オフショアマガジン

2021年3月15日号

千葉県・南房総にヤリイカの春が来た!!

01_main.jpg

陽溜まりの暖かさに春の訪れを感じる今日この頃。早春のお楽しみと言えば、胴長40cmを超える良型のヤリイカ。今年も順調に釣れ出したと聴き、菜の花の咲く千葉県は鴨川市、江見太夫崎港の『渡辺丸』に出掛けた。

ポカポカ春の陽気、午後船でのんびり

「渡辺丸」が発着する江見太夫崎港は、館山自動車道・君津ICから1時間程。圏央道こと首都圏中央連絡自動車道・木更津東ICからも1時間ちょっとで到着する。カーナビには「道の駅 鴨川オーシャンパーク」と入力するか、千葉県鴨川市江見太夫崎無番地「鴨川市漁協中央出張所」と入力。船宿公式HPに写真付きの詳しい案内があるので、初めての際は事前のチェックがお薦めだ。午後船は正午迄に船着場へ集合。岸壁まで車が乗り入れられ、荷物の積み降ろしは楽々。道具を降ろしたら車は道の駅の裏手にある釣り客用の駐車スペースへ移動する。この日は11時30分に午前便が帰着。船長が割り振る釣り座に道具を積み込み、定刻を待たずに「第十 渡辺丸」は出船した。

「渡辺丸」が発着する集合場所
「渡辺丸」が発着する集合場所
岸壁に荷物を降ろし、駐車スペースへ
岸壁に荷物を降ろし、駐車スペースへ
午前船の釣り人を乗せて「渡辺丸」が帰港
午前船の釣り人を乗せて「渡辺丸」が帰港
釣り座は船長の指示で割り振られる
釣り座は船長の指示で割り振られる
投入器が人数分あるのも嬉しい
投入器が人数分あるのも嬉しい
のどかな早春の海へ出船
のどかな早春の海へ出船

ズッシリ、良型が竿を曲げる!

穏やかな海を走ること30分弱で鴨川沖の釣り場に到着。「ハイ、じゃあやってみましょう、160m!」のアナウンスで一斉に投入。最初に竿を曲げたのは右舷トモ(船尾)の三浦さん(越谷市)。取り込まれた胴長40cmクラスの良型に期待は高まる。が、表層の潮流が速く釣り難いうえに、巻き上げ途中のバラシも散見した。どうやらその犯人は中層に居るメダイ。たまたまツノに掛かって取り込まれたメダイの口からはイカゲソが覗いていた。さらにイカの足も速く、ポツリ、ポツリと釣れてはいるのだが後が続かず散発的。救いはその型の良さで、胴長40cm前後が多く、乗ればしっかり竿先が曲がって分かり易い。辛抱強く誘っては投入し直すことで、釣果はじわりじわりと伸びて行った。

期待を込めて投入!
期待を込めて投入!
船中一杯目からこのサイズが上がった
船中一杯目からこのサイズが上がった
良型主体で乗りは分かり易い
良型主体で乗りは分かり易い
ヤリイカを頬張るメダイが取り込まれた
ヤリイカを頬張るメダイが取り込まれた
スルメイカも何杯か上がる
スルメイカも何杯か上がる
直ぐに開いて「船上干し」に
直ぐに開いて「船上干し」に

ダブル、トリプルのチャンス到来!

「昨日までは釣れていたのに…」そんなレポートになるのかと諦め掛けていた15時過ぎ、それまで釣れて来なかったアジやサバが取り込まれ、これに交じって中・小型の雌イカが上がりだした。これを機にあちらの釣り座、こちらの釣り座で電動リールのモーター音が鳴り始め、時にダブルで、またある時にはトリプルでヤリイカが取り込まれる“時合”が訪れた。沖上がり時間は近いが、馴れた釣り師はすかさず仕掛けを新品に交換。好機を逃さず足元の桶はみるみるヤリイカで充たされた。釣っている最中は、小さな雌イカより、ビニール傘大の雄イカの方が嬉しいものだが、この時期抱卵した雌イカは逸品。墨袋と軟骨だけを除去して、卵が漏れないよう楊枝で封してサッと煮付ければ、この時期しか味わえない食感と美味。これを1度味わえば、小さなヤリイカが釣れることも喜びに変わること請け合いだ。

中型の雌イカ交じりで“時合”到来!
中型の雌イカ交じりで“時合”到来!
好機を逃さず手堅くキャッチ!
好機を逃さず手堅くキャッチ!
サイズは大・中・小が入り交じる
サイズは大・中・小が入り交じる

【動画】午後からのんびり!ヤリイカ釣り

船長に訊くヤリイカ釣りのコツ

「今年は(シーズンインが)早くて、いい型が上がっています」と言う渡辺英雄船長にヤリイカ釣りのコツを訊いた。「イカは何でもそうですけど、新しいツノを使うことですね。あと赤キャップの浮子スッテを1本入れると良い。(プラヅノと)動きが違うんで、初心者の方でも釣れて来ることが多い。釣果的にはあればっかりって時もあるからね」と言う。確かに写真を見返してもレッドヘッドの白い浮子スッテは有効な模様。「ツノの数は多くなくて良いと思うんですよ。ヤリイカってタナが狭くて、底から10mくらいの間だから。それより竿を置いたらまず釣れない。マメに誘ってる人が、やっぱり釣れますね。釣れてる人がどんな誘いをしてるか、よく観察することがポイントかも知れないですね」とのこと。船の上で手詰まりになったら、是非思い出して頂きたいアドバイスだ。

知識豊富で親切な渡辺船長
知識豊富で親切な渡辺船長
常に手持ちで、マメな誘いが釣果に繋がる
常に手持ちで、マメな誘いが釣果に繋がる
仕掛け図
仕掛け図

良型主体で大満足!

水深160~170mを攻略したこの日。「今日は潮方が悪いしオマツリするから深いところは行かなかった」と船長。取材日が釣果の谷間となり、竿頭は16杯を釣った三浦さん。数字だけ見ると控えめだが、それでも一人で1杯を食べ尽くせない程型が良いので、クーラーはズッシリの重量感。皆さん笑顔での帰港となった。『渡辺丸』では、サバとヤリイカのリレー乗合船も好評で、サバのベストシーズンが過ぎるとクロムツとヤリイカのリレー乗合船にシフトする。季節の美味しいターゲットを楽しめる南房・江見太夫崎港の『渡辺丸』。花咲く南房で、一足早く春を愉しむ休日をお薦めしたい。

手返し良く、粘りの釣りで竿頭
手返し良く、粘りの釣りで竿頭
サバとのリレー船も好調キープ!
サバとのリレー船も好調キープ!
季節の釣りをゆったり楽しめる『渡辺丸』
季節の釣りをゆったり楽しめる『渡辺丸』

釣りビジョンAPC・川添法臣

今回利用した釣り船

千葉県江見太夫崎港 『渡辺丸』
〒299-2866 千葉県鴨川市江見吉浦128
TEL:080-5497-0390
定休日:第3土曜日
釣果・施設情報 渡辺丸 ホームページ

出船データ

午後ヤリイカ乗合
料金:午前船1万円(氷付き)
出船:午後船:正午迄に集合、準備が整い次第出船
定休日:第1・第3土曜日

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。