オフショアマガジン

2020年10月15日号

千葉県・内房、勝山沖のワラサ!数・型ともに絶好調!!

02_main.jpg

9月、“イナワラ”(イナダとワラサの中間サイズ)からワラサ級がポツリポツリだったが、10月に入ると同時に3kg前後のワラサが連日トップ2桁と絶好調になって来た千葉県・内房、勝山港の『利八丸』。その強烈な引きと痛快な数釣りを堪能した。

船型プレートで席を確保!

勝山港へは館山自動車道・鋸南富山ICが一番近い。一般道に降りてからでもコンビニがあるので便利だ。この時期の集合時間は『利八丸』看板前に、午前5時30分。女将さんが軽ワゴンで到着したら受け付け開始、船型プレートで席を確保し、オキアミ3kg(付け餌・コマセ共用で十分OK)を受け取り、荷物と共に渡辺大輔船長が操船する「第一利八丸」に乗り込んだ。各釣り座にはコマセ桶とその中に氷、海水の入った桶が用意されている。氷はクーラーに入れ、オキアミは海水桶で溶かしつつ釣り仕度を開始した。

千葉県内房・勝山港『利八丸』
千葉県内房・勝山港『利八丸』
船着場護岸に車を停められる
船着場護岸に車を停められる
『利八丸』看板前で受け付け
『利八丸』看板前で受け付け
お得なポイントカード
お得なポイントカード
オキアミブロックを2個貰う
オキアミブロックを2個貰う
乗船した大型船「第一利八丸」
乗船した大型船「第一利八丸」

仕掛けは船でも購入可能!

ロッドキーパーは強い引きに備えてしっかり固定する。竿には尻手を付け脱落防止。道糸の先に80号のビシを取り付けた片テンビン、クッションゴム、その先に仕掛けをセットする(仕掛けは船でも購入可能、2組500円)。電動リールは船の電源を利用するかバッテリーを持参。オキアミが半分くらい溶けたら袋から出しコマセ桶に入れる。ビシにオキアミを目一杯詰めるのはNG、6割程度でOKだ。ビシのスリットは上全開、下1cm程度は開けておく。付け餌のオキアミはコマセの中から“美味しそうなもの”を選んで尾バネを取り、写真のようにオキアミが真っ直ぐになるようにハリに刺す。これで準備完了だ。

仕掛け図
仕掛け図
仕掛けは船でも購入可能
仕掛けは船でも購入可能
付け餌はコマセの中から拾った
付け餌はコマセの中から拾った
付け餌はこんな風にハリに刺す
付け餌はこんな風にハリに刺す
両手の人差し指に指サック
両手の人差し指に指サック

朝一は港の前でマダイを狙った

6時、定刻出船。「まず港の前で小1時間マダイを狙ってからワラサの場所に向かいます。タナは上から取ります。マダイの仕掛けはハリス4号10m前後でお願いします」と、渡辺船長からアナウンス。ワラサのポイントは開始時刻が決まっていて、その時間までここでマダイを狙う。「はい、どうぞ、上から27mでやってください」。早速、左舷ミヨシ(船首)の千葉市の衣非(えび)さんにアタリ。慎重に巻き上げる。引きが強そうだ。上乗りとして乗り込んだ早川船長のタモ入れで、イナダが取り込まれた。「この場所はよくマダイが出るんだけどね」と衣非さん。しかし、この日のマダイはちょっとご機嫌斜め。時間となりワラサのポイントへと移動した。

良い反応だったがマダイは不発
良い反応だったがマダイは不発
大ダイかと思ったらイナダだった
大ダイかと思ったらイナダだった

ワラサは開始早々入れ食い状態!

