに餌は盗られる!?

船は下浦沖の水深30m前後に移動。朝イチ、皆さんが苦しんでいたのは、「アタリがない?」ということだった。カワハギ釣りは、頻繁にアタリがあってもなかなかハリ掛かりせず、「あっ」とか「うっ」とか「やった!」や「バレた…」など、様々な歓声、嬌声、うめき声が聞かれる釣りなのだが、この日はちょっと違っていた。海の中が妙に静かだ。潮が速い。魚がいない?いや、そんなことはない。中々餌に食いついて来ないだけだ。序盤は釣れてくるカワハギは小さめが多かった。こんな日は釣り人も静かになってしまう。でも、暫くすると餌はなくなる。だから、カワハギはいる。問題はどうやって釣るかだ。

11匹ゲット!
ちょっと可愛いけど釣れたよ!
8匹ゲット!
きれいな模様のカワハギ
やった!釣れた!
良型のカサゴが交じった

終盤に盛り上がり。ダブルに大型も!

船は鴨居沖に戻った。難しいこの日の釣りに皆さん困惑しているようで、竿の動きが大人しくなり、でも逆にそれで分かるアタリがあった。オモリが着底したら静かに弛ませてゆっくり誘い上げてみる。竿先に感じる「コツ」にならない「コ」という微かな、何か?これはアタリ?合わせてみる。「乗った」の声。釣れるカワハギがサイズアップ。正午頃からは潮が緩くなり、引田さん(父)がダブルで。右舷胴の間、横須賀市の佐野さんには28cmの大型が釣れて来た。終盤、船全体に活気が戻った。釣れるのは肝でお腹が大きく膨れた“肝パン”の良型ばかり。いい感じに盛り上がって来たところで、無情にも沖上がりの14時30分がやって来た。

肝パンゲット
少し潮が緩くなり釣りやすくなった
だんだん活性が上がって来た
ダブル!
終盤、時合が来たようだ
釣れました!
【動画】餌を盗らせないぞ!カワハギ釣り

難しくも面白い“肝パン”カワハギ、最盛期!

結果、トップは16~28cm、11匹の藤沢市の津末さん、2番手は釣釜さんの10匹、文京区の清水さん9匹、8匹4人、7匹4人と続き、残念ながら2人がゲットならず。別船では、何とトップ47匹!とのこと。物凄い差となった。「今日は難しかったですね。極小のアタリで引っ掛けて釣れると数は伸びたのですが…。しかし、これからは少し深い場所に大きな群れが固まり、もう少し簡単に釣れる季節になります」と臼井船長。この取材後はトップ20~30匹の日が多くなり、最盛期の様相だ。難しいけど面白い、食べて美味しい“肝パン”のカワハギ釣り、ぜひ挑戦して頂きたい。

大型のカワハギも釣れた!
28cmの超“肝パン”だった!
こちらは良型“肝パン”
イナダも交じった
ダブルヒット!
お世話になりました、臼井功一船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

神奈川県 久比里港 『巳之助丸』
〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-1-4
TEL:046-841-1089
定休日:第2・4金曜日
釣果・施設情報 巳之助丸 ホームページ

出船データ

カワハギ乗合 ※シーズン中土日祝は要予約
受付=7時までに
出船=7時30分
料金=
 7,500円(餌なし)
 8,700円(殻アサリ付)
 9,500円(アサリ剥き身付)
※アサリ剥き身別途購入2,000円、氷100円
割引=小学生 2,000円引き、中高生 1,500円引き、女性 1,000円引き
レンタル=貸し竿 300円
※詳細はお問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。