『アカムツ』記事一覧

『アカムツ』記事一覧

仁徳丸・茨城県波崎港

2021年5月15日

01_main

茨城県・波崎発、犬吠沖のアカムツ、連日規定数10匹達成!

近年、美味しい魚としてすっかりポピュラーとなったアカムツ(ノドグロ)。1kg1万円を超え、「幻の…」などと取り沙汰される高級魚だが、規定数(1人の上限)10匹の釣果を連日達成しているとの噂を聴き付け、茨城県・波崎港『仁徳丸』へと出掛けた。

仁徳丸・茨城県波崎港

2020年3月1日

01_main.jpg

千葉県・犬吠沖のアカムツ、もはや“幻”ではない!?

年明け解禁になった犬吠沖の超高級魚・アカムツ。茨城県・波崎港『仁徳丸』は、アカムツ釣りの老舗として知られた船宿。最近は、規定匹数である10匹に達する人も多いとの事。その昔、「オデコ(0匹)覚悟、1匹釣れたら御の字」と言われた幻の高級魚だったが、昨今はコンスタントに釣果が出ていて、もはや“幻”の括りが取れた感じさえする。

大貫丸・茨城県日立久慈港

2019年10月15日

01_main.jpg

茨城県・日立久慈港発の“アカムツ五目”大釣りのチャンス!!

深場の美味しい魚としてすっかり有名になった“ノドグロ”ことアカムツ。市場でも希少なこの高級魚が、北茨城沖で爆釣しているとのウワサを聞き付け、茨城県・日立久慈港『大貫丸』へと乗り込んだ!

仁徳丸・茨城県波崎港

2019年8月15日

02_main.jpg

茨城県・波崎沖のアカムツ、浅場で良型、最盛期突入!

中深場の美味しい魚として、近年すっかりポピュラーになったアカムツ(ノドグロ)。「超高級!」、「幻の!」と持て囃されるこの魚を、竿頭は“ツが抜ける(10匹以上)”程釣らせる船宿があると聞き、茨城県・波崎港『仁徳丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2019年8月1日

02_main.jpg

東京湾・久里浜沖で超高級魚・アカムツを狙う!

「ノドグロ」と言えば、日本海の超高級魚といったイメージが強いが、標準和名は「アカムツ」と呼ばれ、実は東京湾にも生息しているのはご存知だろうか。“白身のトロ”と称される超高級魚のアカムツを狙って神奈川県・金沢八景野島『新修丸』に出掛けた。

仁徳丸・茨城県波崎港

2018年10月1日

02_main.jpg

茨城県・波崎沖、アカムツ・フィーバーに沸く!!

「赤いダイヤ」とも呼ばれる希少な魚、アカムツ。“高嶺の花”と思っていたが、茨城県・波崎沖の浅場で高確率で釣れると聞いて2年前に初めて挑戦。その手軽さと、そして何よりも上品な脂の乗った超絶美味にすっかり虜となった。アカムツ・フィーバーの舞台となる釣り場は、寒猫根(カンネコネ)。今シーズンもアカムツが襲来と聞き、9月23日(日)、波崎港『仁徳丸』で出船した。

明進丸・茨城県日立久慈港

2017年10月15日

01_main.jpg

茨城県・日立沖で“激旨”良型アカムツを狙う!

近頃は「ノドグロ」という呼び名の方が通りが良いかもしれないが、標準和名「アカムツ」、言わずと知れた超高級魚だ。上質な白身に独特な脂が癖になる“激旨”のアカムツが釣れていると聞き、10月1日(日)、茨城県・日立久慈港『明進丸(ミョウジンマル)』に出掛けた。

長孝丸・茨城県平潟港

2017年10月1日

01_main.jpg

今、茨城沖が熱い!“二刀流”で狙う高級魚・アカムツ!

北茨城でアカムツが好調との情報。それもスロージギングと餌釣りの両方とも好調との事。未経験の場所だが、情報を確かめに9月22日、茨城県・平潟港『長孝丸』に出掛けた。

仁徳丸・茨城県波崎港

2017年9月15日

01_main.jpg

茨城・波崎沖で幻の高級魚・アカムツが驚愕の大爆釣!!