「タナは上から38m」という船長指示でスタート。するとまたもや衣非さんにヒット。今度は電動リールを唸らせて強引に巻き上げ、無事70cm前後、3kg級の“本命”をゲット。この1匹を皮切りにあちらこちらでワラサが連発。強烈な引きに遊ばれてオマツリが続出したが右舷側の釣り人は全員がワラサをゲットした。釣れるサイズは良く太った3kg前後中心。これに腹回りの生育状況が特に良さそうな3.5kg前後の“メタボ”な個体、言わば“A5ランク”の脂乗り抜群のワラサが交じった。これは美味しそうだ。

強烈なワラサの引き込み
強烈なワラサの引き込み
この日第1号のワラサ3kg前後!
この日第1号のワラサ3kg前後!
「早速釣れたよ!」
「早速釣れたよ!」
メタボなワラサ、脂乗りは“A5ランク”!
メタボなワラサ、脂乗りは“A5ランク”!
「お前さん、よく引いたなぁ!」
「お前さん、よく引いたなぁ!」
まず右舷全員ワラサをゲット!
まず右舷全員ワラサをゲット!

豪快なゴリ巻きで3kgオーバーをゲット!

船長に魚探の反応を見せて貰うと上から45m前後のタナに色濃いワラサの反応が。私も竿を出した。指示ダナは変わらず上から38m。1度43、44mまでビシを沈め、コマセを撒きながら38mまで巻き上げて置き竿にした。30秒程経って竿を1シャクリして誘うと、直後、ゴツゴツ、ゴツゴツッと竿先にアタリ。竿を手持ちにしてリールを1、2回巻いてみた途端ギューンッと絞り込まれた。最初は耐えるしか出来ず、少し引きが弱まった隙に電動リールのスイッチをON、ドラグも締めてフルスピードで強引に巻き上げると、早川さんがタモ取りしてくれた。丸々太った3kg強のワラサだった。

上から45m付近にワラサの反応!
上から45m付近にワラサの反応!
この1匹で船中全員ワラサゲット!
この1匹で船中全員ワラサゲット!
1kg前後のマダイも交じった!
1kg前後のマダイも交じった!
強烈な引き!痛快な釣りを全員堪能!
強烈な引き!痛快な釣りを全員堪能!
太くて大きい!2Lボトルが小さく見える
太くて大きい!2Lボトルが小さく見える
クーラーに入り切らない人も!
クーラーに入り切らない人も!

強烈なファイト!ワラサ釣り

良い群れ到来!本格シーズンがやって来た!

ワラサの食いは終盤まで衰えることはなく、絶えず誰かの竿が曲がっている状況が続いた。ワラサ釣り開始から3時間経った11時頃には、ほぼ全員クーラー満杯。船長も「通常より1時間早いですが、11時30分で早上がりしましょう」とアナウンス。結果、2.5~3.4kgのワラサ6~17匹、8人中5人が“ツ抜け(2桁)”、船中85匹!今シーズン最高の釣果(取材日時点)となった。「良い群れが入って来ました。このところトップ10匹以上釣れています。好調ですよ。まだまだ続きそうです」と渡辺大輔船長。大きな群れの到来とともに本格シーズンに突入した勝山沖のワラサ釣り。今が絶好のチャンス!是非挑戦して頂きたい。

竿頭は大型クーラー満杯!
竿頭は大型クーラー満杯!
「良い釣りだった!今日は満点!」
「良い釣りだった!今日は満点!」
「大漁!大漁!」
「大漁!大漁!」
最後の最後まで食いは続いた!
最後の最後まで食いは続いた!
お洒落な帽子がトレードマークの渡辺大輔船長
お洒落な帽子がトレードマークの渡辺大輔船長
お世話になった上乗り役の早川船長
お世話になった上乗り役の早川船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県勝山港 『利八丸』
〒299-2117 千葉県安房郡鋸南町勝山471-7
TEL:090-2526-3837
定休日:なし
釣果・施設情報 利八丸 ホームページ

出船データ

午前ワラサ予約乗合
料金=1万1,000円(オキアミ3kg、氷付き)
集合=午前5時30分(港)
出船=午前6時
沖上がり=12時30分頃

その他の記事