『二三丸・千葉県片貝港』記事一覧

『二三丸・千葉県片貝港』記事一覧

二三丸・千葉県片貝港

2020年8月15日

01_main.jpg

千葉県・片貝沖のLTヒラメ、数型とも好調!!

7月1日、例年より1カ月早く部分解禁され順調な滑り出しを見せた今シーズンの千葉県・九十九里町、片貝沖のヒラメ釣り。8月からは解禁エリアが広がって数・型とも更に好調と聞き、LT(ライトタックル)専門の片貝港『二三丸』に出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2019年9月15日

02_main.jpg

千葉県・片貝沖のLTヒラメ、絶好調!更にエリア拡大!!

秋の沖釣りシーズン開幕!これから冬にかけて盛期を迎える釣り物がヒラメ。千葉県・片貝沖では、9月1日から“解禁エリア”が拡大、釣果も上向いて来た。片貝港『二三丸』では、「LT(ライトタックル)で狙うヒラメ」を看板にしており、いよいよ“本番”突入である。

二三丸・千葉県片貝港

2018年9月1日

01_main.jpg

千葉県・片貝沖の“夏ビラメ”、船中95匹大爆釣!!!

8月1日の“部分解禁”で千葉県・片貝沖の“夏ビラメ”が開幕した。フィッシュイーター(魚を餌にする魚)の代表格として人気が高いヒラメ。これから外房各地で“解禁”を迎え、ヒラメフリークを虜にする。海水温が高い夏は、ヒラメの活性も高く、数が期待出来るだけに特に人気が高い。開幕後2週間目に出掛けた片貝港『二三丸』の釣果は、今シーズン最高の船中95匹の大爆釣!だった。

二三丸・千葉県片貝港

2018年2月15日

02_main.jpg

千葉県・片貝発、ヤリイカ&キンメダイ、冬の味覚満載!

ちょっと敷居の高い印象のあるキンメダイ釣り。それがいつものイカのタックルで出来るとしたら?更に“ゲストフィッシュ”も冬に美味しい魚ばかりだとしたら…!?千葉県・片貝港『二三丸』で面白いリレー船が開幕したと聞き付け、千葉県・九十九里浜のド真ん中、片貝港へ出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2017年8月15日

01_main.jpg

千葉県・片貝沖“夏ビラメ”開幕!LT(ライトタックル)専門船で攻略!

8月1日、今年も片貝沖のヒラメ釣りが解禁になった。「釣れない人を無くすように!」がモットーの船長が居て、シーズン開幕早々に良型を上げているとの情報を聞き付け、千葉県・外房は片貝港の老舗船宿『二三丸』を訪ねた。

二三丸・千葉県片貝港

2017年5月1日

03_main.jpg

千葉・片貝港から出船、太東沖の“北限イサキ”視界良好!

関東以南でこれから夏にかけて人気が高まるイサキ釣り。春先に南から釣果情報が届くようになり、海水温の上昇と共に北上する。では、どこまで北上するのか?釣り船から釣れるイサキの“北限”は千葉県・太東沖と言われている。この“北限イサキ”を得意とする片貝港『二三丸』に出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2016年8月15日

01_main.jpg

魅力満載のLTで狙う! 解禁直後の片貝沖・夏ビラメ

エリアを分け、毎年8月から3回の解禁が楽しめる片貝沖のヒラメ釣り。細いライン、華奢な竿でのLT(ライトタックル)で狙うヒラメ釣りは、餌の動き、底の状態など水中の情報が手に取るように分かり、初動から大きく竿を叩くアタリの直後、竿先が海面に突き刺さる。そんな魅力満載のLTを携え、解禁3日目に片貝港の『二三丸』を訪れた。

二三丸・千葉県片貝港

2016年4月15日

01_main.jpg

千葉県・太東沖、“北限イサキ“がワイルドな開幕!

千葉県・房総半島の春の人気ターゲット・イサキ。その中で北限と言われる太東沖のイサキが4月1日“解禁”になった。このイサキを狙う片貝港『二三丸』では、リレー船で後半は片貝名物・良型ハナダイも狙うことが出来るのだ。なんとも贅沢な釣り、満開のサクラへの思いを断ち切り、3日(日)、九十九里浜へと車を走らせた。

二三丸・千葉県片貝港

2015年9月15日

01_main.jpg

千葉県・片貝沖・LTヒラメ、3度の解禁が楽しめる!

8月から毎月1日に、エリアを変えながら3度の解禁が楽しめる千葉県・片貝沖のヒラメ釣り。1度目に行きそびれてしまったこともあり、満を持して2度目の解禁直後に標準を合わせ、LT(ライトタックル)で楽しめる片貝漁港『二三丸』に出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2015年3月15日

01_main.jpg

千葉県・片貝沖のキンメ&ヤリイカのリレー船、好調!

千葉県・外房、片貝港『二三丸』で2月後半からキンメ→ヤリイカのリレー船を出しているとの情報。それもキンメもヤリイカと同じタックルで釣ると言うのだから驚きだ。上品な甘さのキンメ、シコシコした甘味が味わえるヤリイカ。一日で豪華2魚種の釣りが楽しめるのは嬉しい。天気予報のシケの合間を縫って3日(火)に出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2014年8月15日

01_main.jpg

千葉県・外房、片貝沖の明快なアタリの“夏ビラメ”

暦の上では“立秋”だが、まだまだ猛暑は続く感じだ。台風も連続して発生し、釣行前日の天気予報が気になるなか、千葉県・片貝の“夏ビラメ”が8月1日解禁になり好釣果が続いてる。片貝港『二三丸』(ふみまる)では期間を限定しLT(ライトタックル)で狙えるとの事、出遅れる訳にはいかない。台風の合間を狙い6日に出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2014年2月15日

04_main2.jpg

新春の海に“良型ハナダイが乱舞”一時は入れ食い!

“立春”の前後は一番寒い時期だが、釣り人は寒さを厭わない。周囲から「わざわざ」とか、「この寒いのに」とか言われても竿を担いで出掛けて行く。ターゲットは「コマセシャクリのライトハナダイ」。千葉県・片貝港の『二三丸』で、日並さえよければ型揃いで釣れている―との情報に6日、出掛けた。

二三丸・千葉県片貝

2013年9月15日

03_main.jpg

ダイレクトに伝わる引き!千葉県・片貝沖のLT“ハナダイ五目”

「LT(ライトタックル)の“ハナダイ五目”が面白いですよ」。千葉県・片貝港の『二三丸』の小倉忠船長から誘いがあったのは8月下旬。土・日・祝日の午後限定出船との事。その後、台風やら熱帯低気圧崩れの雷雨やらで延び延びになったが、9月7日(土)に満を持して出掛けた。

二三丸・千葉県片貝港

2012年8月15日

03_main.jpg

千葉県・外房、片貝沖のヒラメ解禁。絶好のスタート!

8月1日、千葉県・外房、片貝沖のヒラメ釣りが“部分解禁”になった。例年、解禁当初は好釣果が上がり、解禁初日を“祭り”と称する釣り人がいる程である。片貝港『二三丸』(フミマル)では1日こそシケで出船出来なかったのだが、初出船となった2日に乗船するとトップ8枚、82cm、4.9kgの大ビラメも上がり、大いに盛り上がった。