高級料亭などでも超が付く高級魚として知られるアカムツ。希少価値もあって「赤いダイヤ」とも呼ばれ、多くの釣り人が憧れる魚でもある。しかし、夏から秋にかけての期間限定ながら高確率で“ダイヤの採取”に成功する地域がある。今年も良い報せが届き始めた。期待を胸に利根川河口の茨城・波崎港『仁徳丸』に車を走らせた。

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港

2017年7月15日

03_main.jpg

千葉県・南房総で高級魚・アカムツにチャレンジ!!

テニスの錦織圭選手が、「帰国後に食べたい」とコメントしてから一躍メジャーなったノドグロことアカムツ。刺し身、煮付け、干物等何しても美味しく、その希少さ故に市場価格も高い筋金入りの超高級魚。そんなアカムツを釣らせる名物船長が居ると聞き、千葉県、外房・江見太夫崎港『渡辺丸』に出掛けた。

二宮丸・神奈川県宮川港

2017年3月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

城ケ島沖の中深場五目はアカ&クロムツが連発!

厳寒期から春先にかけては、各地の水深200m前後を狙う中深場釣りが好機。狙いは根魚の赤いダイヤ・アカムツを筆頭にクロムツやキンメ、オニカサゴなど高級魚ぞろいのため、合わせて10匹前後がせいぜいの釣りの割には人気が高い。三浦半島先端の城ケ島沖を狙っている三浦市宮川港『二宮丸』では、春の濁り潮に伴って好条件になり、もっかアカムツとクロムツが好調だ。宮川剛船長から攻略術を聞いてきたから、ぜひ極旨魚にチャレンジを。

仁徳丸・茨城県波崎港

2016年9月15日

01_main.jpg

超高級魚・アカムツが茨城・波崎沖の浅場で好釣果!

“ノドグロ”の別名で知られる超高級魚・アカムツ。脂がしっかりと乗ったとろけるような味と滅多に釣ることが出来ない希少さで、「いつかは私も!」と恋焦がれるアングラーも多いはず。確かにそう簡単に釣れる魚ではない。しかし、夏から秋にかけての時期は高い確率で実績が上がっている。その代表格の釣り場の一つが茨城・波崎沖だ。波崎港『仁徳丸』に出掛けた。

長七丸・千葉県江見港

2016年6月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

南房江見出船の“赤いダイヤ”アカムツは弛ませ釣りで狙え!

赤いダイヤとも深海のルビーとも称される超高級魚アカムツ。無粋で恐縮だがキロ1万円!…は大げさじゃないから、船釣りで狙えるのは本当に幸せだ。先ごろ周年出船にした千葉県南房江見港「長七丸」では5月初めから釣果が上昇し、40cm前後をメーンに最大50 cmとサイズでも申し分なし。そこで繁田浩行船長から今、流行している弛ませ釣法をレクチャーしてもらった。

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港

2016年5月15日

02_main.jpg

千葉県・南房の赤いダイヤ『アカムツ』が連日好釣果!

「アカムツ」。ノドグロと言う呼び名の方が馴染みがあるかもしれないが、その希少さと市場での流通価格の高値ぶりが相まって「赤いダイヤ」とも言われている。そんな超高級魚が連日高い確率で釣れているという情報を入手した。“情報源”は、千葉県・南房、鴨川江見太夫崎港『渡辺丸』だ。

仁徳丸・茨城県波崎港

2015年7月15日

01_main.jpg

茨城県・波崎沖、アカムツを持ち竿で狙う!

7月に入ると茨城県・波崎港『仁徳丸』では、アカムツ釣りを本格的にスタートさせる。6月後半から試し釣りを兼ねて出船し始め、まずまずの釣果が記録されている。“本番”を間近に控えた6月29日、状況を見に出掛けた。

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港

2015年6月1日

02_main.jpg

千葉県・南房のアカムツが好調スタート!50cm級ビッグサイズも!

