『釣楽園 征海丸・茨城県波崎港』記事一覧

『釣楽園 征海丸・茨城県波崎港』記事一覧

釣楽園 征海丸・茨城県波崎港

2019年4月15日

02_main.jpg

茨城県・波崎沖でこの春、ホウボウのジギングがグーッ!

ホウボウは、真っ赤な魚体に緑色の大きな胸ビレには、鮮やかな瑠璃色の斑点があるカラフルで美しい魚だ。胸ビレの一部は脚のようになっており、海底を歩くという。なんとも不思議な魚だ。愛嬌のある顔とは裏腹にルアーに果敢にアタックしてくるフィッシュイーターでもある。そんなホウボウがスロージギングで釣れていると聞き、茨城県・波崎港『征海丸』に出掛けた

釣楽園 征海丸・茨城県波崎港

2018年3月15日

01_main.jpg

茨城・波崎沖、スロージギングでホウボウ絶好調!

あまり一般的ではないが、実はとても美味い魚がいる。ホウボウもそんな魚の一つだろう。胸ビレが大きく綺麗な緑色、3本脚のような腹ビレとユニークな容姿だが、その食味は旨味が強く抜群だ。そのホウボウをスロージギングで狙っている茨城県・波崎港『釣楽園 征海丸』に出掛けた。

釣楽園 征海丸・茨城県波崎港

2017年2月1日

01_main.jpg

寒さ忘れるファイト!茨城・波崎沖、“青物”ジギング!

寒さ厳しく釣り物が少ない季節の真っ只中だが、茨城県・波崎沖が熱くなっている。ブリ・ワラサ、ヒラマサなどの“青物”がジギングで釣れており、1月25日には9kgのヒラマサも釣れ上がったとの情報。27日、波崎港『釣楽園 征海丸』に緊急取材に出掛けた。

釣楽園征海丸・茨城県波崎港

2016年8月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

犬吠埼沖で20~30kg級キハダマグロが大フィーバー!

茨城&千葉県境の銚子~犬吠埼沖で20~30kg級のキハダマグロが大フィーバー! 7月半ばまでは20kg級が主体だった群れが、7月末から30kg台が中心となり、さらに大型化したのだ。今シーズン32kgのキハダマグロをキャッチしている茨城県波崎港『釣楽園征海丸』の須之内哲也船長に、キハダマグロフィーバーに沸く銚子~犬吠埼沖の状況を聞いた。

釣楽園 征海丸・茨城県波崎港

2015年11月15日

01_main.jpg

茨城県・波崎発!“スロジギ”で狙うヒラメ!

スローピッチジャークジギング(“スロジギ”)をご存知だろうか。ここ数年、関東のオフショアルアーで脚光を浴びている注目の新釣法である。この釣りの魅力を探ろうと2日と6日、2度に渡って茨城県・波崎港『征海丸』に出掛けた。