『ムツ六釣船店・神奈川県久里浜』記事一覧

『ムツ六釣船店・神奈川県久里浜』記事一覧

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜港

2014年4月15日

04_main.jpg

“乗っ込み”マダイを東京湾・久里浜沖で狙う!

桜の花が散り出せばマダイの季節だ。“乗っ込み”の言葉に振り向くのは、釣り人の習性。海中から浮かんでくるあのピンクの魚体、それも腹回りが少し黒ずんでいて、釣り上げると青臭いような独特の匂い。まだ時期が早いかと思ったが、7日に神奈川県・久里浜港『ムツ六釣船店』に出掛けた。

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜港

2013年8月1日

03_main.jpg

東京湾口・剣崎沖のイサキ大爆釣!いつ行く?「今でしょう!」

神奈川県・久里浜港の老舗船宿『ムツ六釣船店』HPの釣果欄が、イサキ大爆釣の記事で賑やかだ。何が凄いかと言うと、7月15日は、18~32cmを31~222尾。16日も同型を25~260尾。17日は30~196尾と桁外れな釣果が連日続いているのだ。竿頭だけが飛び抜けている訳ではなく、全員が好釣果を上げているのだから驚きだ。味の良さで定評のある剣崎沖のイサキ。シーズン真っ盛りだ。是非自分で大爆釣を体験したいと19日(金)勇んで出掛けた。

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜

2012年8月1日

04_main.jpg

神奈川県・久里浜沖“わくわく新体験!船釣りに挑戦!”イベント

[動画]わくわく新体験!船釣りに挑戦!!神奈川県横須賀市・久里浜港の老舗船宿『ムツ六釣船店』が“船釣り体験イベント”を行なった。「船釣り未経験者に一番伝えたいことは、船釣りは最も手軽に出来る釣りと言う事」。そう話すのは、この企画を立ち上げた榎本幸司船長。貸し道具は勿論、仕掛け、餌など全て船宿に揃っており、手ぶらで出掛けても何も問題ないのは船釣りだけだ。しかも魚が確実に釣れる釣り場に連れて行ってくれるのだから、これ以上手軽な釣りはあるまい。「難しいことは抜きにして兎に角船釣りを楽しんでもらえたら嬉しい」と、榎本船長。

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜港

2011年11月1日

02_main.jpg

深場で狙う秋の“幽霊”タチウオ攻略法!

[動画]『ムツ六釣船店』タチウオ釣り2011秋移動が早く一瞬で群れが消えたり現れたりすることから“幽霊”との異名を取るタチウオ。獰猛な顔に似合わず神経質で、釣果にムラが出やすい船長泣かせの魚だ。しかし、様々な攻略法やパターンフィッシングが存在するようにゲーム性が高いのもこの釣りの魅力。また、食味のいい事でも知られ非常に人気の高い釣り物でもある。深場に落ちた秋のタチウオを狙い、神奈川県・三浦半島、久里浜港『ムツ六釣船店』に出掛けた。

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜港

2011年5月1日

01_main.jpg

只今絶好調!!久里浜沖の乗っ込みマダイ!

[動画]「ムツ六釣船店」乗っ込みマダイ2011桜色に魚体が染まることから“桜ダイ”とも呼ばれる乗っ込み期(産卵期)のマダイ。今年も乗っ込みシーズンが東京湾口のメジャースポット・久里浜沖で始まった。「只今絶好調!!来ませんか」と久里浜港『ムツ六釣船店』の榎本幸司船長からの誘いに二つ返事で船に飛び乗った。

ムツ六釣船店・東京都久里浜港

2010年8月15日

01_main.jpg

東京湾口・久里浜沖でワラサフィーバー!!

秋の東京湾口の風物詩、“ワラサフィーバー”が始まった。今のところイナダ級も交じり、サイズは一息だが、連日のように20尾を超える大釣りが記録され、魚影の濃さには太鼓判が押せる。「今なら確実!取材に来るなら早い方がいいよ!」と言う久里浜港『ムツ六釣船店』の榎本幸司船長の誘いに乗った。

ムツ六釣船店・神奈川県久里浜

2010年5月15日

04_main.jpg

一発大物勝負!久里浜の「マダイバトル」に挑戦!

東京湾のマダイのノッコミシーズンも終盤に差し掛かっているが、まだまだ一発大物の期待は出来る。神奈川県・三浦半島東部の久里浜沖は、そんな大物が狙える超メジャースポットのひとつ。今回は、久里浜港を代表する船宿『ムツ六釣船店』から夢の大物を狙って出掛けてみた。