『五目』記事一覧

『五目』記事一覧

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2019年11月1日

04_main.jpg

神奈川県・平塚沖のLT”五目”、イナダ中心に絶好調!!

様々なターゲットが狙える相模湾のLT(ライトタックル)”五目”。今季の相模湾はイナダが絶好調!「LTイナダ船」も出船している。”五目”船はイナダ、アジ等をメインにウィリー仕掛けを使い、様々なターゲットを狙って行く。何が釣れるか楽しみにしながら平塚港『庄治郎丸』に向かった。

光海丸・新潟県間瀬漁港

2019年9月1日

05_main.jpg

新潟県・佐渡沖で幻の魚“大アラ”7.2kgが浮上!

超の字が付く高級魚として知られるアラは、その希少性もさることながら高級レストランのシェフをも納得させる食味が最大のセールスポイントだ。根魚狙いの船の“ゲスト”で“小アラ”が交じる事はあるが、1kgをこえる良型を狙っている船は全国でも非常に少ない。そんな船宿の中でも高確率で良型を仕留めている新潟県・間瀬漁港『光海丸』に乗った。

深田家・神奈川県佐島港

2019年5月15日

04_main.jpg

神奈川県・相模湾、釣れる魚の全てが“本命”!ライト五目船!

最近、“五目”釣りの人気が高い。シーズンによって様々な魚が釣れるのが最大の魅力。特に休日はファミリーやビギナー、グループで来ているファンを多く見かける様になり、多彩な魚の名前や食べ方等にも興味津々。アミコマセにウィリー仕掛けで色々な魚が釣れる可能性が有る。今回は佐島港『深田家』に出掛け“五目船”をレポート。

こなや丸・千葉県長浦

2019年2月15日

03_main.jpg

千葉県・長浦発、美味しい“ルアー五目”が激アツ!

寒ビラメ、寒サバ、寒イサキ…「寒○○」と呼ばれる魚は味に定評のあるものばかりだが、中でも「寒ブリ」、「寒サワラ」の旨さは説明不要だろう。しかもこれらの魚が、ゲーム性の高いルアーフィッシングで楽しめる乗り合い船が始まったとの情報をキャッチ。勇んで千葉県・長浦港『こなや丸』へ乗り込んだ!

博栄丸・静岡県御前崎港

2018年7月15日

04_main.jpg

“青物”の夏到来!駿河湾・金洲の“高級五目釣り”半端ない!!

駿河湾の名釣り場として知られる金洲エリア。今年も良型のマダイやカンパチ、本ガツオが釣れている中、「今期はシマアジが半端ないって!」との噂を聞き付けた。静岡県・御前崎港『博栄丸』に出掛けた。

海上釣り堀 水宝・兵庫県家島諸島・西島

2018年7月1日

05_main.jpg

兵庫県・家島諸島の海上釣り堀!ハズレ無し!

今や海上釣り堀を知らない釣り人はいないだろう。ビギナーからベテランまでマダイや青物釣りが安全に楽しめ、釣果は腕次第!!運が良ければ超高級魚のシマアジやイシダイ、ブリなどの大型魚も!!梅雨の晴れ間を狙って、兵庫県・家島諸島の西島に浮かぶ、日本最大級の海上釣り堀、『海上釣り堀 水宝』へ向かった。

博栄丸・静岡県御前崎港

2017年6月15日

04_main.jpg

駿河湾・金洲の“コマセ五目”、開幕!今年は魚影が濃い!!

太平洋において有数の好釣り場との呼び声も高い金洲エリア。様々な高級魚の着く根を廻る金洲の“コマセ五目釣り”が開始、早々ヒートアップしているとの情報。金洲を拓いた第一人者、静岡県・御前崎港『博栄丸』を訪ねた。

海楽園・神奈川県佐島

2013年9月1日

03_main.jpg

相模湾・佐島沖の“ライト五目”は旬の魚が対象!

東海岸は東京湾、西海岸は相模湾に面した三浦半島。西海岸の付け根にある葉山御用邸を右に見て半島先端方向に進むと国道134号線沿いに「佐島入口」の信号。標識にならって右折すると小和田湾、その一角、佐島『海楽園』の鶴蒔英紀店長から「先週はカマスが1束(100尾)近く上がったし、イサキやアジも釣れてるよ」と景気のいい話を聞いた。19日に出掛けてみた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2013年7月15日

03_main.jpg

チョ~豪華!駿河湾・金洲の高級魚“五目釣り”!

関東地方に続き、東海地区でも梅雨が明けた。真っ青な空に蒼い海!これで“高級魚”が釣れれば言う事なし!駿河湾有数の好釣り場として知られる金洲では、40cm級の肉厚ジャンボイサキを中心にチョ~豪華な魚達(オナガ、カンパチ、シマアジ、ウメイロ、ヒメダイ)が好調との事。梅雨明け初日の8日、御前崎港『博栄丸』の乗合船で金洲へ向かった。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2012年9月1日

03_main.jpg

神奈川県・湘南の海を満喫!“LT五目釣り”で贅沢FISHING!!

