釣りビジョン マガジン

2022年05月31日公開

千葉県・大原沖のイサキ!“スペシャルゲスト”交じり絶好調!!

411_main

気象庁によれば、今年は関東地方の梅雨入りも早いとのこと。そうなると「梅雨イサキ」の最盛期も早まるのだろうか。千葉県・大原沖のイサキは、連日50匹の規定匹数達成者続出で“早上がり”する事も珍しくない好調振りと聞き、「それ行け!今だ!」と大原港『臼井丸』に出掛けた。

船型ボードのキャップを取って午前4時集合

集合は大原港の『夷隅東部漁協』前に停泊する「臼井丸」前に午前4時(地図は記事末の「臼井丸ホームページ」参照)。船の近くに引かれた白線内に車を停め、漁協の柱にくくられた船型ボードから番号が書かれたキャップを取って釣り座を確保。軽ワゴンが到着したら受け付け開始。キャップの番号の釣り座に荷物を運び、氷ブロックを1つ貰い、釣り仕度開始。臼井信喜船長と息子さんの達彦若船長が準備を進め、準備出来次第(この日は4時15分頃)出船。釣り場に向かう途中に見えた朝焼けがとてもきれいだった。

停泊中の「臼井丸」に照明が点いた
停泊中の「臼井丸」に照明が点いた
漁協の柱にくくられた船型ボード
漁協の柱にくくられた船型ボード
軽ワゴンが到着したら受け付け開始
軽ワゴンが到着したら受け付け開始
14番の釣り座に座った
14番の釣り座に座った
氷のブロックを1つもらう
氷のブロックを1つもらう
船長と若船長がコマセを配ってくれる
船長と若船長がコマセを配ってくれる
風力発電の調査が行われているとのこと
風力発電の調査が行われているとのこと
ライトな竿とリールで狙う人が多い
ライトな竿とリールで狙う人が多い

『臼井丸』特製仕掛けで手返しアップ!

コマセはアミ。ビシは通常60号(LT 40号)。『臼井丸』特製仕掛けはカラーバリの3本仕掛け。この仕掛けは餌を付ける必要がない。空バリで釣れるので手返しが良いので数釣りに繋がる。ハリスの太さは2種類あり、喰いが良い時は1.7号、落ちてきたら1.5号を使い分ける。釣り場に到着すると暫し待機、「15mからやってみましょう」という船長のアナウンスで5時にスタート。タナ取りは“上から”だ。ビシを海面下15mに沈めアタリを待つ。ちょっと活性が低いのか、朝一はポツリポツリの喰いだった。

配られたコマセバケツ、テンビン、プラビシFL60号
配られたコマセバケツ、テンビン、プラビシFL60号
カラーバリの臼井丸特製仕掛け1袋400円
カラーバリの臼井丸特製仕掛け1袋400円
仕掛け図
仕掛け図
探見丸が使える(レンタルあり)
探見丸が使える(レンタルあり)
早速右舷側で船中1匹目のイサキが釣れた!
早速右舷側で船中1匹目のイサキが釣れた!
重そうだと思ったら良型のメバル
重そうだと思ったら良型のメバル
コマセが利いて左舷側でもイサキが釣れた!
コマセが利いて左舷側でもイサキが釣れた!
ポツリポツリとイサキが釣れた!
ポツリポツリとイサキが釣れた!
 

一番大事な“タナの取り方”を若船長に教わった!

上乗り役の若船長にイサキ釣りの基本を聞いた。「ビシは、下のスリット全閉、上の穴1/3開、コマセを一杯に詰めて投入。ビシを1度指示ダナの3m下まで沈め、リールを1mただ巻き、コマセを撒きながら2m巻き、ビシを指示ダナに一致させ、静かにアタリを待ちます(時たま誘って!)」とのこと。気が付けば、右舷胴の間(中央)で“スペシャルゲスト”のシマアジが上がり、同トモ(船尾)では良型のイサキが釣り上げられた。左舷側もイサキに交じってやはり“スペシャルゲスト”のマダイやマハタが上がった。

“スペシャルゲスト”のシマアジが来た!
“スペシャルゲスト”のシマアジが来た!
「まずは良型イサキが2匹釣れました!」
「まずは良型イサキが2匹釣れました!」
こちらも良型イサキをゲット!
こちらも良型イサキをゲット!
良く引いた“スペシャルゲスト”のマダイ!
良く引いた“スペシャルゲスト”のマダイ!
イサキは食いが良い時ほど型も良い!
イサキは食いが良い時ほど型も良い!
良型と可愛いサイズが交じりで釣れた!
良型と可愛いサイズが交じりで釣れた!
“スペシャルゲスト”第3弾!良型のマハタ!
“スペシャルゲスト”第3弾!良型のマハタ!
イサキはコンスタントに釣れた!
イサキはコンスタントに釣れた!

