オフショアマガジン

2021年2月15日号

東京湾の“LT・アジ”絶好調!!数・型共に文句なし!

02_main.jpg

「船釣り未経験だけど、船に乗ってみたい。そして、どうせ釣るなら美味しい魚」。一見難しそうな“お題”だが、お勧めは東京湾のLT(ライトタックル)アジだ。初心者からエキスパートまで楽しめて、その食味は折り紙付き。神奈川県・川崎『つり幸』から出船した。

車のアクセス良好&川崎駅まで送迎あり

『つり幸』へは、マイカー利用ならナビで「つりこう」または「神奈川県川崎市川崎区池上町9-12」を検索するのが早い。電車利用ならJRまたは京急・川崎駅近くまで送迎バスが来てくれる。詳しくは記事末の「つり幸 HP」内の「アクセスマップ」を参照。マイカーはスタッフの誘導で駐車場に停め、荷物を持って船宿受け付けへ。手指を消毒、乗船名簿を記入し、竿やライフジャケット、長靴などをレンタル、料金(付け餌、コマセ、氷1個、仕掛け1組付)を支払い、冷凍庫から氷を1つ貰って船着場へ行くとスタッフの案内でスムーズに「アジ」と書かれた船に乗り込むことが出来た。

産業道路沿いの看板
産業道路沿いの看板
スタッフの誘導で駐車
スタッフの誘導で駐車
荷物を持って船宿受け付けへ
荷物を持って船宿受け付けへ
各種釣り物に出船中
各種釣り物に出船中
手指消毒&乗船名簿記入
手指消毒&乗船名簿記入
船宿内で受け付け
船宿内で受け付け
冷凍庫から氷を貰う
冷凍庫から氷を貰う
船はスロープの先
船はスロープの先
「アジ」船は左奥に停泊
「アジ」船は左奥に停泊

親切なスタッフ、行き届いたサービス

「アジ」船(大型船の「さくら丸」)に乗り込むと、船べりには既にコマセ(イワシのミンチ)の入った桶とレンゲ、人数分の貸し竿が用意されていた。同じグループのメンバーが泣き別れにならないよう船長が座席を配慮している場合があるので、船長に一声掛けて空いている席に座ろう。程なく付け餌のアオイソメやレンタルのビシなどが配られた。分からない事はサポートのスタッフ(上乗り)か船長に尋ねよう。リールの操作方法からテンビンや仕掛けの取り付け方、コマセの詰め方、餌の付け方、釣り方など、初めての人にも分かりやすく、LTアジ釣りの全てを丁寧に教えてくれる。

「さくら丸」(左)に乗船
「さくら丸」(左)に乗船
用意されていたコマセ
用意されていたコマセ
アオイソメは1cmに切る
アオイソメは1cmに切る
仕掛け図
仕掛け図
レンタルのテンビンとビシ
レンタルのテンビンとビシ
船の仕掛け
仕掛け
ビシにコマセを詰める
ビシにコマセを詰める
長靴のレンタルもある
長靴のレンタルもある
これは冬の必需品だ
これは冬の必需品だ

気持ちの良い早朝、午前LTアジは6時50分出船

村山克英船長の操船で6時50分に出船、東京湾を横断して木更津沖に到着した。「コマセの入った器は船の外側に出してください。ビシにコマセを詰めて、アオイソメは1cm位に切り、ハリには通し刺しにして垂らさないでください。やってみましょう、水深は13mです」と言う船長アナウンスで開始。「タナは9mから13mの間を探ってください。まず、底まで落として糸フケを取ったらコマセを振りながら1m位(リールを2回)巻いて、そこでまたコマセを振ったら50cm位巻いて待っていてください。来なければ徐々に上げて9m位までタナを探ってみてください」と船長より釣り方のアドバイスも入った。

木更津沖を狙った
木更津沖を狙った
アジが釣れた!
アジが釣れた!
なかなか良いサイズだ!
なかなか良いサイズだ!
お祖父ちゃんとお孫さん
お祖父ちゃんとお孫さん
初めてのアジ釣りです!
初めてのアジ釣りです!
大きなアジだ!
大きなアジだ!
嬉しい“ゲスト”のカサゴ
嬉しい“ゲスト”のカサゴ
やっと来ました!
やっと来ました!
2匹目です!
2匹目です!