軽い道具で多彩な魚種を釣ってみたい!そんな贅沢な釣り人の願いを叶えてくれるのが、神奈川県・湘南、茅ヶ崎港『まごうの丸』の“LT(ライトタックル)五目釣り”プランだ。この時期、メインで狙うのは、脂ノリノリの“金アジ”と呼ばれるマアジとイサキ、そしてサバやカワハギなど最高に美味しい魚ばかりがターゲット。最大の特徴は、ウイリーの疑似バリと、カラバリに沖アミを付けたコンビ仕掛けで狙う事。これぞまさにお手軽フィッシング!

秀正丸・静岡県宇佐美

2012年7月15日

02_main.jpg

狙うは大物!静岡県・“新島ウラ”の遠征五目に初挑戦!

例年7、8月の“短期決戦”で静岡県・宇佐美港『秀正丸』が出している遠征五目船。狙う魚はアオダイ、シマアジ、マダイを始めとする普段口にする事が出来ない高級魚ばかり。釣り場は『御蔵島&“新島ウラ”』だが、今回は大型マダイやメダイが回遊する“新島ウラ”が舞台。3日、胸を躍らせて出掛けた。

海楽園・神奈川県佐島

2011年11月15日

02_main.jpg

秋本番“LT(ライトタックル)”で狙う贅沢五目釣り!

旬の魚を欲張りに狙える五目釣り。当然、様々な魚種が釣れればその分だけ食べる楽しみも増えると言うもの。しかも、それが手軽なLT(ライトタックル)で狙えれば申し分ない。そんなLT五目釣りの乗合船を年間通して出しているのが、神奈川県・相模湾、佐島『海楽園』だ。「最近はイサキも好調だし、そろそろアマダイも狙えますよ」と鶴蒔英紀店長に誘われて船に乗った。

弥生丸・千葉県保田港

2011年11月1日

03_main.jpg

マダイ、大アジ、カワハギetcこれは楽しい“五目釣り”!

“五目釣り”には、2つある。1つは釣れる魚を何でも狙おうというもの。そしてもう1つは、同じ船で釣り場やタナを変えて何種類もの魚を狙う釣り方である。千葉県・保田港『弥生丸』では、後者の乗合船を出している。“マダイ五目”、“アジ五目”の名称で出船しており、日によってマダイかアジのどちらかが中心になるが、イサキやカワハギ、メバル等も狙え、面白い釣りが楽しめる。

仁徳丸・茨城県波崎港

2011年8月1日

04_main.jpg

対象はマダイだけじゃない!ひとつテンヤ五目バトル!!

“ひとつテンヤ”というとマダイのイメージが先行する。しかし、実際に釣れてくる魚種は様々。マダイは勿論だが、アイナメなどの根魚からヒラマサ、ワラサなどの回遊魚まで幅広い。マダイに捉われず、ひとつテンヤで様々な魚の引きを存分に楽しんでもらいたいと7月24日茨城県・波崎港『仁徳丸』とプロショップケイズ・旭店の共催で“ひとつテンヤ五目バトル”が開催された。

池田丸・神奈川県腰越港

2011年2月15日

03_main.jpg

お手軽!誰にでも楽しめるウイリー五目釣り!

ウイリーの五目釣りをご存じだろうか。鮮やかな色の糸を綿状に解したものを巻きつけたハリをサビキ状に数本結んだものをウイリーサビキ又はウイリー仕掛けと言う。元々は漁師道具だったが、今では神奈川県・湘南地区を中心に専門の乗合船も出ている。中でも腰越『池田丸』では、冬から春に掛け、毎シーズン必ず出船している。

渚丸・神奈川県片瀬

2010年6月1日

04_main.jpg

湘南で話題騒然!?ウルトラ五目釣りに初挑戦!

湘南・片瀬江ノ島港の『渚丸』で「ウルトラ五目」という釣りが人気を集めている。あの懐かしの特撮ヒーロー世代の自分としては何やらとても気になるネーミング。ということで実際に行って体験してきた。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2010年5月1日

004_main.jpg

魅惑のライト五目釣り!!

神奈川県・湘南エリア、茅ヶ崎港『まごうの丸』から出船している「ライト五目釣り」という乗合船をご存知だろうか?ウィリー2本バリ+カラバリ1本に沖アミを付け、コマセカゴ40号を使用するとてもライトな仕掛け。この釣り方、どんな魚が釣れて来るのか分からないのも大きな魅力。釣り方の動作もとても簡単なので、家族や恋人や仲間たちと気軽にワイワイ楽しむには最高の釣りだ。

浅八丸・神奈川県平塚港

2010年4月15日

003_main.jpg

ハイブリッドジギング・ライトサビングでお気軽フィッシング!