『アオリイカ』記事一覧

『アオリイカ』記事一覧

佐衛美丸・千葉県洲崎港

2020年1月1日

03_main.jpg

千葉県・洲崎沖のアオリイカ!ドーンッと大型好調!!

陸っぱりのエギングでアオリイカを釣ったことがあるだろうか?大型がドーンッと乗った時の根掛かりのような重量感は堪らない。千葉県・洲崎港『佐衛美丸』では、あの感動を船釣りで味わえる。今シーズンもいい日には最大1.2kgでトップ10~13杯を記録している。大型シーズン真っ直中の今、挑戦してみた。

Fisherman Dreams DI・兵庫県マリンサクマ

2019年11月1日

05_main.jpg

兵庫県・相生発、播磨灘の”ティップランエギング”好調!

秋は絶好の沖釣りシーズン。しかし、毎週のように来襲する台風と睨めっこ…気軽に狙える秋のアオリイカの動きは如何に?台風19号通過後の状況を見聞しようと、兵庫県・相生港に拠点を置く『Fisherman Dreams DI』へ向かった。

Fisherman Dreams DI・兵庫県マリンサクマ

2018年11月1日

05_main.jpg

兵庫県・相生沖!瀬戸内海のティップランエギング開幕!

秋は様々な釣りものがあり、釣り人もターゲットを絞るのに苦労するうれしい季節。アオリイカもそんなターゲットのひとつだ。秋の数釣りシーズン突入に合わせ、兵庫県・相生港に拠点を置く『Fisherman Dreams DI』へ出掛けた。

共栄丸・千葉県富浦港

2018年11月1日

01_main.jpg

千葉県・富浦沖のアオリイカ、ティップランで攻略!

春に産卵するアオリイカ。浅場で釣れるイカとしては大型になる部類だが、成長は非常に早く、ひと潮(約半月)毎に大きくなり、秋から初冬にかけて釣り人を楽しませてくれる。獰猛な性格でその釣り味の強烈さに嵌る釣り人も多い。千葉県・南房、富浦沖は好釣り場として知られた所。富浦港『共栄丸』では連日好釣果が続いており、2桁釣果も珍しくはないと聞き、20日(土)に出掛けた。

野毛屋釣船店・神奈川県金沢八景

2017年10月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

キングofイカ! 東京湾のアオリイカ開幕好調!

絶品の食味でイカの王様と言われるアオリイカの好シーズンが到来だ。最近、船のアオリイカ船は激減し、現在、東京湾では唯一の餌木アオリ乗合船となっているのが神奈川県金沢八景「野毛屋釣船店」。10月9日の初漁以来、サイズは0.3~0.7kgと例年より若干小振りだが、船中40杯超を数度記録するなど、今年も好スタート。そこで担当船長の“東京湾のカリスマ”黒川勇治船長に今期の展望をインタビュー。

Fisherman Dreams DI・兵庫県マリンサクマ

2017年9月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

兵庫県・相生沖のティップランエギング

キャプテンズレポート初登場!瀬戸内海は兵庫県相生沖のティップランエギング、いよいよ開幕で~す!! 9月23日からティップランエギングに出船するのは兵庫県相生市内のマリーナ/マリンサクマから出船している『Fisherman Dreams DI』。“キャプレポ”のため、台風18号通過直後の釣況を探るべく、まだウネリが残る瀬戸内海へ試し釣りに出船してくれた岡田船長を直撃!

共栄丸・千葉県富浦港

2016年11月15日

02_main.jpg

千葉県・富浦沖のアオリイカ、ティップランで最高に楽しい!

新たなアオリイカの釣り方として、関東でもすっかり人気が定着した感のあるティップランエギング。元々は関西方面での釣法だったが、今回出掛けた千葉県・富浦港『共栄丸』が、関東の先駆けとして取り入れるや否やアッという間に人気となった。その人気の理由は何なのか?ハロウィンに町が沸く10月最後の日曜日、富浦まで探りに行った。

石倉渡船・三重県紀伊長島

2015年4月15日

04_main.jpg

三重県・紀伊長島沖、ヤエンで狙う春のアオリイカ!