後半は良型イサキがトリプル!シマアジも喰った!

この日は前日から海水温が2度下がったらしく状況は良くなかったようだ。しかし、中盤イサキの型が良くなった。後半私も竿を出すと、思いがけず良型イサキが3本バリに3点掛け!終盤には前述の教わった方法でタナを取った瞬間に、ハリス1.5号の船宿仕掛けに“スペシャルゲスト”の1kg級のシマアジがいきなり喰い付いた。巻いても巻いても道糸を出されたが、耐えに耐えて何とか取り込んだ。この日は派手な喰いはなかったものの、コンスタントに釣れて、時たまやって来るサプライズもあり、とびきり嬉しくて楽しかった。

活性が良くなり良型イサキがダブルで!
活性が良くなり良型イサキがダブルで!
私も良型イサキをトリプルでゲット!
私も良型イサキをトリプルでゲット!
朝より少しイサキの型が良くなった!
朝より少しイサキの型が良くなった!
中盤以降は良型主体と言って良い釣況!
中盤以降は良型主体と言って良い釣況!
超ラッキー!1kg級のシマアジをゲット!
超ラッキー!1kg級のシマアジをゲット!
終了間際にも良型のイサキが活発化!
終了間際にも良型のイサキが活発化!

【動画】臼井丸・千葉県大原港・イサキ

梅雨が“旬”で最盛期!今後がとても楽しみ!

11時頃沖上がり。竿頭40匹(キープ数)が2人、横浜市の古屋敷さんと八千代市の武田さん、お二人とも小型はリリースされていた。船全体のアベレージは20匹前後、少ない人でも10匹前後。
船長に今後について聞いてみた。「イサキの魅力の一つに卵や白子がありますね。もう育っていますよ。“梅雨イサキ”と呼ばれる“旬”のイサキは、脂が乗って、数・型とも良くなります。今年も期待十分です」とのこと。これから最盛期の大原沖のイサキ、是非挑戦して頂きたい。

家族で食べるには十分な大きさと数です!
家族で食べるには十分な大きさと数です!
最後の最後に釣れた大きなイサキ!
最後の最後に釣れた大きなイサキ!
イサキ、メジナ、メバルと多彩な釣りになった
イサキ、メジナ、メバルと多彩な釣りになった
小型はリリース、良型ばかりでクーラー満杯!
小型はリリース、良型ばかりでクーラー満杯!
“スペシャルゲスト”のシマアジ!結構デカい!
“スペシャルゲスト”のシマアジ!結構デカい!
帰港したら氷を追加
帰港したら氷を追加
振る舞われた麦茶で水分補給
振る舞われた麦茶で水分補給
お世話になった臼井信喜船長
お世話になった臼井信喜船長
頼りになる上乗り役の臼井達彦若船長
頼りになる上乗り役の臼井達彦若船長

今回利用した釣り船

千葉県大原港『臼井丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10272-3
TEL:0470-62-2185
定休日:毎月第1・3月曜日、6月1日〜5日、11月1日〜4日 釣果・施設情報 臼井丸ホームページ

出船データ

イサキ乗合(予約制)
乗船料金=1万1,000円(税込、コマセ・付け餌・氷付き)
※女性、小中学生、午前・午後両方のご乗船<各割引有り>
集合=4時(船着き場)※季節により変動(予約時に確認)
レンタル=貸し竿一式 無料(キーパー、テンビン、カゴなど含む)
※電動リール 1,000円
素泊まり=2,000円(税込、朝のお弁当付き、エアコン完備)
※布団、枕はいつも清潔にしてあります。
※詳細は問い合わせ
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

岩見 忠弘
釣りビジョンAPC
0mの海面から水深1,000mの超深海までのレンジで、数cmのハゼやキスから、イカ・タコの軟体動物、数十kgのキハダやベニアコウまでの様々な魚を狙うフィッシング・ライター。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事