『新修丸・神奈川県金沢八景』記事一覧

『新修丸・神奈川県金沢八景』記事一覧

新修丸・神奈川県金沢八景

2021年5月15日

02_main

東京湾のカサゴ、良型中心!夏本番に向け釣果上昇!!

夏に本番を迎える神奈川県金沢八景『新修丸』のカサゴ釣り。岸近くの浅場の根周りを狙うので、比較的揺れが少なく船釣り初心者や子供連れでもOK!この時期は良型が多いのも魅力。良型カサゴとの駆け引きを楽しみに出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2020年7月1日

04_main.jpg

東京湾のカサゴ、“旬”の到来!!

初夏が旬の浅場の人気ターゲット・カサゴ。東京湾奥で最盛期を迎えようとしている。沿岸の岩礁帯を主な生息域とするロックフィッシュの代表格。ビギナーにも簡単に釣る事が出来て、ブルブルッという小気味良い引き込みには、釣りの楽しみが凝縮されている。神奈川県・金沢八景『新修丸』は、湾奥カサゴに精通した船宿として知られている。

新修丸・神奈川県金沢八景

2019年8月1日

02_main.jpg

東京湾・久里浜沖で超高級魚・アカムツを狙う!

「ノドグロ」と言えば、日本海の超高級魚といったイメージが強いが、標準和名は「アカムツ」と呼ばれ、実は東京湾にも生息しているのはご存知だろうか。“白身のトロ”と称される超高級魚のアカムツを狙って神奈川県・金沢八景野島『新修丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2018年10月15日

04_main.jpg

東京湾のカサゴ、秋を迎えて絶好調!!

東京湾のカサゴが絶好調だ。20~30号のオモリを使うライトタックルで、仕掛けも胴突きなので近年はビギナーでもハマる人が多い。今や東京湾のカサゴは高級魚の仲間入り。釣りたての刺し身は絶品。煮付け、塩焼きといずれも病みつきになる美味しさだ。釣っても食べても一級品。9日、カサゴ釣りの老舗、神奈川県・金沢八景『新修丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2018年5月15日

04_main.jpg

東京湾の浅場カサゴ、今シーズンは好スタート!

東京湾のカサゴは、梅雨時から夏にかけて最盛期を迎える。ブルブルッという小気味良い引きと、数釣りが期待出来る事から手軽な癒しの釣り物として人気が高い。今シーズンは、ゴールデンウイーク前からトップ50匹超えの“爆釣”が続いていた。例年よりスタートが早く期待大!周年で乗合船を出し、カサゴに精通した金沢八景『新修丸』にGW真っ只中の子供の日に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2018年1月1日

04_main.jpg

東京湾の手軽な高級魚・カサゴが絶好調!

神奈川県・金沢八景の『新修丸』は、カサゴの乗合船を周年出しているが、新明正義店長から「今冬は、絶好調!」との情報。東京湾では手軽でポピュラーな釣り物の一つだが、スーパーや鮮魚店では中々お目にかかれない高級魚である。冬季は食味もグッとよくなる。肝和え、煮付け、塩焼き、唐揚げ等を堪能しようと出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2017年10月8日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

竹岡沖カワハギ大爆釣!今期は数もサイズもウハウハ!

一年中楽しめ、そのうえ美味しくて釣趣も満点というカワハギ。関東では最近、三浦半島剣崎沖周辺から相模湾側にかけてが注目だったが、最盛期の秋は早くから千葉県の竹岡沖が束釣りを記録するなど大ブレーク。9月20日から乗合船をスタートさせた金沢八景『新修丸』もトップが40~50匹を記録するなど絶好調。さらに“尺ハギ”も交じるなどサイズでも申し分ない。そこでカワハギ担当の新明正義船長に釣況をインタビュー。

新修丸・神奈川県金沢八景

2017年5月15日

04_main.jpg

東京湾の“夏カサゴ”、シーズン開始から絶好調!!

