『坂口丸・神奈川県小田原早川港』記事一覧

『坂口丸・神奈川県小田原早川港』記事一覧

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2020年12月15日

02_main.jpg

相模湾・小田原沖のアマダイ絶好調!“ゲスト”も多彩!

相模湾・小田原沖のアマダイが好調だ。トップが10匹を超える事も珍しくなく、キダイやオニカサゴ等の“ゲスト”も高級魚のオンパレード。小田原早川港『坂口丸』に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2019年6月1日

04_main.jpg

相模湾・小田原沖、初夏の風物詩“ムギイカ”をつかまえて!

関東周辺では、初夏に釣れ出す体長20cm以下のスルメイカの幼体は、麦の穂が出る時期と重なることから“ムギイカ”と呼ばれる。身が柔らかく美味しいムギイカを食べられるのは釣り人の特権。今シーズンも釣れ出したと聞き、小田原早川港『坂口丸』へ出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2017年12月1日

04_main.jpg

連日爆釣!相模湾・小田原沖のアマダイ釣り!

神奈川県・小田原早川港『坂口丸』のアマダイ船が絶好調だ!11月21日にはトップ31匹という驚異的な大釣りもあり、その後もトップ20匹前後を持続中!早速24日に駆け付けた。冬に旬を迎える高級魚アマダイを狙って、平日にも関わらず12人もの釣り人が集まった。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2017年1月15日

05_main.jpg

厳寒期の超高級魚オニカサゴが小田原沖で熱い!

毎年正月を過ぎると、行きたくて居ても立っても居られない釣り物がある。1月から3月までの季節限定で楽しめる、超が付く高級魚“オニカサゴ”である。スーパーや鮮魚店でもめったに出ないこの魚を食せるのは、釣り人ならではの特権。そんな希少な魚が今、神奈川県小田原沖で釣れ盛っているとの情報。行かない手はないと1月8日に、小田原早川港『坂口丸』にお邪魔した。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2016年7月1日

04_main.jpg

相模湾・小田原南沖の夏イカ(スルメイカ)を狙って!

関東地方も梅雨空とのにらめっこの釣行、そんな折り、小田原早川港『坂口丸』から小田原南沖でスルメイカが乗り出したとの情報。今シーズンはマルイカやムギイカ(スルメイカの幼体)がやや不振でイカ釣りファンはガッカリしていただけに久々の朗報だ。梅雨の合間を縫って27日に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2015年10月15日

04_main.jpg

神奈川県・小田原沖のヤリイカ好スタート!

ヤリイカは冬に盛期を迎える人気ターゲット!関東各地の沿岸部で釣れるが、数あるヤリイカ釣り場の中でも、卓越した安定度を誇るのが相模湾の西端に位置する初島沖。10月6日、ここをメインフィールドにする小田原早川港の老舗船宿『坂口丸』に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2014年12月15日

03_main.jpg

2桁釣果も狙える。“冬の女王”相模湾のアマダイ!

12月に入り、一段と風が冷たくなって来た。しかし、これからがシーズンの釣り物がある。高級魚・アマダイだ。12月4日の竿頭は17匹と2桁釣果が報告されたので、翌5日、北風に強いと評判の小田原早川港『坂口丸』の乗合船に乗った。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2014年5月15日

03_main.jpg

神奈川県・小田原沖でムギイカ釣れ出す!

風薫る5月。そよ風が肌に心地良く感じる季節になった。例年、麦の穂が出る時期(関東圏)に釣れ出す事からついた呼び名がムギイカ(スルメイカの幼名)。昨年はアッと言う間に終わってしまったので心配していたが、今年は好調に幕開けした。神奈川県・小田原早川港『坂口丸』では、4月29日に5~73杯、5月1日には10~92杯と爆釣モードに突入した。走りのムギイカは “柔らかくて甘い”が定評。3日(土)食い気に誘われ出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2013年8月1日

04_main.jpg

神奈川県・小田原南沖でスルメイカ爆釣!大フィーバー!

神奈川県・小田原南沖(初島周辺)でスルメイカが絶好調だ。ここ数年、“夏スルメ”はパッとしない状況が続いていた同海域だったが、今年は違う!スルメイカの大群が続々と押し寄せている。小田原早川港『坂口丸』では7月20~24日までの5日間、竿頭は“規定数”の99尾!25日の定休日を挟んだ26日に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2012年12月15日

04_main.jpg

今シーズンは“当たり年”、相模湾のアマダイ!

[動画]小田原早川港『坂口丸』絶好調!相模湾のアマダイ今シーズン、相模湾のアマダイが好調だ。元々数が釣れる魚ではないが、2ケタ釣果も珍しくはなく“高位安定”。西日本方面では“グジ”と呼ばれ、日本料理の食材としても知られる上品な魚体の高級魚である。そんな高級魚は「自分で釣って美味しく食べる」。それも釣り師の特権。12月3日、「爆釣アマダイ、トップ20尾!」と釣果欄の見出しになった小田原早川港『坂口丸』に電話すると「明日は風雨で出られない」との事。満を持して5日(水)に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2012年6月15日

04_main.jpg

神奈川県・小田原南沖のスルメイカ、直結仕掛けで狙い撃つ!

神奈川県・真鶴沖で5月半ばから釣れ出したスルメイカが6月に入り南へ移動、小田原南沖(初島方面)で本格化。本来なら“ムギイカ”の季節なのだが…。タナは60~100mと比較的浅い。釣果に若干のムラはあるものの条件さえ良ければ、束釣り(100尾以上)も夢ではない。5日、小田原早川港『坂口丸』で直結仕掛けを使ったスルメイカ釣りに挑戦した。