オフショアマガジン

2020年2月15日号

千葉県・大原沖の一つテンヤ・マダイ!イワシの群れ狙いで好調!!

02_main.jpg

このところの好調さには目を見張るものがある千葉県・大原沖の一つテンヤ・マダイ。数ばかりかサイズもよく1.5kg以上が数多く交じり、時には3kg、4kg級の“大ダイ”も釣れている。大原港『つる丸』に出掛けた。

船宿で受け付けしてから港に移動

『つる丸』は、通年一つテンヤ・マダイの予約乗合船を出している。現在は、午前はヒラメで出船、一つテンヤ・マダイは午後に出船している。11時に港近くの船宿(待合所)に集合、受け付けを済ませて、港の駐車場に移動。11時30分までに荷物をまとめて船着き場で待機。『つる丸』は船長を始めスタッフも気さくで、初心者も快く受け入れてくれる。私も一つテンヤ・マダイは今回が3、4回目。未だテンヤでマダイを釣ったことがなく、今回の目標は「兎に角1匹!」の意気込みで臨んだ。

港近くの『つる丸』の船宿(待合所)
乗船名簿と「第10回つる丸大鯛チャンピオンシップ」エントリー用紙
若女将の岩瀬てるみさんが笑顔で迎えてくれる
受け付けで乗船料を支払う
受け付けを済ませたら港に移動
大女将から氷を貰う

午前のヒラメ船が帰港、入れ替わりに乗船

11時30分頃、午前のヒラメ船が帰港。下船する釣り人と入れ替わりに乗り込んだ。準備が整い次第出船となる(この日は11時45分頃)。次々に帰港する午前船とすれ違いながら「つる丸」は出船し、12時45分頃釣り場に到着。道中釣り仕度を調える。多くの人が一つテンヤの他にもタイラバやジギングのタックルを持ち込んでいた。岩瀬正尚若船長に訊いてみると「日によって“巻きがいい日(タイラバやジギング)”と“エビがいい日(一つテンヤ)”があるんですよ。今日はどうですかね」とのこと。天候は晴れ、風はそよそよ程度、まずまずのナギだ。

午前船が帰港したら入れ替わりに乗船
きれいに整理されたテンヤ
「つる丸」大船長作のカブラ、「釣れる!」と評判
こんな風にエビにハリを刺す
“巻きが良い”日もあるのでタイラバも持参したい
仕掛け図

船中1匹目はジギングに!

若船長が船首からパラシュート・アンカーを投入。「水深40m、始めてください」のアナウンスで開始。少しの間誰の竿も曲がらず、ちょっと心配になった。右舷胴の間(中央)で、「つる丸大鯛チャンピオンシップ」(大ダイ1匹の重量や中ダイ以上の総重量で豪華賞品。エントリーは受け付けで無料)の昨年の優勝者である木更津市の森さんの見事なテンヤ捌きを撮影していた時だった。左舷胴の間が騒がしい。急いで行ってみると、川崎市の佐川さんがベイトリールを巻いている。タイラバ?いや、ジグだった。フォールさせてボトムから巻き上げた瞬間バイトしたそうだ。

船中1匹目はジギングに!
船中2匹目はテンヤに!
右舷胴の間、タイラバで良型!
1kgオーバーのマダイ!
右舷ミヨシ、一つテンヤで!
左舷胴の間、一つテンヤ!

“テンヤ”と“巻きの釣り”、どちらが良い?

一つテンヤでもタイラバでもジギングでも、そして、釣り座にもあまり関係なくマダイは釣れた。物凄い活性の高さだった。しかし、ある傾向が見えて来た気がしたので、それを確かめるべく船長に訊いてみた。「良型のヒットはタイラバに多いような?」とたずねると、船長も「今日は“巻きの日”みたいですね。実はこのところタイラバの方が大きいのがよく上がっているんです」との事。ただ、逆にタイラバなどの“巻き物”は全く見向きもされず、エビ餌(テンヤやカブラ)にばかりマダイが掛かる日もあると言う。

右舷大ドモ(船尾)、タイラバで!
イワシを追うマダイは“巻き”の釣りが有利!?
タイラバでヒット!良型の予感!
1kgオーバーのマダイだった!
型の良いマハタも釣れた
良型のマダイ!これもタイラバ

私も目標達成!夕マヅメには良型連発!

私も竿を出してみた。「一つテンヤで1匹」が目標、だが、良型はタイラバ有利という現実。「ん~、どっちかな?」と悩んだ末、一つテンヤを選んだ。まずは底近くでシャクっては落とし込む。小さいアタリは頻繁で、すかさず合わせるが、タイミングがズレているのかハリ掛かりしない。「5秒じゃ遅い、4秒だ」と思い、シャクって落として4秒でまたシャクるに変えた。すると、アタリとシャクリがバッチリ合った。「やったー!」と心の中で叫ぶ。上がってきたのは30cm弱のかわいいサイズだったが初テンヤ・マダイ、ゲットで目標達成!嬉しかった。日が暮れて来るとテンヤでもタイラバでも良型がヒット。夕マヅメの時合いのパワーは凄い。17時30分頃、日没となり終了。

良型のホウボウ、美味しい魚だ
右舷大ドモ、2kgクラスのマダイ!
左舷側でも良型が上がった!
マヅメ時の良型!
最後の1投で良いアタリが来た!
2kg前後!ナイスサイズ!
【動画】タイラバやジグもOK!ひとつテンヤゲーム

何と船中87匹の爆釣!春には“大ダイ”のシーズンに!

巻頭写真は、1~2kg中心にマダイ7匹でこの日最も総重量が重かった練馬区の小野さんの釣果。数で言えば一つテンヤが上回り、森さんは15匹、左舷胴の間の黒川さん14匹(両名とも小型はリリース)。他、10匹、7匹2人、5匹と続き、スソでも2匹で船中87匹と爆釣(小型はリリース)。岩瀬正尚若船長曰く、「今後まだまだ新群れが入って来ますし、そして、“大ダイ”はこれからが本番です」とのこと。初心者からベテランまで楽しめる一つテンヤ・マダイは今がチャンス!私も次回は春の“大ダイ”シーズンに挑戦してみたい。

マダイとマハタがズラリ。全てタイラバでゲット
満足の釣果!
この日は“巻きの釣り”に良型がよく交じった
下船後、“チャンピオンシップ”のために“中ダイ”以上を計測
若船長の岩瀬正尚さん。楽しく釣らせてくれた

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県 大原港 『つる丸』
〒298-0003 千葉県いすみ市深堀1885-12
TEL:090-4377-5777
定休日:第1・3月曜日
釣果・施設情報 つる丸 ホームページ

出船データ

午後一つテンヤ・マダイ予約乗合
料金=1万2,000円(餌、氷付き)
集合=11時受付(船宿) ※11時30分には港に移動
出船=12時頃
沖上がり=18時頃
レンタル=貸し竿(手巻き無料)
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。