釣りビジョン マガジン

2021年7月15日号

千葉県・片貝沖のヒラメ、7月部分解禁!良型中心に好調!!

01_main

7月1日、千葉県・九十九里、片貝沖のヒラメ釣りが部分(東沖)解禁すると、直後に竿頭が6.2kgと4.4kgの大型2匹を含む5匹!という素晴らしい釣果を叩き出した片貝港『二三丸』。この絶好調にあやかりたいと7日に出掛けた。

船宿に寄って席取りをしてから集合場所の船着場へ

集合は船着場に午前4時。だが、船着場に行く前に道路を挟んで反対側にある『二三丸』船宿に寄り、船型ボードから丸磁石を取って釣り座を確保する。4時になると小倉忠船長と女将さんが軽トラで船着場に到着し、受け付け開始。丸磁石を返却し座席表兼乗船名簿に必要事項を記入。必要なら『二三丸』特製のLTヒラメ仕掛けやオモリ(40号)を購入、氷ブロックを1つ貰ってクーラーボックスに入れる。船に照明が点き乗船準備が整ったら足元に十分注意して乗り込む。船上では基本マスク着用、船の前後に消毒用アルコールが置いてあるので、こまめに手指を消毒しよう。

7月4日、解禁早々6.2kgの大ビラメが上がった!
7月4日、解禁早々6.2kgの大ビラメが上がった!
船宿で丸磁石を取って席取り
船宿で丸磁石を取って席取り
船前の軽トラで受け付け
船前の軽トラで受け付け
氷を1つ貰う
氷を1つ貰う
「第1 二三丸」に乗り込んだ
「第1 二三丸」に乗り込んだ
船の前後に消毒用アルコール
船の前後に消毒用アルコール

LT&特製仕掛けでヒラメ釣りをもっと楽しく!

早くからLT(ライトタックル)でのヒラメ釣りに取り組んだ『二三丸』では、こだわりの特製仕掛けを用意している。特製仕掛けは、LTでヒラメ釣りを楽しむためのノウハウ満載、『二三丸』に乗船された際は是非使ってみてほしい。オモリは40号で統一。「親バリをイワシの口の中から鼻の穴の間に抜く、もしくは、鼻の穴を左右に抜いてもOKです。トレブルの孫バリは背ビレの少し後ろかお尻の穴の少し後ろにハリ先が頭の方を向くように刺してください。ハリ先が後ろや下向きだと、ヒラメが食い付いてもハリ掛かりしませんので注意してください」と船長。

仕掛け図
仕掛け図
LT(ライトタックル)で釣る
LT(ライトタックル)で釣る
『二三丸』特製仕掛けとオモリ40号
『二三丸』特製仕掛けとオモリ40号
餌の活イワシは5匹ずつ配られる
餌の活イワシは5匹ずつ配られる
餌を掬うネットを持参する人も
餌を掬うネットを持参する人も
ハリの刺し方の一例
ハリの刺し方の一例

“必聴”の“合わせ方レクチャー”で順調にゲット!

4時20分に出船。釣り場までは1時間弱。そこで船長からアナウンスが入る。「魚礁の縁を流します。魚礁の高さは2m位なので、オモリは常に底から1mか2mは持ち上げておいてください。近くにヒラメが来るとイワシが暴れます。LTは感度が良いのでこの暴れを感じ取れると思います。そのまま待ってヒラメがイワシに飛び付くとガツガツッと激しいアタリが来ますが、合わせも送りもせずまだ竿を動かさない。すると、ヒラメはイワシをくわえ直してモゾモゾと飲み込みます。食い終わると泳いで逃げるので竿がギューンッと曲がります、ここで初めて聞き上げる感じに竿を立ててハリ掛かりさせ、ゆっくりリールを巻きます」というレクチャーの後に「はい、どうぞ」の合図でスタート。

4時20分頃出船
4時20分頃出船
船中1匹目のヒラメ!
船中1匹目のヒラメ!
船中2匹目!食いは良いぞ!
船中2匹目!食いは良いぞ!
「誘った方がアタリが出ますよ!」
「誘った方がアタリが出ますよ!」
1kg前後の良型がアベレージ!
1kg前後の良型がアベレージ!
朝一番はチャンスだ!
朝一番はチャンスだ!

自然の根周りのベイトの反応で立て続けにゲット!