今年も東京湾の“夏カサゴ”釣りの季節になった。神奈川県・金沢八景『新修丸』ではゴールデンウィーク中にトップ70匹台が2日、50匹台が1日記録されている。チャンス到来!とばかりに7日に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2016年12月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

今季はデカいぞ竹岡沖カワハギ、冬は肝もパンパン!

東京湾の秋~冬の主力ターゲットであるカワハギ。今や全国大会が多数行われるなど大人気であるが、これからの厳寒期はさすがにスゴ腕トーナメンターじゃないと、なかなか数釣りが難しい。半面、魚版フォアグラと称される肝が肥大して、食べるには絶好の時期であるのだ。好ポイントのひとつ、内房竹岡沖では数こそ他エリアに譲るが、今季は30cm超の“尺もの”がもっか連発中。そこで、つい先日に船宿大型記録を更新した金沢八景『新修丸』にビギナーへのアドバイスを聞いてみた。さあメガ肝カワハギにぜひトライ!

新修丸・神奈川県金沢八景

2016年8月1日

05_main.jpg

女性や子供、初心者も大歓迎!「初めてのプルルッ」はカサゴに決定!!

プルルッ! おおーっ!! きたきた!!!……小気味よいアタリと、根魚らしい下に突き刺すような引きが気持ちよいカサゴ。通年で四季折々のカサゴ釣りを楽しませてくれる神奈川県金沢八景『新修丸』さんへ行ってまいりました。今日は刺身に塩焼、煮魚もできるかしらん♪

新修丸・神奈川県金沢八景

2016年6月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

夏の最盛期突入! 東京湾の浅場カサゴが入れ食い

東京湾のカサゴ船と言えば神奈川県横浜市金沢八景『新修丸』。同宿がいよいよ夏の絶好機に突入だ。5月14日に111匹の大釣りを達成すると、遅れていた水温もグッと上昇してきてトップは平均30~40匹。ちょっと日並みが避ければ60~80匹にも達する。高水温になり過ぎる8月まではイケイケモードだから、初チャレンジでも全く問題なし。カサゴ担当の石田和也船長にビギナー必釣術を聞いてきた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2016年2月1日

04_main.jpg

東京湾のカサゴ、厳寒期でも快調!

カサゴ釣りは真冬がベストシーズンと思っている人が多いようだが、それは誤り。確かに深みを狙うオニカサゴは冬季の定番ターゲットだが、浅場に生息する標準和名・カサゴは、夏季の方が活性が高い。ところが、東京湾ではここ数年、厳寒期でも盛期並みの釣れっぷり。1月22日、神奈川県・金沢八景『新修丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2015年10月15日

03_main.jpg

数より型狙い!竹岡沖のカワハギ

台風が通過する度に涼しくなり、いよいよ秋の船釣りシーズン到来だ。例年、この時期になると気になるのは今シーズンのカワハギ事情。今年の模様はいかがなものか?神奈川県・金沢八景『新修丸』へ出掛けてみた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2015年3月15日

04_main.jpg

東京湾の“春カサゴ”良型交じりで好調!

カサゴは、晩秋から早春に掛けて産卵をする。今は体力回復のため活発に餌を追う時期。釣り場の水深は今のところ30m前後が中心だか、これからドンドン浅場に移動してくる。カサゴは食べて美味しい魚で、根掛かりさえ恐れなければ手軽でポピュラーな釣り物。虫も這い出すと言う啓蟄を過ぎた3月8日、周年カサゴを釣らせる金沢八景・夕照橋際の『新修丸』に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2014年6月1日

03_main.jpg

海の“泳ぐ宝石”!アカムツ釣り・東京湾でシーズンイン

海の“泳ぐ宝石”とも言われるアカムツ、そんな超高級魚を待ち焦がれる太公望は多い。そのアカムツは初夏になると産卵場所を求めて、東京湾口に上って来る。そのアカムツを東京湾で釣らせてくれる船宿が横浜・金沢八景の『新修丸』。釣り期は初夏から秋口まで。今年もスタートとしたと聞き5月24日(土)出掛けた。当日は30cm級も交じったものの、潮が流れず船中6尾と苦戦したが、翌日は35cmを含め2~6尾の好釣果、潮さえ流れれば“海の宝石”、アカムツに出逢える。

