オフショアマガジン
2016.5.15号

渡辺丸・千葉県江見太夫崎港
千葉県・南房の赤いダイヤ『アカムツ』が連日好釣果!

02_main.jpg
「アカムツ」。ノドグロと言う呼び名の方が馴染みがあるかもしれないが、その希少さと市場での流通価格の高値ぶりが相まって「赤いダイヤ」とも言われている。そんな超高級魚が連日高い確率で釣れているという情報を入手した。“情報源”は、千葉県・南房、鴨川江見太夫崎港『渡辺丸』だ。

大型船なのに8人限定!

薄暗い中でも準備に余念がない
今回の取材を予約した時、『渡辺丸』の渡辺英雄船長から電話で聞いた話では、「8人限定になります。港に直接お越し下さい」との事だった。集合時間に港に行くとまだ船はなかった。どうやら別の場所から朝に船を移動してくるようだ。「小さめの船なのかな?」という思いが頭を過ったが、入船してびっくり。15級の大型船で、浅場の釣りなら20人位乗っても問題のない大きさだ。船長の話では、深場の釣りなのでオマツリなども考慮し8人限定としているとの事。

8人限定で出船の「第十渡辺丸」
丁寧な説明が印象の渡辺英雄船長
ポイントから陸がよく見えます

ポイントまでは思いのほか近い

“精鋭”8人を乗せた「第十渡辺丸」は、定刻の5時ちょうどに最初のポイントの江見沖を目指して出船した。アカムツ=深場という印象から、特に遠浅の外房などはかなり沖へ移動を想像するが、江見沖では沖に出ると直ぐに水深が深くなる。この日も最初のポイントからは陸が思いのほか近くに見えた。

中オモリと夜光タコベイトが重要アイテム

最初のポイントまでの移動時間に、船長が色々とアドバイスをくれる。オモリは200号だが、仕掛けの上部に中オモリを付けると効果があるとの事。状況によっては夜光タコベイトも集魚効果があり、釣果につながるそうだ。周りを見渡すと皆、中オモリやタコベイトなど思い思いの策を講じている。餌は船長からホタルイカと“特餌”でサケ皮が配られたが、人によってはサバの短冊などを持参していた。

『渡辺丸』特製仕掛けと支給されるホタルイカとサケ皮
中オモリとタコベイトを装着
2本バリの上にサケ皮、下にホタルイカ

オモリは200号が基本。潮の流れ次第では250号を使う
仕掛け図
[動画]連日好釣果!アカムツ釣り

開始早々から何やらアタリが

この日の第1投は午前5時30分ちょうど。水深は260m。オモリが200号とはいえ、水深260mは着底までに時間がかかる。しかし、この時間がまだ見ぬ獲物への期待を膨らませるによい時間となる。着底後、ゆっくりと誘いをかけていると早速左舷ミヨシ(船首)の佐久間義政さんの竿にアタリが。ゆっくりと巻き上げ開始。先ほど落とした時よりも、さらに長い時間が高揚感をあおる。「最初の獲物は何だ?」。アカムツ釣り定番のサバのせわしない引きとは少し違う事から、否が応にも期待が高まる。上がって来たのはメダイ。残念ながら“本命”ではなかったが、“いい魚”である。
続いて釣れて来たのはサバ。多くの場合、嫌がられる“外道”として扱われるが、ここのサバはサイズが大きい。優に40cmを超えるものまでいて、“本命”にしてもいいのではないかという感じ。船中色々な所でサバと格闘をしている。しかし、ここで問題発生。実はこの日は潮の流れが表層は非常に速く流れるのに対して、深場では潮が全く動かない状態。いわゆる“二枚潮”で底が取りにくく、ただでさえ釣りにくい状態の上にサバの猛攻。たちまち船中で“お祭り騒ぎ”になった。これでは中々釣りにならない。しかし、アカムツを釣るには、いかにこのサバの群れをかわすかが肝でもある。
ここでサバの群れの中から違う魚が右舷で掛かった。惜しくも“本命”ではないもののクロムツ。赤ではないが「黒いダイヤ」だ。確実に“本命”に近づいている。期待は膨らんだ。

最初は佐久間さんにメダイ
続いて左舷トモでもメダイ
「黒いダイヤ」クロムツも登場

待望の“本命”が連発!!

1時間が過ぎた。ここで今までとは違う引きが大ドモ(船尾)の江殿剛人さんに訪れた。江殿さんは『渡辺丸』に足しげく通う常連さんで、この引きが“本命”っぽいことはすぐに認識していた。十分すぎるほど丁寧にやり取りをして、海面に上がって来たのは今までとは明らかに色が違う。アカムツだ! しかもデカイ。船中が興奮に包まれる。サイズを測ると40cmちょうどの大型。いよいよ流れが来た! 依然、大半がサバとの格闘ではあるものの、船中は誘いに熱が帯びる。ここでまたそれらしきアタリが訪れたのは同じく江殿さん。今度は先ほどより僅かに小さいものの40cm近い大型。まさにこれが時合というものなのだろう。

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣り船
千葉県江見太夫崎港『渡辺丸』
〒299-2866
千葉県鴨川市江見吉浦128
TEL:04-7096-0390
詳細情報(釣りビジョン)
渡辺丸ホームページ
出船データ
アカムツ乗合
料金:午前船1万円/午後船 9,000円(税込)(餌・氷付き)
出船:午前船:4時00分集合、4時30分出船、11時00分沖上がり
   午後船 (6月以降開始):12時00分集合、12時30分出船
定休日:第3土曜日
その他:貸し竿・リール(手巻き・電動・アコウ用電動)無料。仕掛け常備(有料)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー