釣りビジョン

駿河湾・田子の浦沖のアマダイ、今年も絶好調!!

2022年12月23日公開

639_main

昨シーズン、絶好調だった駿河湾のアマダイ。「今シーズンはどうだろう?」と、12月中旬、静岡県・田子の浦港『鶴丸』の「朝アマダイ船」に乗った。良型中心に高級“ゲスト”も交じり駿河湾のポテンシャルの高さを伺わせる一日となった。

6時までに港の「鶴丸」前集合!

集合は、田子の浦港に繋留されている「鶴丸」前に6時まで。出船は集まり次第(6時半までには出船)との事なので少し早めに到着して置きたい。車は「鶴丸」前の壁際に縦に停める(水道の前は避ける)。鶴牧謙二船長も5時45分に軽トラで到着、出船準備を始めた。この日の釣り人は8人(満船)、グループの人数などを考慮しながら船長が釣り座を割り振った。船に乗り込んだら乗船名簿を記入、釣り仕度を開始する。全員が乗り込んだ6時10分頃出船、美しい朝焼けを見上げながらゆっくりと釣り場へ向かった。

田子の浦港「鶴丸」(帰港後撮影)
田子の浦港「鶴丸」(帰港後撮影)
港への入口(建物の手前)を左奥へと進む
港への入口(建物の手前)を左奥へと進む
一番奥まで進んだ辺りが「鶴丸」駐車場
一番奥まで進んだ辺りが「鶴丸」駐車場
船長が船に乗り込み照明を付けた
船長が船に乗り込み照明を付けた
支給の付け餌のオキアミ
支給の付け餌のオキアミ
朝焼けの海へ、この日は6時10分頃出船
朝焼けの海へ、この日は6時10分頃出船

道糸PE 3号、オモリ80号の片テン2本バリが基本

使用するオモリは80号。潮が速くてオマツリが多発してしまう時等は100号や場合によっては120号を使う事もあるという。しかし、余程の事がない限り道糸PE3号、オモリ80号で狙うとの事。それを踏まえて竿やリールをチョイス。仕掛けも市販の仕掛けでOK。号数等は仕掛け図参照。支給される付け餌のオキアミはブロックを切り分けたもの。このオキアミで全く問題なく釣れていたが、3Lサイズやコーティングなどが施された市販の付け餌専用オキアミを持参している釣り人もいた。

仕掛け図
仕掛け図
竿と電動リール、桶の中は付けエサのオキアミ
竿と電動リール、桶の中は付けエサのオキアミ
40~50cmの片テンビンにオモリ80号をセット
40~50cmの片テンビンにオモリ80号をセット
仕掛けを自作する人も多い
仕掛けを自作する人も多い
ハリにオキアミを刺して投入準備しておく
ハリにオキアミを刺して投入準備しておく
電動リールのバッテリーは持参した方が良い
電動リールのバッテリーは持参した方が良い
 

雄大な富士山を臨む絶景の中での釣り!

田子の浦は駿河湾の最奥に位置しており、富士山に最も近い海だ。急深で有名な駿河湾ではアマダイ釣り場は岸からさほど遠くない。海上から臨む雄大な富士山はド迫力!正に絶景だ。船は港から西に走った。6時30分頃、「水深は61mです。底に着いたらハリス分位オモリを持ち上げてください。深くなったり浅くなったりします。たまに底ダチを取り直してください」との船長アナウンスでスタート。右舷トモ(船尾)2番の女性アングラーが電動リールを巻き始めた。程なく良型のウッカリカサゴ(カンコ)が上がった。続いてタチウオ。朝一は美味しい“ゲストフィッシュ”多めの展開となった。

「水深61m」という船長の合図で第1投
「水深61m」という船長の合図で第1投
早速良型のウッカリカサゴが釣れた!
早速良型のウッカリカサゴが釣れた!
巻き上げ途中にタチウオが喰って来たらしい
巻き上げ途中にタチウオが喰って来たらしい
小アジ、美味しそう。だが、ゲスト多め?
小アジ、美味しそう。だが、ゲスト多め?
やっと来た!船中1匹目のアマダイ!
やっと来た!船中1匹目のアマダイ!
アオハタ。嬉しいゲストだ
アオハタ。嬉しいゲストだ

時合突入!4人同時にアマダイゲット!

「水深115m!」。船長は実績あるポイントを丁寧な操船で探ってくれた。「104m!」。気が付けば10時。田子の浦港の真ん前に戻って来ていた。左舷トモ2番の釣り人をミヨシ(船首)方向にカメラを向けて撮影していると、竿先にコツコツッとアタリ!合わせを入れ大きくしなった。「来た!」と、私は心の中で叫びながらミヨシとミヨシ2番の釣り人に目を向けた。「竿、曲がってない!?」。ミヨシの釣り人にズームイン。「アマダイだ!」。続いて、ミヨシ2番にもアマダイ!そして、トモ3番にも!トリプルヒットだったが、右舷に回ると大ドモの釣り人もアマダイを手にしている!「えーっ!」という事は、なんと4人同時だ!

左舷でアマダイがトリプルヒットだった!
左舷でアマダイがトリプルヒットだった!
右舷大ドモでもアマダイが釣れていた!
右舷大ドモでもアマダイが釣れていた!
左舷ミヨシに立て続けにアマダイが!
左舷ミヨシに立て続けにアマダイが!
重そうだと思ったら良型のオニカサゴ
重そうだと思ったら良型のオニカサゴ
左舷ミヨシ絶好調!良型アマダイのダブル!!
左舷ミヨシ絶好調!良型アマダイのダブル!!
入れ喰い!良型のアマダイを3匹ゲット!
入れ喰い!良型のアマダイを3匹ゲット!

【動画】鶴丸・静岡県田子の浦港・アマダイ

アマダイ、シロアマダイとも今後更に期待度アップ!

いきなりやって来たこの時合が、この日最大の盛り上がりとなった。その後もアマダイやオニカサゴなどがポツリポツリ上がった。しかも、型が良い(アマダイは35cm前後)。11時30分頃、「この流しで上がります」と船長。すると右舷ミヨシの釣り人の竿にアタリ!合わせも決まって、この日の締めくくりとなる35cm級の脂乗りの良さそうなアマダイが上がった。
結果、アマダイ25~41cmを0~7匹(船中15匹、残念ながらゼロ1人)。竿頭は富士宮市の小野さん(なんとアマダイ初挑戦で竿もリールも同行の友人からの借り物だった)。これだから釣りは面白い!
鶴牧謙二船長に今後のアマダイについて聞いた。「今日は出ませんでしたが、シロアマダイもいい日には大型交じりでトップ2、3匹釣れる事もあります。深場ではアカアマダイ中心で良型が揃います。今後は更に期待出来ますよ。是非、遊びに来てください」。次回は、私も竿を出して大アマダイを釣り上げたい。

女性アングラーにも良型アマダイ!
女性アングラーにも良型アマダイ!
左舷大ドモでもアマダイが上がった!
左舷大ドモでもアマダイが上がった!
アマダイの下にオニカサゴの頭が見える
アマダイの下にオニカサゴの頭が見える
終了間際、右舷ミヨシに良型アマダイ!
終了間際、右舷ミヨシに良型アマダイ!
初挑戦!竿頭!40cm級含むアマダイ7匹!
初挑戦!竿頭!40cm級含むアマダイ7匹!
お世話になった鶴牧謙二船長
お世話になった鶴牧謙二船長

今回利用した釣り船

静岡県 田子の浦港 『鶴丸』
〒419-0201 静岡県富士市厚原894-11
TEL:090-1629-3680 釣果・施設情報 鶴丸ホームページ

出船データ

“朝アマダイ”予約乗合
料金=1万円(付け餌、氷付き)
集合=6時00分(港)
出船=準備出来次第
沖上がり=11時30頃頃
レンタル=貸し竿(電動リール 3,000円)
※詳細は問い合わせ
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

岩見 忠弘
釣りビジョンAPC
0mの海面から水深1,000mの超深海までのレンジで、数cmのハゼやキスから、イカ・タコの軟体動物、数十kgのキハダやベニアコウまでの様々な魚を狙うフィッシング・ライター。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事