オフショアマガジン

2021年9月15日号

茨城県・日立久慈沖のマダコ、エギ仕掛けで絶好調!!

01_main

茨城県・日立久慈港『大貫丸』の“タコエギ”で狙うエギダコ釣りが絶好調だ。竿頭20~30杯も珍しくはないと聞き、長いシケ休みが明けた8日に出掛けた。私は“エギタコ”初挑戦。やってみると案外敷居は低く、何より面白かった!

午前4時30分に港集合、5時に出船

「長いシケ休み」としたのはちょっとした布石、それは後述するとして、『大貫丸』の“エギタコ”は港に午前4時30分集合。場所は日立久慈港の北側の防波堤だが、具体的には記事末の『大貫丸』HPの「アクセス」のページに詳しく載っているので参照してほしい。車は船前の壁際か防波堤手前の駐車場に停める。集合時間になると、船長や女将が到着。受け付けに明かりが点いた。岸壁には一つテンヤ・マダイ船の「第五大貫丸」が係留され、エギタコ船の「大貫丸」はその外側。軽トラックから氷を貰い、5時に出船した。

港内の道路は案内板の通りに進む
港内の道路は案内板の通りに進む
車は街灯付近の壁に沿って駐車
車は街灯付近の壁に沿って駐車
4時30分頃受け付けが開始される
4時30分頃受け付けが開始される
一つテンヤ・マダイ船の「第五大貫丸」
一つテンヤ・マダイ船の「第五大貫丸」
乗船したマダコ船の「大貫丸」
乗船したマダコ船の「大貫丸」
5時頃出船(写真は電動のタックル)
5時頃出船(写真は電動のタックル)

イカやアジビシの竿、ジギング・ロッドなどもOK

“エギタコ”初挑戦、タックルには結構悩んだ。中型両軸リールに丁度PE3号が巻いてあり、リールはこれでOK。竿は専用竿が望ましいとは思うが、持っていないのでヤリイカの竿を持ち込んだ。エギは自宅近所の釣り具店で茨城のマダコ釣りに詳しい店員さんのお勧めをいくつか購入。備え万全に臨んだが、当日船上で色々教わったベテランの田沢さんからは、「勿論、イカ竿でOKだけど、硬めのアジのビシ竿、ヒラマサ・ジギングの竿(スピニングOK)なども大丈夫ですよ」と聞いて、「案外敷居は低いんだ」と安堵した。オモリは船長からの指定でこの日は80号で統一。

仕掛け図
仕掛け図
ヒラマサ・ジギングのタックルも流用可
ヒラマサ・ジギングのタックルも流用可
タコエギは3.5~4.5号
タコエギは3.5~4.5号
エギに脂身を巻き付ける人も多い
エギに脂身を巻き付ける人も多い
派手派手な集魚デコレーション
派手派手な集魚デコレーション
オモリ60号と80号を数個ずつ用意
オモリ60号と80号を数個ずつ用意

全員左舷に並んで横流し

きれいな朝陽が昇って来た。シケが明けたばかりでこの日は1週間ぶりの出船。周期の長いウネリがあったが、風はもう吹いておらず良いナギだ。航程40、50分で釣り場に到着してスローダウン。「はい、どうぞ、水深25m」という大貫茂雄船長の合図で第1投。釣り人は私を含めて5人。両舷に分かれて横流しで狙った。釣り場は広く大流しになるが、潮上側は船下に道糸が入ってしまい、道糸を伸ばせないのでオモリが浮いて釣りにくかった。その状況を見て、「右舷の人は左舷に移動してください」と船長が取り計らってくれた。全員片舷に横並びになり潮下に竿を向けた。これなら釣りやすい。

釣り場に向かうと朝陽が昇った
釣り場に向かうと朝陽が昇った
船中1杯目のマダコ!
船中1杯目のマダコ!
手のひらで包める可愛いサイズ
手のひらで包める可愛いサイズ
船中2杯目、サイズアップ!
船中2杯目、サイズアップ!
この位が平均サイズだった
この位が平均サイズだった
左舷側に全員並び横流しで狙った
左舷側に全員並び横流しで狙った

