『南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港』記事一覧

『南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港』記事一覧

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2019年7月1日

04_main.jpg

静岡県・南伊豆発の「イナンバ」遠征、激アツ大物ラッシュ!!

黒潮が育む“青物”の聖地「イナンバ」。キハダマグロ、本ガツオ、カンパチ、ヒラマサ…と“泳がせ釣り”や“オフショアルアー”の好ターゲットをストックする大物釣りのロマンが詰まった海域だ。今年も大型のキハダマグロが上がっているとの情報、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆 忠兵衛丸』へ駆けつけた。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2019年1月15日

05_main.jpg

伊豆・新島沖の“激うまキンメダイ”ディープ・ジギングに挑戦!

伊豆・新島沖と言えば、何と言ってもキンメダイ釣りだ。起伏の激しい海底地形に速い潮がぶつかり複雑な潮流が生まれる。ここで釣れるキンメダイは超美味い!この“激うまキンメダイ”をルアーで狙う予約乗合遠征船が、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』から出るという。生まれて初めての“深海ジギング”に挑戦した。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2017年9月1日

04_main.jpg

夢とロマンの大物狙い!銭洲遠征で泳がせ釣り!

大海原での“モンスター”とのファイト!そんな大物ファンの夢を叶えてくれるのが、伊豆半島先端の石廊崎から南へ約80kmの銭洲周辺の海だ。新島、式根島、神津島から南西方向へ連なる銭洲海嶺の一部が海面に突き出した岩礁で、大陸棚から急激に立ちあがる海底形状が天然漁礁となっている。8月20日(日)、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』から泳がせ釣り狙いの釣具店グループの仕立船に同乗した。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2017年1月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

目指せ80kg! 最盛期のアブラボウズ!

伊豆半島先端に位置する南伊豆手石港。そこから出船する『南伊豆忠兵衛丸』でアブラボウズ狙いが最盛期に入った。アブラボウズのベストシーズンは1~3月。スロージギングや餌釣りの両方で狙えるターゲットだが、まだまだその魅力は深海魚だけに未知数だ。今回はその魅力に迫るべく、釣り方や食味について南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』の浅沼清人船長に取材した。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2016年5月1日

05_main.jpg

南伊豆沖・銭洲近海でカンパチ・シマアジを狙う!!

関東地方のサクラもアッと言う間に散って春本番!天候もだんだん安定してきた。4月1日に解禁した南伊豆沖・銭洲近海でカンパチ、シマアジが釣れているとの情報。その昔は、“銭の洲”と言われる程“魚の宝庫”だった所。4月19日(火)、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』に出掛けた。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2015年7月15日

03_main.jpg

「泳がせ釣り」で狙う!南伊豆沖・銭洲の大型カンパチ

1度行ってみたかった“漁場”がある。その名は『銭洲』。「行けば銭になる」との名前の由来はあまりにも有名。その銭洲で、今年は74kg、55kgといった“ギネス級”のカンパチが上がっているとの情報。チャンスが巡って来て7月5日(日)、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』を訪ねた。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2013年6月1日

02_main.jpg

マグロ跳ねる絶海の弧島・イナンバでキハダを狙う!

ザワザワと蠢く海面、ただならぬ気配。そして、黄色い背ビレが見えたと思った瞬間、黒いミサイルのような魚体(推定20kg前後のキハダマグロ)が次々と飛び跳ねた。“マグロが跳ぶ”とは聞いていたが、ビックリ仰天の光景だ!場所は伊豆諸島・イナンバ沖。5月23日、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』からキハダマグロを狙うジギング船に乗った。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2013年1月1日

05_main.jpg

伊豆“新島合わせ”で超高級魚“地キンメ”&クロムツを狙う!

「“地キンメ”の値段?そりゃぁ、年末年始は一番高い時期だもんよ~。漁協直売所でも1kg5000円になる事もあるくれぇよ」。静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』浅沼幹雄船長は、正月前の“ご祝儀相場”を説明してくれた。「あんにぃ(私の事)、今日は活きの良いサバ餌が手に入ったで、明日はクロムツも狙える“新島合わせ”に行くぞ~」と威勢の良い船長の言葉に胸躍らせて船に乗った。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2012年1月1日

02_main.jpg

新年の初釣りは伊豆・下田沖で“地キンメ”を狙おう!

年末年始、ご祝儀相場も相まって魚の値段は急騰する。中でも超ド級の浜値が付くのが伊豆・下田沖の“地キンメ”だ。一年中美味いと言われる“地キンメ”だが、冬は更に脂が乗り、ますます美味しくなる。今年は海が約1カ月遅れており(地元漁師の話)、まさに今が旬。今回は南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』浅沼幹雄船長の操船で伊豆・下田沖の“地キンメ”を狙った。