新修丸・神奈川県金沢八景

2013年12月15日

04_main.jpg

東京湾口・初冬を飾るカサゴ釣り

東京湾口と言うと、アジ、マダイなどのコマセ釣りやシロギス、イシモチ(シログチ)などの釣り場として有名だが、その昔は、根魚の釣り場としても知られていた。最近でも観音崎沖や猿島周辺は、カサゴ釣りが楽しめる釣り場である。神奈川県・金沢八景『新修丸』では、周年、カサゴの乗合船を出している。

新修丸・神奈川県金沢八景

2013年5月15日

03_main.jpg

“海の宝石”アカムツを求め、東京湾・金沢八景から出船

例年、新緑の季節を迎えると、胸をワクワクさせる釣り人がいる。“海の宝石”とも幻の魚とも言われるアカムツ(ノドグロの呼び名でも知られる)釣りが始まるからだ。今年も、東京湾で手軽にアカムツを釣らせてくれる金沢八景・夕照橋脇の『新修丸』で乗合船がスタートしたと聞き、ゴールデンウィーク後半の4日に出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2012年12月1日

01_main.jpg

東京湾・竹岡沖の“肝パン”カワハギ絶好調!!

[動画]金沢八景『新修丸』竹岡沖で狙う“肝パン”カワハギその日その時々のアタリパターンを見付けてタックルや仕掛けをシステマチックにアジャストして行く-そんなゲーム性の高さと、手軽にできる間口の広さが魅力となり、今やルアーフィッシングアングラーまでをも巻き込み大人気となったカワハギ釣り。いよいよ食味が最高潮に達する“肝パン”の最盛期を迎えた。「今がまさにベストシーズンですよ!」と、神奈川県・金沢八景『新修丸』の代表、新明正義さんに誘われ船に乗った。

新修丸・神奈川県金沢八景

2012年3月15日

02_main.jpg

釣ってよし食べてよし!東京湾のカサゴ、今が“旬”!!

「カサゴは今が“旬”!是非釣ってみてよ」と、神奈川県・金沢八景、野島の老舗船宿『新修丸』代表・新明正義さんから誘いを受けた。カサゴ釣りは手軽に楽しめてゲーム性も高い奥深い釣り。そして淡白だが旨みのある白身は、どんな調理にしても美味い。基本的には1年中美味い魚だが、特に冬から春が“旬”だと言う。やっと春めいた陽気にも誘われ船に乗った。

新修丸・神奈川県金沢八景

2011年8月15日

04_main.jpg

東京湾で超高級魚・アカムツ釣り!!

[動画]『新修丸』アカムツ釣り2011・夏数ある高級魚の中でも、根魚では、キンキと並び群を抜いて市場価値が高いアカムツ(通称ノドグロ)。そんな超高級魚が、大都会の海・東京湾で釣れる事をご存知だろうか。神奈川県・金沢八景、野島の『新修丸』では、日常的に乗合船を出して釣らせてくれる。このところ好調と聞き8月6日(土)、超高級魚・アカムツを狙って出掛けた。

新修丸・神奈川県金沢八景

2011年2月1日

02_main.jpg

良型連発!東京湾で真冬のカサゴ釣りを楽しむ!!

カサゴ釣りの老舗船宿『新修丸』東京湾で30年以上カサゴ釣りに拘り続け、周年乗合船を出している老舗船宿がある。金沢八景・野島の『新修丸』だ。カサゴは1年中安定して釣れる魚で、その手軽さと奥深さで多くのファンがついている釣り物。今は大型が狙える時期とあって、真冬でも足繁く通う常連さんは多い。出掛けたのは1月22日(土)。金沢八景・野島に架かる夕照橋の袂にあり、『新修丸/カサゴ』と大きな看板が掲げっているので分かりやすい。駐車場は店から徒歩1分程の近さだが、初めて行く人には少々分かりにくいが、スタッフに聞けば案内してもらえるので安心。