竿の曲がりから大ダコか!と思ったら……

私以外は皆さん上級者で、シケ後で底荒れしていたせいかアタリは少なかったが徐々にペースを掴み、ついに田沢さんの竿が大きく曲がった。「大ダコ!?」とカメラを向けると、田沢さんは「石ですよ」と笑う。「ん?どういうこと?」と見ていると、普通にマダコが釣れたと思ったら、ドスンッと何かが落ちた。「え!石?」。この辺りには河原で見掛けるような石が海底一面にゴロゴロしていると言う。マダコはその石もろともエギに抱きつき、石と一緒に釣れてくる。重いわけだ。

竿が良い曲がりだ!大物か!?
竿が良い曲がりだ!大物か!?
石を抱いてマダコが釣れて来た
石を抱いてマダコが釣れて来た
ミヨシ2杯目も石を抱いていた
ミヨシ2杯目も石を抱いていた
エギタコ初挑戦の私にも!
エギタコ初挑戦の私にも!
大ドモで良型!嬉しそう!
大ドモで良型!嬉しそう!
トモ2番でも良型が釣れた!
トモ2番でも良型が釣れた!

根掛かりの少ない好釣り場、初挑戦でも2杯ゲット!

「海底は丸い石なので根掛かりはほとんどなく、エギのロストもほぼありません。重くなった時はまずマダコが乗った時ですよ、しっかり抱かせて合わせるだけ。今日は渋いですが、シケ前は放っといても乗るほど活発でした」と船長。また、田沢さんからは「ウネリで船が上下した時にオモリがズルッ、ズルッと底を引き摺るようになるまで道糸を伸ばしてください」と言われ、水深25m前後のところ、道糸を50m位伸ばした。が、それだけ伸ばしていても大した根掛かりはしない。初心者にも釣りやすい好場所だ。小突いていたらズッシリ重くなったので大合わせ。船長と田沢さんのレクチャーのおかげで、“エギタコ”初挑戦の私も2杯目、しかも1kg前後の良型のマダコを釣り上げることが出来た。

良型のマダコが釣れた!
良型のマダコが釣れた!
油断するとタコ汁ブシャーッ!(笑)
油断するとタコ汁ブシャーッ!(笑)
「水掛けられちゃいました(汗)」
「水掛けられちゃいました(汗)」
1kg前後の良型だ!
1kg前後の良型だ!
良型を追加!ホントに嬉しそう
良型を追加!ホントに嬉しそう

【動画】大貫丸・茨城県日立久慈港・エギタコ

今は数釣りのチャンス!これからは大型も!

この日は11時30分頃沖上がり。たまたま今期最も乗り渋った日に当たってしまったようで、0.4~1kgのマダコが5~7杯(私は2杯)。と言うのも、シケ前にはトップ31杯!この取材の翌々日には乗りが戻ってトップ26杯!と、釣果はV字回復。「これから暫くは食べ頃サイズの数釣りが楽しめそうです。そして、秋が深まれば“渡り”と呼ばれる大型のマダコが釣れるようになります。根掛かりの少ないポイントを狙っていますので、ビギナーの方も安心して釣れますよ。今がチャンス。是非遊びに来てください」と大貫茂雄船長。『大貫丸』の“エギタコ”は11月頃まで出船する。釣り期はまだ長い。次回は数釣りに再挑戦して、“渡り”と呼ばれる“大ダコ”も狙ってみたい。

竿頭はマダコ7杯
竿頭はマダコ7杯
色々教えて頂き感謝です
色々教えて頂き感謝です
洗濯ネットにマダコ6杯!
洗濯ネットにマダコ6杯!
食い渋りの中5杯ゲット!
食い渋りの中5杯ゲット!
帰港したらしっかり手洗い
帰港したらしっかり手洗い
女将からお弁当とお茶のお土産を頂いた
女将からお弁当とお茶のお土産を頂いた
一つテンヤ・マダイの翔平船長と姉の美穂さん
一つテンヤ・マダイの翔平船長と姉の美穂さん
とても親切で面倒見が良い大貫茂雄船長
とても親切で面倒見が良い大貫茂雄船長
釣れたマダコをアヒージョに。旨かった
釣れたマダコをアヒージョに。旨かった

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

茨城県日立久慈港 『大貫丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-2-16
TEL:090-3084-5968
定休日:第3月曜日
釣果・施設情報 大貫丸 ホームページ

出船データ

出船データ
エギタコ予約乗合
料金=1万円(氷付き)
集合=4時30分(港)
出船=準備出来次第
レンタル=貸し竿 あり
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。