潮が悪く思いがけず難しい釣りになった

この日は、潮が澄んでしまった上に流れもあまりなく、アジの活性がなかなか上がらなかった。ポツリポツリと単発では釣れるものの後が続かない。調子がいい日は、1匹釣れるとバタバタとアタリが船全体に波及して入れ食いモードに突入。暫くは高活性が続いて数が伸びる。上乗りの皆川さんも「今日はいつもの感じではないですね。こんな日は余り動かさずに、コマセも余り撒かずにアタリを待った方がいいかもしれません。コマセの匂いを漂わせて、ゆっくりの誘いでそっと食わせるイメージです」。しかし残念ながら、11時頃沖上がりとなり“午前船”の取材終了。次は“午後船”でチャレンジだ。

やった!中アジのダブル!
やった!中アジのダブル!
ピチピチのアジだよ!
ピチピチのアジだよ!
幅広の美味しそうなアジ!
幅広の美味しそうなアジ!
いい引きでした!
いい引きでした!
釣れた!釣れた!
釣れた!釣れた!
良型が釣れました!
良型が釣れました!

【動画】釣り初めてで歓喜!LTアジ釣り

午後船は12時30分出船

“午後船”は12時30分に出船。横浜沖~本牧沖を狙った。船長の「水深20m。タナは16~20mの間。釣り方が分からない方はスタッフに声を掛けてください」というアナウンスでスタート。乗り合わせた13人の内6、7割が“初めて”か“ビギナー”だった。そのため、上乗りが2人乗船、LTアジの釣り方を“ゼロから十まで”ホントに親切丁寧にわかりやすくレクチャーしていた。この万全のサポート体制のおかげで、初め“生まれたての赤ちゃん”だった皆さんも、すぐに“はいはい”から“つかまり立ち”して、最終的には“独り立ちして”上手にコマセを振れるまでに成長した。

「第二十一さくら丸」
「第二十一さくら丸」
午後船の乗船待ち
午後船の乗船待ち
レクチャー受けたら釣れた!
レクチャー受けたら釣れた!
イシモチ!?アジじゃないの?
イシモチ!?アジじゃないの?
幅広のアジです!
幅広のアジです!
手慣れの釣り人にもアジ!
手慣れの釣り人にもアジ!
初心者の女性もニッコリ!
初心者の女性もニッコリ!
いい引きでした!
いい引きでした!
僕にもアジ!
僕にもアジ!

終盤に向けて活発化、お土産十分!

私も竿を出した。午前より午後の方が活性は上がっていたが、それでも“本調子”という感じではない。派手なコマセワークは避け、コンパクトに軽くコマセを振ってタナを取り、アタリが来ない時はゆっくり竿先を下げて暫く待ち、ゆっくり竿先を持ち上げると、その瞬間クククッとアタリ!この釣り方で4、5匹立て続けに釣れた。終盤になると22、23cmの中アジが掛かり出し、皆さんの足元のバケツは多くのアジで賑やかに。アタリは最後まで続いた。「冬場のアジは日によって多少ムラもありますが、雑念を払って“無”の境地で根気よく釣れば結構楽しめます。“東京湾ブランド”の幅広の脂の乗った美味しいアジを釣りに来てください」と村山克英船長。アジは春に向かって調子を上げる。是非挑戦して頂きたい。

「初めてアジを釣りました」
「初めてアジを釣りました」
「釣れて良かったです!」
「釣れて良かったです!」
「釣れました!やりました!」
「釣れました!やりました!」
タタキ、フライ、干物、美味しい!
タタキ、フライ、干物、いろいろ美味しい!
竿頭の人は30匹前後!
竿頭の人は30匹前後!
マイクロバスで川崎駅まで送迎
マイクロバスで川崎駅まで送迎

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

神奈川県川崎 『つり幸』
〒210-0864 神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
TEL:044-266-3189
定休日:毎週木曜日
釣果・施設情報 つり幸 ホームページ

出船データ

午前・午後LTアジ乗合
料金=6,500円(付け餌、コマセ、氷、仕掛け1組付)
出船=午前 6時50分、午後 12時30分
帰港=午前12時頃、午後 17時頃
レンタル=貸し竿(手巻き 500円)、ビシカゴ、カッパ・長靴もあり
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。