釣りビジョン マガジン

2022年03月16日公開

神奈川県・芦ノ湖「特別解禁釣大会」!大物のチャンスはまだある!

371_main

3月1日、「芦ノ湖ルアー・フライ限定特別解禁釣大会」が開催された。「今年の芦ノ湖はいいんじゃないの?」の噂通り、70cm超えの魚を持ち込まないと入賞できない大物ラッシュ!!芦ノ湖の開幕は今年も熱かった!

「解禁」その言葉に心躍る“釣り人あるある”

神奈川県・箱根、芦ノ湖の解禁日は3月2日。その1日前に、ルアー・フライ釣り限定で開放されるのがこの「特別解禁釣大会」。午前4時に開始された受け付けは混雑も無く、快適にエントリー完了。箱根湾の『山木商店』でボート代を支払って、のんびり準備。

午前6時30分、大会開始のホーンが鳴って釣り開始。有名ポイントへ向かうボートを横目に、桟橋近くにアンカーを打って5gのスプーンを投げた。桟橋ではスポーツ新聞・釣り面で有名な“船宿”船長が次々と60cmアップの良型をヒットさせて盛り上がる中、私には全く音沙汰ナシ。見かねた『山木商店』常連のYさんが同船して案内してくれることになった。

解禁直前の湖畔、例年より暖かく感じる
解禁直前の湖畔、例年より暖かく感じる
大会本部で渡される遊漁証と開催要項
大会本部で渡される遊漁証と開催要項
『山木商店』でボートを借りた
『山木商店』でボートを借りた
ホーンが鳴って大会スタート!
ホーンが鳴って大会スタート!

ワンキャスト・ワンヒットの衝撃!

Yさんの操船で向かったのは、遊覧船「はこね丸」を挟んだ反対側。距離にしてわずか20〜30mほどの移動だったが、ここではすこぶる魚の反応が良く、ルアーを投げる度にハリに掛からなくとも必ず魚信がある。しかも、そこから10mほどボートポジションを岸に近付けたところ、サイズは可愛いがシンキングミノーにブラウントラウトがワンキャスト・ワンヒットの入れ喰い状態。こんなちょっとの移動、ちょっとしたルアーの交換で、釣果はおろか湖の印象自体がガラッと変わってしまうのが驚きだった。この痛烈なギャップも含めて、この湖は本当に面白い。

ちょっとの移動でたちまちヒット!
ちょっとの移動でたちまちヒット!
ピカピカの魚体、実は食べても美味しい
ピカピカの魚体、実は食べても美味しい
このサイズなら入れ喰い、純粋に楽しい!
このサイズなら入れ喰い、純粋に楽しい!
 

決め手は「釣る場所」と「レンジ」

釣れるアングラーと釣れない人の格差を垣間見たこの日の芦ノ湖。この時期のコツを『山木商店』山木一人オーナーに訊いた。「大切なのは“釣る場所”と“レンジ”。ライズがあったら表層から釣る。魚が跳ねているのは岸寄りの浅場なのか、沖の深場なのか。それは日によって違う」とのこと。言われてみれば当然のことなのだが、水辺に立つと真っ先にルアーを投げたくなるのが釣り人の性。まずは魚の様子を見て、魚の居る場所や動きの傾向を洞察したい。

かくして2022年大会の優勝は、レインボートラウト(ニジマス)が74.5cm(6.92kg)、ブラウントラウトは72cm(5.52kg)、イワナは52cm(1.55kg)、ラージマウスバスは54.5cm(3.45kg)。その翌日から年間大物賞に同サイズがエントリーされているので、この記事が掲載される頃でも大物のチャンスはまだまだある。記憶に残る大物との出逢いを求めて、早春の芦ノ湖をおすすめしたい。

良型を捌くとこの身質、味は言わずもがな
良型を捌くとこの身質、味は言わずもがな
上位入賞の魚たち、大物はまだ居る!
上位入賞の魚たち、大物はまだ居る!

施設等情報

芦之湖漁業協同組合
〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根184-1
Tel. 0460-83-7361
遊漁料(店売り):大人1,500円/身体障害者750円/中学生以下無料
芦之湖漁業協同組合ホームページ

施設等関連情報

芦ノ湖・『山木商店』
〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根61
Tel: 0460-83-7331
エンジンボート:定員3名 1日9,000円
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

川添 法臣
釣りビジョンAPC
6歳から釣りに親しみ、海・川・釣堀・湖のルアー・フライ・餌釣りに節操なくのめり込むツリキチ。2019年JGFA沖釣りサーキット・総合優勝/2010年JGFAオールジャパンゲームフィッシングコンテスト・マダイの部・優勝(10.2kg)…他
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事