春の訪れとともに産卵のため藻場に近づくアオリイカ。特に大型が狙えるというこの季節はファンにとってはたまらないシーズン。三重県・紀伊長島『石倉渡船』では、昨年同時期に“ヤエン釣り”で大型が上がっているとの情報を仕入れ、4月6日(月)に出掛けてみた。

新盛丸・千葉県勝山港

2013年11月15日

02_main.jpg

千葉県・勝山沖、“餌木シャクリ”で狙うアオリイカ

イカの王様と言われるアオリイカ。春先に生まれ、秋には200、300g級から700、800g級に育ち(個体差がかなりある)、釣り人を楽しませてくれる。“餌木”に掛かると体全体を使って激しく泳ぎ、竿先をグイグイと引き込む。アオリイカ釣りの醍醐味である。最近は“ティップラン”が流行しているが、中オモリを使う“餌木”のシャクリ釣りは何か優雅さを感じさせる。今が数釣りのチャンス!「今年も順調に釣れていますよ」と言う船長の言葉に誘われ、2日に千葉県・内房、安房勝山港『新盛丸』から午後船に乗った。

宝生丸・千葉県勝山港

2013年3月1日

03_main.jpg

“ティップラン”で狙う千葉県、内房・勝山沖のアオリイカ!

アオリイカの季節がやって来た!春の産卵を控えた群れが浅場に回ってくるこの時期は、非常に釣りやすい。千葉県、内房・勝山港の『宝生丸』は、そんなアオリイカのニューメソッド、“ティップラン”の乗合船を出している関東では数少ない貴重な船宿だ。私も過去1度、チャレンジしたが惨敗した苦い思い出がある。今回、リベンジを果すべく出掛けた。

石倉渡船・三重県紀伊長島

2013年1月1日

06_main.jpg

三重県・紀伊長島、レンタルボートでティップランエギング♪

「ショア(陸)からアオリイカ釣りをしたことは何度もあるけれど、オフショアの釣りはまだ…」と言うアオリファンは意外に多い。“船アオリ”の乗合船もいいけれど、レンタルボートからのエギングって言うのはどうだろう?気の合った仲間とボートに乗り込んで、ライセンスを持っている人が操船。ポイント移動は自由自在。好きな時間にスタートして、好きな時間に帰港出来る。そんなレンタルボートからのアオリイカ釣りが冬場も大人気の、三重県・紀伊長島『石倉渡船』のティップランエギングを取材した。

共栄丸・千葉県富浦港

2012年12月15日

03_main.jpg

ヒット連発!ティップランで狙う千葉県・富浦沖のアオリイカ!!

アオリイカを対象に圧倒的な釣果を叩き出せるとあって、西日本を中心に人気爆発の釣り方・ティップラン。関東でも徐々に火が付き始めているが、まだまだこの釣りが出来る船宿は少ない。千葉県・富浦港『第三共栄丸』は、そんな貴重な船宿の1軒。多くのアオリイカファンが足繁く通っている。冬はアオリイカの群れも固まり大型が釣れる絶好の季節だ。爆弾低気圧の影響でシケ続きだったが合間を見付け船に乗った。

新盛丸・千葉県勝山港

2010年11月15日

01_main.jpg

アオリイカ“当たり年”! 千葉県・内房、勝山沖

勝山沖のアオリイカ、絶好のスタートこの秋、中オモリ使用の“船アオリ”が内房・勝山沖で絶好のスタートを切った! 釣果情報を確認して勝山港『新盛丸』に電話を入れると、「アオリイカ、釣れてます! 早く来た方がいいですよ」と艫井正悟(ともいしょうご)船長から明るい声が返ってきた。善は急げ! 10月4日、押っ取り刀で出掛けた。

海楽園・神奈川県佐島

2010年5月1日

002_main.jpg

大型アオリイカを船釣りで狙い打ち!

今回は、相模湾・佐島の船宿『海楽園』で“船アオリ"に初挑戦!“船アオリ"とは、日本古来の漁具の一種であるエギ(餌木)という疑似餌を使って船からアオリイカを釣ることだ。日本にも昔からルアーフィッシングはあったのだ。