釣りビジョン

東京湾のLT(ライトタックル)アジ!数釣りモード!!

2020年07月01日公開

03_main.jpg

「同じ魚なら大きいほど脂が乗っていて美味しい」。これは誰もが思う事だが、実はこれが当てはまらないのが東京湾奥のアジ。通称「金アジ」と呼ばれる居着きのアジ。サイズはやや小型ながら、常に脂が乗っており実に美味い。しかも数釣れるというのだから言う事なし。このアジを通年で目玉の釣り物としている神奈川県・川崎『つり幸』に出掛けた。

「金アジ」は、常に脂がたっぷり

何故このアジは、脂が乗っていて美味いのか?それはこのエリアのアジが回遊性ではなく、同じ場所に通年いる“居着き”であるため。そもそも栄養豊富な東京湾で潤沢に餌を食べ、あまり動かない。そのため、脂たっぷりの肥満体になるのだろう。釣り好きの銀座の寿司職人から「一番美味しいアジは、“江戸前もん”」と聞いたことがあるほどだ。

大師IC、浅田ICを下り数分。係員の案内で駐車場所へ
『つり幸』では、JR及び京浜急行の川崎駅前から午前6時30分に黄色く目立つ送迎バスが出ているが、今回は時節柄、車でのアクセスに触れておきたい。船宿があるのは産業道路沿い。首都高横羽線で都内方面からなら大師IC、横浜方面からなら浅田ICを下りてそれぞれ5分程。船宿前で係員が釣り物に応じて駐車場所を案内してくれるので必ず声をかけて駐車場所を確認する。他の魚種の乗合船も出ているので間違うと大変。駐車スペースは十分にあるので問題なし。

初心者にも人気が高い『つり幸』の特色

東京湾奥では、多くのアジ乗合船が出ている。『つり幸』でも通年で午前、午後の半日船を出している。正味3時間ちょっとの釣りで初心者や子供連れでも気軽にトライできる。しかも多くのアジのポイントは波の非常に穏やかな場所なので船酔いの心配も少ない。釣りに必要な道具のレンタルは勿論、ライフジャケットなども用意されている。『つり幸』は、多くの初心者が訪れる事でも有名で、船長や上乗りさんが丁寧に教えてくれるので安心だ。

 

40号ビシカゴのLTアジ

LT(ライトタックル)アジは、40号の軽いビシカゴを使用した釣り方。合わせるロッドとリールもコンパクトなもので十分。最近では多くのLTセットが釣具店で販売されており、非常に汎用性に富む。仕掛けはアジ用のハリス2号の天ビン吹き流し。数を狙うには3本バリが有利だが、取り回しは2本バリの方が扱いやすい。最初は2本バリ。慣れてきたら3本バリがお勧めだ。

アオイソメのつけ方はチューブにハリを通すように
多くの船宿では、付け餌に食紅で染めたイカのアカタンが配られるが、『つり幸』ではアオイソメが基本。活き餌であるアオイソメは非常に食いが良いからだという。餌のつけ方はアオイソメをチューブと考えると理解しやすい。チューブの空洞にハリを通すようにさし、ハリから飛び出た分は1、2cm垂らす。このつけ方ならば水中で餌が回転せずに済む。

最初の流しは厳しいスタート

この日のポイントは横浜ベイブリッジ周り。水深は15m程。釣行前日はトップで85匹と終始爆釣だったようだ。アジには濁り潮が有効なのだが、この日は前日とは打って変わって澄んでしまい一抹の不安がよぎる。いざ実釣を開始すると風と潮が喧嘩して中々仕掛けが安定しない。コマセで魚を寄せる釣りなので釣り難いコンデイション。最初の流しは思わぬ空振りとなった。

この日の主役は中型の「金アジ」
ポイントを少し変えての2流し目。依然として潮の流れは不安定だがポツリポツリとアタリが出始めた。会社仲間で釣りに来た5人グループ。今日が初めてのアジ釣りの宮路さんが初めてのアジの引きを堪能していた。「金アジ」は小型と言ったがこの日に主役となったのは20cmを超える中型。脂肪たっぷりでパンパン、幅広の体高で申し分ない。強い引きで楽しいの一言。また、姉弟で右舷船尾で竿を出す櫻井さんは、タナをしっかりと海底から2mに合わせてアジを掛けた。

【動画】初めてで楽しい!LTアジ釣り

トップ32匹で全員がお土産確保

「昨日はよかったのに…」は、アジ釣りあるあるだ。この日も前日の爆釣ぶりから見るとアタリが遠い。潮のいたずらでアジの食いも浅く、バラシ連発。しかし、それでも徐々にアタリは増えてきた。船長の指示ダナは海底から2~5mだが、主に当たっていたのは海底から2m。釣り方に慣れてくると連発も出てきた。アジの食いは決して悪くない。この日はアジが散っているようで、群れが小さい感じ。上手な人は確実にその小さな群れから1匹ずつ釣っていくが、中々追い食いとまではいかない。最終的にベテラン勢は30匹越えを達成。5人の会社グループは初めての櫻井さんが仲間内でトップ18匹。櫻井兄弟はお姉さんが18匹、弟さんは11匹と姉の面目を保った。前日のような爆釣とはいかないまでも全員がお土産には十分な釣果で納竿となった。やはり東京湾のアジは裏切りません!

今回利用した釣り船

神奈川県川崎 『つり幸』
〒210-0864 神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
TEL:044-266-3189
定休日:毎週木曜日 釣果・施設情報 つり幸 ホームページ

出船データ

半日LTアジ
出船時間:6時50分
乗船料金:6,500円(女性/子供は3,500円)コマセ・餌・仕掛け1組・氷付き
     
※記事の掲載内容は公開日時点のものになります。時間経過に伴い、変更が生じる可能性があることをご了承ください。

その他オススメ記事