釣りビジョン マガジン

2022年07月22日公開

青森県・十三湖、初夏のシーバスゲーム!!

461_main

青森県・十三湖は南北7km、東西に5km、周囲31.4kmの青森県で3番目に大きな湖である。名前の由来となる13の河川が流れ込む日本有数の汽水湖である。特産品の「ヤマトシジミ」が有名であると同時に、東北を代表するシーバスポイントでもある。

上げ潮のタイミングを狙ったが…

十三湖のシーバスは、ナイトゲームで釣果が出る魚だが、今回はデイゲームで狙ってみた。タックルは9ftのシーバスロッドで、硬さはMLのロッドにリールは4000番のHGを選んだ。

最初のポイントは、十三湖から海に流れ出ている河川。上げ潮のタイミングで海から入ってくるシーバスを狙ってエントリーした。ここでは30g前後のメタルバイブレーションで遠投して釣ることがメインである。水深は浅いがベイトは豊富で地形変化もあるため、シーバスが数多く釣れるポイントだ。しかし、残念ながらこの日は2時間粘ったがもののノーバイト、ノーコンタクトだった。

十三湖
十三湖

アタリはシーバスだと思ったのに…

次は、十三湖に流れ込む河川に移動した。流れはしっかりあり、岸際に2、3cmのアミが見えた。ここも有名ポイントで平日にも拘らず3人のアングラーが釣りをしていた。先行者に挨拶すると、「60cm位のシーバスが釣れましたよ」との事で期待が高まる。しかし、15gのメタルバイブレーションからキャストし始めて岸際のボトムをリフト&フォールで探ったがアタリなし。

同じエリアで流れのヨレや“反転流”にキャストし、リフト&フォールを繰り返しているとコツン!とアタリが出た。合わせを入れると首を振る。しかし、バイトの途中からゴンゴン下に引くのでシーバスではないと確信。キャッチしたのはナマズだった。十三湖では、シーバスの他にナマズ、ウグイ、ニゴイ、アカエイ、クロダイも釣れる。このままでは終われないと気を直して釣りを続けたが、その後はノーバイトで釣り場を移動した。

十三湖に流れ込む河川
十三湖に流れ込む河川
“ゲスト”のナマズ
“ゲスト”のナマズ
 

下げ潮のタイミングで!

正午から下げ潮のタイミングとなり、十三湖に流れ込む河川の河口部にウェーディングでエントリーした。河川の流れがあり3~5cmのハク(ボラの幼魚)も確認出来た。対岸の方が深くて流れがあり、カケ上がりにシーバスが付いていると考えて15gのプラグバイブレーションで遠投、ただ巻きにトゥイッチを入れたり、リフト&フォールで誘ってみるがアタリはない。ランガンしながら、少し上流に移動する。リズムの早いリフト&フォールで中層より下を引いてくるとゴツン!と強いアタリ。一気に上流側に走られるがロッドを立てて耐える。止まった所でリールを巻いて寄せてくるが、エラ洗いされて痛恨のバラシ。バラしたショックはあるがシーバスのバイトがあり、シーバスがいた嬉しさもあって、「次は釣る」と再びキャストを繰り返す。しかし、その後は対岸では反応がなくなる。対岸ではなく、さらに上流に向かって流心付近にキャストする。そこからまたリズムの早いリフト&フォールで中層を探っているとココン!と小さいアタリ。次の瞬間、相手は首を振りつつ左右に走った。足元まで寄せてると小さいがシーバスだった。サイズダウンはしたがデイゲームで、なんとか釣れたので、達成感を得られる1匹だった。その後もショートバイトはあるmののキャッチは出来ず納竿した。

今回の十三湖にベイトはいたが、全般に小さく、秋に向かってベイトもシーバスも大きくなっていくと考えられる。また、今回はデイゲームだったがナイトゲームになればサイズも数も変わって面白くなるはずだ。

十三湖から見た津軽半島
十三湖から見た津軽半島
やっと釣れてくれたシーバス
やっと釣れてくれたシーバス

施設等情報

十三湖
〒037-0403 青森県五所川原市十三 五月女萢

施設等関連情報

車:津軽自動車道・五所川原北ICから国道399号線を小泊方面に北上
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

田端 正樹
青森県内、どこでも釣りに出かけている。シーバスフィッシングをメインに、ショアジギングからアジングやトラウトまで。餌釣りも楽しむ。皆さんの釣りに役立つ記事を執筆していきたい。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事