朝一番のチャンスタイムが一段落すると、船長は船を大きく移動させた。「ここは魚礁ではなく自然の根周りです。根掛かりはあまりありませんが気をつけてください」のアナウンス。流し替えるたびにアタリはあるが、中々食い込まず歯痒い時間が流れたが、右舷胴の間(中央)のヒラメ釣り初挑戦の釣り人に嬉しい初ヒラメが!更に、前述の6.2kgの大ビラメを釣り上げた右舷大ドモ(船尾)の武下さんにも良型が来た。“探見丸スマート”で魚探にアクセスしてみると、何とベイトの反応が爆発していた。このポイントで右舷胴の間の管野さんは立て続けにヒラメをゲット、この時点で3匹!

「初ヒラメ釣りです!うれしい!」
「初ヒラメ釣りです!うれしい!」
大物ハンター
大物ハンター
自然の根周りにはベイトの好反応!
自然の根周りにはベイトの好反応!
早速良型が釣れた!
早速良型が釣れた!
1kg前後が2匹
1kg前後が2匹
立て続けにもう1匹!
立て続けにもう1匹!

終盤にもうひと盛り上がり!数を伸ばした!

左舷側にも3匹ゲットの釣り人がいた。胴の間の吉田さんだ。終盤、速くなった潮が少し弛んだタイミングで、左舷ミヨシ(船首)2番と同胴の間の吉田さんにヒラメが釣れた。吉田さんはこれで4匹になり、管野さんを1匹リード。そして、管野さんもすかさず4匹目をゲットして追い付き、最終的には4匹同数で竿頭2人になった。左舷大ドモと同トモ2番ではヒラメを1匹ずつゲット。これで沖上がりと思われたが、左舷大ドモで沖上がり時刻の 11時丁度に最後の1匹がタモ入れされた。結果、ヒラメ0.5~1.6kgが0~4匹、船中19匹となった。

潮が少し弛んだら来た!
潮が少し弛んだら来た!
4匹目をゲット!
4匹目をゲット!
こちらも4匹目!
こちらも4匹目!
この後もう1匹来た!
この後もう1匹来た!
よし!また釣れたぞ!
よし!また釣れたぞ!
終盤盛り上がった!
終盤盛り上がった!

【動画】誘って喰わせて!LTヒラメ釣り

この日有効だった誘いはコレ!今後も期待十分!

実は私も、この日上乗りとして乗り込んでいた太楽(たいらく)さんに誘いのコツを教えて貰い、中盤から竿を出しヒラメを2匹ゲットした。その誘い方は、「オモリが着底したら竿一杯ゆっくり誘い上げてゆっくり下ろす。今日は底から少し上げた位のタナで待つとアタリが出やすいようです」というもの。やってみたらすぐにアタリ。そして、前述の船長の“合わせ方レクチャー”の通りに合わせてまず1匹ゲット。2匹目は同様に誘ってアタリは来たが、中々食い込まなくて待ちに待ち、やっと竿を曲げてくれたところを聞き合わせにして何とかゲット。小倉船長は、「8月には更に解禁エリアが広がるし、今後ベイトと一緒に新しいヒラメの群れがやって来て、片貝沖の“夏ビラメ”はますます楽しみですよ」と話す。新型コロナ対策だけでなく、暑さ対策(熱中症対策)も万全にして、片貝沖の夏のヒラメ釣りに是非挑戦して頂きたい。

良型4匹ゲットで竿頭!
良型4匹ゲットで竿頭!
こちらも4匹竿頭!
こちらも4匹竿頭!
2匹ゲットしました!
2匹ゲットしました!
私も何とか2匹!
私も何とか2匹!
正午頃帰港
正午頃帰港
ポリタンクで手洗い
ポリタンクで手洗い
お土産に焼そばとお茶をいただいた
お土産に焼そばとお茶をいただいた
お世話になった小倉忠船長
お世話になった小倉忠船長
上乗りの太楽(たいらく)さん
上乗りの太楽(たいらく)さん

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県片貝港 『二三丸』
〒283-0102 千葉県山武郡九十九里町小関2347-12
TEL:0475-76-9957
定休日:第2・第4金曜
釣果・施設情報 二三丸 ホームページ

出船データ

LTヒラメ予約乗合
料金=1万2,000円(活餌・氷・軽食付き)
集合=4時
出船=4時30分頃
沖上がり=11時頃
レンタル=貸し竿 あり
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。