“海の宝石”と言われるアカムツ。“ノドグロ”の別名で知られる超高級魚。千葉県・南房でそのアカムツを釣らせてくれるのが江見・吉浦港『渡辺丸』である。「顔を拝めれば御の字」との思いで24日に出掛けた。大釣りはなかったものの50cm級のビッグサイズも上がり、シーズンはこれから!を実感した。

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港

2014年7月15日

02_main.jpg

値千金!千葉県・江見沖でアカムツを狙う

赤い魚の代表はマダイ、それに負けないキンメダイ。しかし、両者に負けない、イヤ遥かに勝る味と希少価値を持っているのがアカムツだ。それをタラフク食べることが出来る“特権”を持つのは釣り人だけ。台風接近の中、七夕に江見吉浦港『渡辺丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2014年6月1日

03_main.jpg

海の“泳ぐ宝石”!アカムツ釣り・東京湾でシーズンイン

海の“泳ぐ宝石”とも言われるアカムツ、そんな超高級魚を待ち焦がれる太公望は多い。そのアカムツは初夏になると産卵場所を求めて、東京湾口に上って来る。そのアカムツを東京湾で釣らせてくれる船宿が横浜・金沢八景の『新修丸』。釣り期は初夏から秋口まで。今年もスタートとしたと聞き5月24日(土)出掛けた。当日は30cm級も交じったものの、潮が流れず船中6尾と苦戦したが、翌日は35cmを含め2~6尾の好釣果、潮さえ流れれば“海の宝石”、アカムツに出逢える。

長七丸・千葉県江見港

2013年10月15日

02_main.jpg

“超高級魚” 乗っ込みのアカムツ、千葉県・江見沖で絶好調!!

千葉県、南房総・江見港『長七丸』は、アカムツの乗っ込みシーズンに合わせ、9月から乗合船を開始した。“ノドグロ”の別名で知られ、一度食べたら忘れられないトロける様な脂の乗りが堪らない。釣り場は江見沖の水深250m前後。安定した釣果が続いており、40cmオーバーの大型も上がっている。浜値(卸値)で1kg5,000円は下らないと言う“超高級魚”。思いっ切り食べるなら自分で釣るしかないとばかりに7日(月)に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2013年5月15日

03_main.jpg

“海の宝石”アカムツを求め、東京湾・金沢八景から出船

例年、新緑の季節を迎えると、胸をワクワクさせる釣り人がいる。“海の宝石”とも幻の魚とも言われるアカムツ(ノドグロの呼び名でも知られる)釣りが始まるからだ。今年も、東京湾で手軽にアカムツを釣らせてくれる金沢八景・夕照橋脇の『新修丸』で乗合船がスタートしたと聞き、ゴールデンウィーク後半の4日に出掛けた。

仁徳丸・茨城県波崎港

2012年8月15日

02_main.jpg

茨城県・波崎沖で超高級魚の“抱卵アカムツ”を狙う!

“白身のトロ”と言われるほど濃厚で旨みのある脂、視覚的にも赤銀色に光る美しい魚体の超高級魚アカムツ。深場の根魚のため一本釣り、延縄以外の漁法では獲る事が難しく、絶対数が少ないため市場にはほとんど出回らない。“幻の高級魚”と言われる所以である。8、9月は、そのアカムツの産卵期!“抱卵アカムツ”を狙い、8日茨城県・波崎港『仁徳丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2011年8月15日

04_main.jpg

東京湾で超高級魚・アカムツ釣り!!

数ある高級魚の中でも、根魚では、キンキと並び群を抜いて市場価値が高いアカムツ(通称ノドグロ)。そんな超高級魚が、大都会の海・東京湾で釣れる事をご存知だろうか。神奈川県・金沢八景、野島の『新修丸』では、日常的に乗合船を出して釣らせてくれる。このところ好調と聞き8月6日(土)、超高級魚・アカムツを狙って出掛けた。